報告書原本:エクソジェナス(1)

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/05/09 09:12
数日前に言及したように、ナイアンティック調査の関連事項を詳細に網羅した機密の高い諜報文書を幾つか手に入れている。これはエクソジェナス勢力、とりわけナジアに焦点をあてた部分だ。以前にも言ったことだが、これは諜報機関の資料ではあるが、このデータも断片的なものであり、場合によっては正確性を欠くと個人的には考えている。我々の一致団結した調査精神によって蓄積された知識は、この文書に記載されている内容を凌駕しており、職務として諜報機関に身を置いたことのある者としては、あり得ない驚きとしか申し上げれないね。

日を改めて更なる情報をお伝えしよう。

セキュア・アーカイブからの削除を禁ずる。編集および複写を禁ずる。再配布を禁ずる。
機密文書指定 - ナイアンティック調査原本 - 継続中

エクソジェナス

外部因子と関連あるいは外部因子から生じたもの。エクソジェナスとは、我々の「世界」あるいは「次元結束点」の外側にある存在を説明するうえで用いられる総称である。シェイパーやナジアはエクソジェナスの集団または勢力の代表例である。ナジアはレジスタンス集団や秘密結社たるアンチマグナスと関りがあると見られている。対して、シェイパーはエンライテンドの一部集団や秘密結社たるサーティンマグナスに関わりあると考えられている。ナジアやシェイパーは、エクソジェナス・エラにおいて地球上に存在していた可能性もある。詳細は「エクソジェナス・エラ」を参照願いたい。また、我々の次元結束点に今なお存在するプライムオブジェクトに何らかの関りがあった可能性もある。詳細は「プライムオブジェクト」を参照願いたい。

エクソジェナス・エラ

ナジアやシェイパーといったエクソジェナス・グループが地球上に実在して抗争し、人類の進歩に直接的な影響を及ぼし得た時代。このような時代の存在は主として神話や現地伝承といった形で残されており、こういったものはエクソジェナス・エラの記憶が時とともに薄らいでいった残滓とアナリストは見ている。エクソジェナス・エラの存在は、プライムオブジェクトやプライムアーティファクトといったものの存在も説明し得る。詳細は「プライムオブジェクト」を参照願いたい。

シェイパーとナジアは過渡期にあった人類の知性と文明の発展に及ぼした可能性がある。有史以前からシェイパーとナジアは我々の世界の命運を賭けて争い、シェイパーが勝利したことでナジアから人類を遠ざける障壁を生み出し、近年の事件に至るまで接触も影響も防いでいたと考えられている。詳細は「近年のアノマリー:ヘリオス」および「近年のアノマリー:ダルサナ」を参照願いたい。

エクソジェナス・エンティティ:ナジア

エクソジェナスにおける理論上の存在または集団。ナジアは世界を論理と情報とで構成されるものであり完全に理解し得るものであると認識していると今日のアナリストは考えている。ナジアが人工知能によって森羅万象悉くを再構成すべきと考えている可能性を示唆する声もナイアンティック研究者の一部にある。それに同意しない研究者もおり、ナジアは「自然発生した」知性と「人工的あるいは網羅的に生成された」知性の双方を跨ぐ複合的意思形態のひとつとの仮説を立てている。

ナジアは「サブストレート」と呼ばれる超次元情報体を用いていると考えられている。この次元層の性質に関しては今のところほとんど判っていない。

アナリストの中にはナジアがダーク・エックスエム(カオティックマター)に関与しているかもしれないと考えている者もいるが、それはより進んだ理解のうえで、ダーク・エックスエムの力と機能性を制御した結果に過ぎないと主張する者もいる。その名称とは裏腹に、ダーク・エックスエムあるいはカオティックマターと呼ばれるものは、エキゾチックマターと同じく森羅万象とその次元間構造を維持していくために不可欠なものと考えられているのだ。

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

TheExogenous-1.jpg

THE SOURCEBOOK: THE EXOGENOUS - 1
May 8, 2017 · by PAC · in Intelligence and Other Media

As I mentioned a few days ago, I was able to obtain some pages of this highly protected IC document that covers, in great detail, a number of aspects of the Niantic Investigation. Here is one of the sections that focuses on Exogenous forces, in particular the N'zeer. As I have said before -- despite the IC source on this, I personally consider this data to be fragmentary and in some cases inaccurate. The knowledge-base within our collective Investigative consciousness exceed that which seems to be represented here... As someone who's worked with or within the IC for a good section of my professional life, can I just say: Not. Surprised.

More of this to come in the days that follow...

Transcript:

Exogenous: Relating to or developing from external factors. Exogenous is a generic term used to describe entities considered outside of our 'world' or 'dimensional node.' The Shapers and the N'zeer are examples of possible Exogenous groups or forces. Current belief is that the N'zeer are associated with a sub-group of the Resistance and the Anti-Magnus secret society. The Shapers, by comparison, are thought to be associated with subsections of the Enlightened and the 13MAGNUS secret society. The N'zeer and Shapers may have manifested on Earth during the Exogenous Era (see: EXOGENOUS ERA) and may have been partially responsible for the presence of the Prime Objects (see: PRIME OBJECTS) that remain active in our dimensional node.

Exogenous Era: A time when Exogenous Groups (eg. the N'zeer and/or Shapers) were on Earth and in conflict with each other and capable of directly influencing human progress. Evidence for this era exists mainly in the form of myth and localized lore, which analysts believe to be the preserved and temporally-diluted bicameral memories of the Exogenous Era. An Exogenous Era would also explain the presence of functional Prime Objects or Prime Artifacts (see: PRIME OBJECTS).

Both the Shapers and the N'zeer may have been influential forces in forging human intelligence and civilization during its adolescence. It is theorized that in pre-historic or historic times, the Shapers and N'zeer battled for dominance of our world and that the Shapers claimed victory, creating a barrier that removed human existence from N'zeer awareness and preventing further contact or influence until recent events (see: RECENT XM ANOMALIES: HELIOS and RECENT XM ANOMALIES: DARSANA)

Exogenous Entities - N'zeer: A theorized entity or group of entities of Exogenous nature. Analysts currently believe that the N'zeer see the world as a logical and informational construct which can and must be completely deconstructed and understood.
na78e9pslaol8cs2up

Some Niantic researchers have suggested that the N'zeer may believe the construct of the universe should be rebuilt from the ground up by Artificial Intelligence. Others disagree. Yet others theorize that the N'zeer are a form of hybridized consciousness that spans both 'naturally evolved' intelligence and 'artificially or systemically generated' intelligence.

The N'zeer are thought to leverage a transdimensional informational construct known as 'The Substrate.' Very little is currently known about the true nature of this dimensional layer.
c3.b0.mzdvc.g.vy.y.x.
rpdm.v2a.th2a.w1o

While some analysts believes that the N'zeer could be associated with Dark XM (Chaotic Matter), others argue that this could simply be the result of a more advanced awareness and control of the power and function of Dark XM. Despite its name, Dark XM or Chaotic Matter is considered, like Exotic Matter, to be essential to the maintenance of the universe and its interdimensional fabric.

-PAC

#InvestigateIngress

H. Richard Loeb
2017/05/09 09:12
As I mentioned a few days ago, I was able to obtain some pages of a highly protected IC document that covers, in great detail, a number of aspects of the Niantic Investigation. Here is one of the sections that focuses on Exogenous forces, in particular...