エックスエム・ブリーフィングの漏洩(VI)

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/04/06 14:59
ホワイトハウスの行ったエックスエム史に関するブリーフィングも、いよいよ最後となる第6回目となる。

過去には第1回目第2回目第3回目、第4回目、第5回目の断片が明らかになってきたものだ。

音声は高いセキュリティに護られたホワイトハウスのブリーフィングより入手したものである。

国家情報局および政府
参加者:不明

政府:
ナイジェル・モイヤーと関係があるのか?

国家情報局:
はい、奴の娘です。

政府:
奴のことは知っている。極めて危険な研究をしていたようだな。ディー・グロッケか...第二次世界大戦時の研究だったはずだが。

国家情報局:
そのとおりです。ひとりのナイアンティック研究者によって構築され、今年になって我々の知るところとなったエックスエム・テクノロジーにも関わりがあります。我々も初めて知ったテクノロジーでしたが、人々はそれをテクトゥルフと、そう呼んでいます。

政府:
まるでラヴクラフトだな。

国家情報局:
歴史上の人物と同様に、ラヴクラフトもまた膨大なエックスエムに曝された人物のようです。

政府:
なんだと、他に誰がいると?

国家情報局:
大勢です。もっとも今回ですと、最も関わりあるのは啓示の夜と呼ばれる事象に関わった人物です。

政府:
その時期のことは承知しているが、テクトゥルフを構築したのと同一人物だということかね?それがナイジェル・モイヤーとどうつながるというのだ?

国家情報局:
戦後、ナイジェルはテクトゥルフを構築間近まで進めましたが、いま一歩及びませんでした。その不足を補ったのがオリバー・リントン=ウルフ博士です。

政府:
テクトゥルフの現況はどうなっている?

国家情報局:
2016年末のことですが、ビアノワールと呼ばれる時代へ突入しました。希有な結束が生まれるなか、エンライテンドとレジスタンスのエージェントが手を組み、リントン=ウルフのテクトゥルフを阻止、おそらくは破壊を成し遂げたのです。無論、その部品を巡った抗争は起きましたが。

政府:
それでリントン=ウルフは?

国家情報局:
消息は不明です。

政府:
テクトゥルフは破壊されたのだろう?

国家情報局:
それも不明です。リントン=ウルフの行った最後の交信の折、奴は無数のテクトゥルフの存在に言及したのです。

政府:
それは実に、不吉なことだな。それは何を意味しているのだ?最悪のケースを言いたまえ。

国家情報局:
無防備な状況で未知の力を扱う装置が存在しているのです。向こう側へ自由に門戸を開くこととなります。これがエイリアン・コードだとお思いですか?我々としては「エイリアン」との呼称は憚っています。

政府:
言いたいことは二つだ。まず、常軌を逸したことだということだ。

国家情報局:
もうひとつは?

政府:
その全てを事実だと信じているということだ。

#InvestigateIngress

CompromisedBriefing6-470x260.jpg

COMPROMISED BRIEFING (PT6) - TECTHULHU
April 5, 2017 · by PAC · in Intelligence and Other Media

This is part 6, the final part, of a classified White House briefing about the history of XM.

The first, second, third, fourth and fifth fragments have surfaced in the past...

-PAC

#InvestigateIngress

AUDIO OBTAINED FROM
HIGH-LEVEL SECURITY
WHITE HOUSE BRIEFING

NIA AND ADMINSTRATION
PARTICIPANTS: UNKNOWN

A:
Any relation to Nigel Moyer?

B:
Yes. His daughter.

A:
Well aware of him. It seems like someone's been delving into some very dangerous stuff. Die Glocke... Classified World War II research...

B:
Yes.
He was also linked to a piece of XM technology we discovered this year that was built by one of the Niantic researchers. We've never seen anything like it... the guys call it... the Tecthulhu.

A:
Sounds like something out of H.P. Lovecraft.

B:
Lovecraft, like many others in history, seems to have been exposed to large quantities of XM.

A:
What, others?

B:
Many. But most relevant to this conversation, the same man who was responsible for what is known as Epiphany Night.

A:
I'm aware of that mess. And this same guy built the Tecthulhu device? How does this connect to Nigel Moyer?

B:
Nigel had gotten very close to building the Tecthulhu after the war, but fell short. Dr. Oliver Lynton-Wolfe was able to make the lastconnections.

A:
What is the Tecthulhu's current status?

B:
Late 2016... We enter a period known as Via Noir. In a rare show of unity, bothe Enlightened and Resistance agents operated together, and are able to disrupt, and possibly destroy, Lynton-Wolfe's Tecthulhu. Of course, when they started fighting over the pieces...

A:
And Lynton-Wolfe?

B:
Status unknown.

A:
But the Tecthulhu is destroyed?

B:
Unknown. In his last communication, Lynton-Wolfe said there would be many Tecthulhu.

A:
Well that's... ominous. What would the implications of this be? Worse case.

B:
No shield and a device of unknown power and origins... we'd be wide open to whatever is out there. Is that code for alien invasion? We avoid the use of the word "alien".

A:
Two points. One: this sounds absolutely insane.

B:
The second point?

A:
I believe every word of it.

H. Richard Loeb
2017/04/06 14:59
This is part 6, the final part, of a classified White House briefing about the history of XM. Earlier fragments are linked at http://investigate.ingress.com/2017/04/05/compromised-briefing-pt6-tecthulhu/