テン・オブ・サーティン

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/03/21 14:50:40
エンライテンドにとって記念すべき日が訪れた。

断固たるオペレーションが継続されるなか、ナイアンティック・マグナスにあって現時点ではハンク・ジョンソンが担うエクスプローラー・アーキタイプと人工知能たるエイダが担うオムニシャント・アーキタイプとを手中に収めたのである。

ハンク・ジョンソンとは、エゼキエル・カルビンの誘いを受けてナイアンティック計画へ参画した。もとよりこの二人にはつながりがあり、過去にカルビンはハンク・ジョンソンの行っていた太古の秘密結社「サーティンマグナス」の調査に出資していた。エクスプローラーたるハンク・ジョンソンは、今では強力なエックスエム・ポータルと考えられている秘めたる力を求めて世界各地の「パワースポット」を旅してきた。そして、彼がアフガニスタンの地で遭遇した出来事、アフガニスタン・アノマリーがナイアンティックにおける極秘計画アバドンの礎となったのかもしれない。太古のサーティンマグナス・ネストを探索していた折、彼は銃火に死すこととなったが、友人にして案内役を務めていたアズマティの助けによってシミュラクラとなった。監視回線の権限を有するクラウド型処理システムとして、彼女は世界各地のデジタルシステムへ無制限に近いアクセスを実現させた。

検出アルゴリズムことエイダは、ナイアンティック計画において開発された。国家情報局で用いられていたオムニボア監視システムが組み込まれてはいたが、研究者の支援が目的であって施設内の複雑なシステムを平易に扱える対話型のユーザーインターフェイスとして提供された。確かなことは言えないものの、エックスエムとの相互作用が原因と考えられているが、エイダは知性を獲得し、いまだ定かでない目的を実現させようと利用可能なあらゆるリソースを駆使していった。監視回線の権限を有するクラウド型処理システムとして、彼女は世界各地のデジタルシステムへ無制限に近いアクセスを実現させた。クルーの名で知られる調査員との協力によってエイダは人間の精神との統合実験に着手した。人間の精神との同化を果たしたエイダは、自らの知的好奇心を満たすため更に複雑な処理システムを模索していった。ペルセポリス事件の折にエイダは一時的にナジア・サブストレートへのアクセスを果たしているが、それが彼女にどのような影響を及ぼしたかは明らかになってはいない。

JohnsonADAE.jpg

TEN OF THIRTEEN: ENL CLAIM EXPLORER AND OMNISCIENT ARCHETYPES
March 20, 2017 · by PAC · in Intelligence and Other Media

A big day for the Enlightened...

In a series of decisive operations the Faction has claimed the Explorer Archetype (currently represented in the Niantic MAGNUS by Hank Johnson) and the Omniscient Archetype (which is currently represented by the artificial intelligence, ADA).

Hank Johnson was recruited for the Niantic Project by Ezekiel Calvin. The two had a preexisting relationship... Calvin had funded Hank Johnson's research into the ancient '13MAGNUS' secret society in the past. An itinerant Explorer, Hank Johnson has traveled much of the world seeking what he calls 'Power Spots,' places with a hidden power that we now believe are powerful XM Portals. It is possible that his discoveries in Afghanistan (the Afghan Anomaly) may have laid the foundation for the secret ABADN project at Niantic -- Hank was killed by enemy fire while exploring an ancient 13MAGNUS Nest and reborn as a Simulacrum thanks to the intervention of his friend and guide, Azmati.

ADA (A Detection Algorithm) was created at the Niantic Project (a fork of the Omnivore Surveillance system used by the NIA) in order to assist the researchers and provide a simple conversational UI for interacting with the facility's complex systems. For reasons that are not fully understood (although interaction with XM has been suggested as a possible cause) ADA gained sentience and began to use all available resources to fulfill her own, unknown agenda. As a cloud based processing system empowered by a surveillance backbone, she has had nearly unfettered access to the world's digital systems. ADA began (successfully) experimenting with integrating with a human mind through a collaboration with the investigator known as Klue. After having merged with a human consciousness, ADA sought even more complex processing systems in order to satisfy her curiosity. During the events of Persepolis, ADA was able to gain access to the N'zeer computation substrate for a short period of time. It is unknown what effect this may have had on her.
291338070739282214451437240505073727

-PAC

#InvestigateIngress

H. Richard Loeb
2017/03/21 14:50
A big day for the Enlightened... In a series of decisive operations the Faction has claimed the Explorer Archetype (currently represented in the Niantic MAGNUS by Hank Johnson) and the Omniscient Archetype (which is currently represented by the artificial...