エクソジェナス・エラ

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/03/30 14:59:17
ハンク・ジョンソンがニュージーランドから自身の現況と自らが関心を寄せているエクソジェナス・エラについて明かした。

ハンク・ジョンソン:
ここ二か月ほどはやりとりが散発となってしまい、申し訳ない。ニュージーランドではマオリ族の歴史や伝説、そして実に興味深い醸造品に関して調査することができたよ。

ああ、冗談だよ、だが料理や醸造の秘密を明らかにしたテクトゥルフが実在した可能性も否定しない。突飛な発想ではあるが、言ったように否定はしていないわけだ。ただ、そういった可能性もあると言っているに過ぎない。テクトゥルフがどのような感性を呼び覚ますか考えてみてくれ。そして「精神」なる言葉に関しても考えてみてほしい。いわゆる思考の糧という奴だね。

ご存知のように、考古学者としての私の関心は過去と現在の稀有な関連性にある。今のところは「エクソジェナス・エラ」と呼んでいるものの証拠を探し求めているわけだ。それはシェイパーやナジアといったエクソジェナス知性体が実際に我々とともに実在した可能性のある時代として考えられている。それはそうと、エセックスのコミュニティメンバーの先進的な仮説には感嘆させられたよ。

同時に、オリバー・リントン=ウルフ博士の所在を追ってもいる。

それと言わせてもらいたいのだが、ブエノスアイレスの地下に存在するヨルムンガンド研究施設の所在を突き止めることは、経験したこともない難関だったよ。そこには私を待ち構える未知の水中兵団によって守られていたのさ。この件については、おいおい報告するとしよう。

その施設の秘密を手に入れることはできなかったわけだが、探索することはできた。そして、ハウクラフト文書中に記され、その後の活動で裏付けを得た会合が行われて以後、リントン=ウルフはこの施設にはいないとの結論にもいたったよ。

奴の目的は憶測することもできないし、スザンナ・モイヤーが積極的に加わっていたのか、欺かれたのか、あるいは強要されたのかもわからない。

それはいつの日にか誰かが明らかにしてくれるに違いない。尤も、我が次なる旅路に関してお伝えしておきたいことは数多くあるよ。

TheExogenousEra.jpg

HANK JOHNSON: THE EXOGENOUS ERA
March 29, 2017 · by PAC · in Intelligence and Other Media
2017/03/30 14:59:17

Hank Johnson shares an update on his time in New Zealand and his current subject of interest: The Exogenous Era.

-

Forgive me for my sporadic communication over the last two months. By now it is well known that I was in New Zealand studying Maori history and legends... and some uncannily interesting brewery products.

Yes. At one level that's a joke. At another level, I am not ruling out that there could have been a Tecthulhu that revealed secrets of cooking or brewing or something similar. It's a funny thought, but as I said, I am not ruling it out... just saying it's possible. Think of how a Tecthulhu summons the senses. Think also, about the term, 'spirits.' Food (and drink) for thought.
bqa79qisseioe528ny

As you well know, one of my interests as an archeologist is the unique connection between the past and present. At this moment, I am in search of evidence of what we've been calling 'The Exogenous Era'. It is theoretically a period of time when it is possible that the Exogenous intelligences (the Shapers, the N'zeer) were directly present among us. In passing, I am quite fascinated by the theories advanced on this by some members of the Essex community.

Simultaneously, I've been following up leads on the whereabouts of Dr. Oliver Lynton-Wolfe...

In passing, let me say that locating and penetrating the Jörmungandr facility underneath Buenos Aires was one of the most difficult things I have yet accomplished. It was guarded by an unknown group of aquatic mercenaries who seemed to be well prepared for me. I will write about it one day.

While I was unable to harvest any of the secrets of that location, I was able to explore it and have come to the conclusion that Lynton-Wolfe has not been present there since the meeting described in the Howcraft document and corroborated by later actions.
knt64puetancn763vu

I am not able to speculate on his motives or whether Susanna Moyer was a willing and informed participant or whether she was either deceived or coerced.

That is a mystery to be solved on another day by other people, though there is much to tell about my next journey.

Hank Johnson via Google+

-PAC

#InvestigateIngress

H. Richard Loeb
2017/03/30
Hank Johnson shares an update on his time in New Zealand and his current subject of interest: The Exogenous Era.