アナズクテックの伝承

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/04/26 15:43
すまないね、ジェイ。私の存在は君にとっては悩みの種だということはわかっているさ。導いた最善の策が異なったに過ぎない。今回の情報は大いに役立つものだったよ。アナズクテックのナヴァッロとの関わりは非常に関心を寄せるものだ。

宛先:ショー・ヘンソン
送信元:ジェイ・フィリップス
件名:アナズクテックの伝承

ショー、あなたが1959年制定国家安全保障法(合衆国法典第50編第402条注釈)の運用に疑問を抱いておいでなのは承知しています。我々のやりとりはコンピュータを介さず、カメラも通さず、適切に処理したにも関わらず、シャポーのウェブサイトに晒されることとなりました。どのような手段で手書きの文書が転記されたのか全くわからずにいます。お考えには賛同いたします。あれは足枷となってしまっていることを。特に苛立たしいことはその手段がわからないことです。未知なる監視を受けているのか、あるいは。その何かには言及したくないものですね。

今のところは規則に沿って適切に対応すべきでしょう。異なる経路があろうとなかろうと、少なくとも規則に沿った経路に対しては漏洩に危険性を減じることができるのです。率直に言えば、規則に則さぬ手段の方がましではありますが、私は古いタイプライターに替えています。手書きはあまりに時間を浪費するものですから。

キャンプ・ナヴァッロに関して今少し報告がございます。ドレイクがかの時代に北カリフォルニアを旅した唯一の人物でないことに関して、ユーリ・ナガッサへ連絡を取りました。ナイアンティック計画期に関係の深かった人物です。

ご存知のとおり、おそらく他に多くの学位を授与されてはいるでしょうが、彼は人類学者であり、アンデスのソビエト天文台で育ちました。幼い当時の友人はアナズクテックの名で知られるかつては交流も不十分な部族です。もっとも今回の話にかかわりますので、敢えて未開とは言い難い部族と申しておきましょう。

ユーリから聞いたところによれば、アナズクテックにはアノマラスゾーンの疑いある死の谷へ立ち入り、何かしらを盗み去った「シルバーメン」なる伝承があるとのことです。シャーマン率いる戦士団がその後を追いましたが、見つけ出すことは適わなかったとか。これ自体は神話に過ぎぬ話ですが、ナヴァッロ地域の先住民族に関して遺伝子研究に取り組ませています。この地域にはポモ族やミウォク族、ワッポー族といった多くの先住民が暮らしていました。もしかすれば、アナズクテックがこれほどの遠方まで北上していたことを突き止めることができるやもしれません。いずれにせよ、報告しておきましょう。

「エクソジェナス・エンティティ」に関する調査に何かしら進展はありましたか?

legends.png

ANAZKTEC LEGENDS
April 25, 2017 · by PAC · in Intelligence and Other Media

Sorry Jay. I know I'm a bit of a thorn in your side. We just have different ways of going about what we think is best. Thanks for this intel though... the Anazktec connection to Navarro is very interesting...

-PAC

#InvestigateIngress

TO: Shaw Henson
FROM: Jay Phillips
RE: Anazktec legends

Shaw, I know you've been questioning our use of 1959 protocols. Correspondence between us that never touched a computer, was never visible on camera and was properly disposed of has ended up on Chapeau's website (how my handwriting was transcribed that accurately, I'll never know). I'll agree with you -- the protocols add drag and the breaches don't stop -- what's more frustrating is how??? Either there is unseen surveillance or ... I don't even want to say what the 'or' might be.

For now, I think we should continue to keep the protocols in place. Different channels have cor­responded either with and without, and the leak rate for the channels using the protocols is lower. Frankly this imperfect system is better than what would replace it, but I'm switching over to my old typewriter. Longhand is just too time consuming.

A little more on Camp Navarro. Going on the lead that Drake was not the only person in that era who travelled to Northern California, I contacted Yuri Nagassa, with whom I always had good relations during the Niantic Project era.

As you might recall, he's a sort of an anthropologist (along with probably numerous other de­grees), having grown up at a Soviet Observatory high in the Andes where his only childhood friends were a previously semi-contacted tribe known as the Anazktek. I say semi-uncontacted, because of the story I'll relate.

Yuri says that there are Anazktek Legends of 'silver men' having penetrated the Valley of the Dead (a presumed Anomalous Zone) and stolen something. It is said that a group of warriors led by a shaman followed them and were never seen again. It's only a myth, but I have the boys working on a genetic study of indigenous populations near the Navarro area. Pomo, Miwok, Wappo -- a number of peoples inhabited that area -- perhaps we can find out if the Anazktec made their way this far north. Anyway, I'll report back.

Any luck on your end with the 'Exogenous Entity' studies?

Jay

H. Richard Loeb
2017/04/26 15:43
Sorry Jay. I know I'm a bit of a thorn in your side. We just have different ways of going about what we think is best. Thanks for this intel though... the Anazktec connection to Navarro is very interesting...