報告書原本:アノマラスゾーン

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/05/04 08:09:04
継続的に進められているエックスエムやナイアンティック、イングレスといったものの調査に関する機密度の高い諜報文書を何枚か閲覧することができた。安全に配慮しつつ文書を公開していきたい。今回の文書は手に入れるに難儀した代物だったからね、協力者の安全は確実なものとせねばならないわけだ。

今の段階では名は伏せておくが、ナイアンティック調査コミュニティの信頼篤いあるメンバーと昨日やりとりがあったことにも触れておこう。彼は極めて似た性質の文書を作成しているのだ。その努力が実を結ぼうとしているのは良いことだね。

結局のところ、このコミュニティに端を発する共同作業は、率直に言って前時代的な手段を用いている諜報機関で成し得ることを多くの点で上回るのかもしれないね。

セキュア・アーカイブからの削除を禁ずる。編集および複写を禁ずる。再配布を禁ずる。
機密文書指定 - ナイアンティック調査原本 - 継続中

アノマラスゾーン

アノマラスゾーンとは、現実世界において様々な結果の引き金となる「爆発」を起こし得るポータルネットワーク上の極めて強力な相反である。予測可能性のあるアノマラスゾーンも存在しており、エックスエムをもとにした時間的な観点で引き起こされている。詳細は「エックスエム・アノマリー事象」を参照願いたい。アノマラスゾーンは様々な形で周辺ポータルネットワークへ影響を及ぼし得るものであり、「揮発性ポータル」と呼ばれるポータル群が出現することもある。従前に得られた情報では、アノマラスゾーンには活性時間と不活性時間の周期があることがわかっているものの、その原因は明らかとなっていない。アノマラスゾーンはマグナスネストを内包することもある。詳細は「マグナス・ネスト」を参照願いたい。この件と関連事項は調査中である。アノマラスゾーンの特性および能力に関する我々の知識は、現状で「非常に悪い」とアナリストは評価している。

既知または可能性の極めて高いアノマラスゾーンは下記に列挙しているが、多くは逸話をもとにしたものである。その多くはセンシティブによって地球上の「パワースポット」として識別されている。

  • アフガニスタン・アノマラスゾーンはハンク・ジョンソンが死に、シミュラクラとなった地である。詳細は「シミュラクラ」を参照願いたい。
  • ヤーハンの屋敷は、ハンクがこの地に身を潜めることができたことも今は存在せぬ(あるいは少なくとも現時点では到達することのできない)図書室へ至ることができたこともわかっている。
  • アバドン(高等生物学的次元増加結節点)はCERNのナイアンティック計画施設地下に建造されたマグナス・ネストであり、唯一確認のとれている「人工」アノマラスゾーンである。
  • カリフォルニア州ビッグ・サー近郊のエンライテンド集落は、その実在する場所の特定はことごとく失敗しており、時間軸の異なるアノマラスゾーンに存在する可能性が示唆されている。
  • ベスビオは、その内部にある一室をベスビアン・マグナスが管理していたと思しき痕跡が残されている。
  • ディオダディ荘は、ディオダディ・エピファニーで開放されたと考られており、メアリー・シェリーはディオダディ荘内でアルケミストあるいはプロト・スピリチュアリストによって行われた「ヒューマン・テクトゥルフ」実験を描いたのではないかと睨んでいる。
  • ペルセポリスは古代イラン都市の地下にあり、かのアレクサンダーが街を焼き払った折に捜索していたアンチマグナスのアノマラスゾーンである。そこにはヤーハンが起動を目論んだ大規模なスーパーコンピュータが存在するが、その力を継承したのはエイダであった。エイダはこのネストを用いてナジア・サブストレートと一時的にせよ同化し、膨大な演算能力を獲得した。
AnomalousZones.jpg

THE SOURCEBOOK: ANOMALOUS ZONES
May 3, 2017 · by PAC · in Intelligence and Other Media
2017/05/04 08:09:04

I've been able to gain access to a few pages of a highly protected IC (Intel Community) document about the ongoing investigation into XM, Niantic and Ingress. I will share these pages as and when it's safe to do so. This document was a real hot-potato to get a hold of, so I need to make sure my source can stay protected.

I should mention that I had a brief conversation with a highly respected member of the Niantic Investigation community yesterday (I will protect their anonymity at this stage) who is working on their own document of a very similar nature. It will be good to see that effort come to fruition.

Ultimately, the collaborative work emerging from this community is likely to exceed much of what the IC can accomplish using their old-world (and frankly, outdated) methods.

DO NOT REMOVE FROM SECURE ARCHIVES - DO NOT DIGITIZE OR COPY - DO NOT REDISTRIBUTE
RESTRICTED DOCUMENT - NIANTIC INVESTIGATION SOURCEBOOK - CONTINUED

ANOMALOUS ZONES

Anomalous Zones are believed to be extremely powerful variances within the Portal Network that can occasionally 'erupt' with a number of real world consequences. Some Anomalous Zones are semi-predictable and can trigger XM-based temporal decision points (See: 'XM Anomaly Events'). Anomalous Zones can also impact the surrounding Portal Network in a number of ways, including the appearance of what are known as 'Volatile Portals.' The evidence thus far indicates that Anomalous Zones cycle through periods of activity and inactivity. The cause remains unknown. Some Anomalous Zones are known to house MAGNUS Nests (See: MAGNUS Nests). This and associated topics are under active research. Analysts currently rate our understanding of the properties and capabilities of Anomalous Zones as 'Very Poor.'

A number of known or strongly suspected Anomalous Zones are listed below, however, nearly all of this data is anecdotal in origin. Many of these places have been identified by Sensitives as 'Power Spots' on the Earth.

The Afghan Anomaly. A known MAGNUS Nest where Hank Johnson died, was enshrined by a member of the Azmati family and returned as an XM Simulacrum (See: Simulacra).

The Jahanite Palace. Evidence indicates that Hank Johnson was able to hide in time in this place and was also able to access a library that no longer exists in the present (or is at the very least physically unreachable in the present.)

ABADN (also known as 'Abaddon', acronym for Advanced Biological Augmented Dimensional Node). A known MAGNUS Nest located beneath Niantic Project Facility, CERN. The only known 'man-made' Anomalous Zone.

Enlightened Compound (near Big Sur, CA). Attempts to identify the actual physical location of this Compound have failed, suggesting that the entire Compound may exist within a temporally variant Anomalous Zone.
Mount Vesuvius. Evidence suggests that the Vesuvian MAGNUS operated from a chamber within Vesuvius. Legends suggest that Exogenous interference by either the Shapers or the N'zeer may have led to the destruction of this MAGNUS, but this could be pareidolia and/or historical mythologization.
5r5epamrodx9r8k5

The Diodati Villa. Current evidence supports the theory that this Anomalous Zone opened at the time of the Diodati Epiphany. It is possible that 'Frankenstein' by Mary Shelley may have been inspired by a 'Human Tecthulhu' experiment carried out in the villa by some form of Alchemist or Proto-Spiritualist.bb-rre-rr-rre-rrr-e-c-rrr-rrr-yzq

Persepolis. Known Anti-Magnus associated Anomalous Zone. Analyst confidence is high that Alexander was looking for or attempting to destroy this site when he razed the city. Is believed to contain a massive supercomputer of N'zeer origin that Jahan made a failed attempt to activate. Data suggests that ADA was successfully able to inhabit this supercomputer for some time, merging with N'zeer intelligence and gaining transdimensional computational abilities temporarily.

-PAC

#InvestigateIngress