コダマ・スマイルズの概況報告(1)

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/04/13 16:12
エージェントのコダマ・スマイルズが先般発生した世界規模のエックスエム事象、フェイト・オブ・サーティンの概要説明を行った。それはナイアンティック・マグナスを構成する13種類のアーキタイプといま現在それらを象徴する研究者たちの命運を左右する91片のシャード群をポータルネットワークを介して争奪するものだった。

彼女が誰とやりとりしているのかは現時点で明らかとなってはいない。

これは一連の映像の第1回目である。

映像会議より傍受
対象者1:コダマスマイルズ
対象者2:不明

解析中...

ええ、そうね。これは全て1月の、末だったかしら、大幅に改ざんされた機密情報が明るみとなったことで世界規模のエックスエム事象が差し迫っていることが明るみになったの。

つまりは、シャードが関わっているということがわかったの。情報の検証には数日間を要したけど、結果としてそのエックスエム事象は6週間に及ぶもので、91片のシャード群があることがわかったのよ。そう、7片が13組よ。

エージェントはポータルリンクを用いて世界各地でシャードを移動させなければならなかったわ、5時間ごとに訪れるジャンプでね。そして、彼らの陣営が有する特別なターゲットポータルで確保しなければならなかったのよ。

アーキタイプのこと?そうね、それ故にシャード群は13組あったのよ。ナイアンティック計画には13名の研究者たちがいましたし、常々その数には重要な意味が込められてきたけれど、その理由はいまだに明らかとはなっていないわね。我々がたどり着いているのは、ナイアンティック計画がマグナスなるものを形成しようとしていた、ということです。

それは、人類の革新に多大な影響を及ぼし得る13名のセンシティブから成る集団よ。13名の各々は、エクスプローラーやドリーマー、トリックスターといった異なるアーキタイプを象徴しているの。そして、マグナスはその形成と機能発現に、それぞれのアーキタイプをひとりずつ必要とするのよ。

IR-KodamaFateOfThe13-1-470x260.jpg

KODAMASMILES: #FATEOFTHE13 PART 1
April 13, 2017 · by PAC · in Intelligence and Other Media

@KodamaSmiles presents a briefing on the recent global XM event -- #FateOfThe13, in which Agents moved 91 Shards through the Portal Network to battle for the fate of the 13 Archetypes comprising the Niantic MAGNUS and the researchers who currently represent it.

The individual or individuals to whom she is speaking are unknown at this time.

This is Part 1 of a series.
mqh23ortsg452kg

#InvestigateIngress

intercepted videoconference
subject1: kodamasmiles
subject2: unknown

deciphering ...

Subject1: kodamasmiles

ah, right. so this all began in late ... january, some intel, heavily redacted, emerged that revealed a global XM event was imminent. i mean, we knew from the details that shards would be involved.

the intel took a few days to verify, but once that was done we knew that the event would last 6 weeks and involve 91 shards. ah, 13 sets of 7.

so agents would have to move these shards around the world using portal links ... one jump every five hours ... and capture them in their special target portal for their factions.

the archetypes? right, um ... well that's why there are 13 sets of shards. there were 13 key figures at the niantic project and that number has always had a significance, but it was never understood why.

what we learned was that the niantic project was at attempt to create something called a MAGNUS.

a group of 13 sensitives who could wield immense power over the progress of humanity. now each one of these 13 represents a different archetype, like the EXPLORER or the DREAMER or the TRICKSTER ... and a MAGNUS needs one of each archetype in order to form and function.

H. Richard Loeb
2017/04/13 16:12
@KodamaSmiles presents a briefing on the recent global XM event -- #FateOfThe13, in which Agents moved 91 Shards through the Portal Network to battle for the fate of the 13 Archetypes comprising the Niantic MAGNUS and the researchers who currently represent it.

The individual or individuals to whom she is speaking are unknown at this time.

This is Part 1 of a series.