アノマラスゾーンに関する覚書

Android_Dream_Abi-1.jpegエドガー・アラン・ライト(Edgar Allan Wright)
2017/03/18
アノマラスゾーンの研究に手を貸しているのだが、ヘンソンから受け取ったアノマラスゾーンの性質に関する覚書を提供しよう。この覚書がもともとどういったものであったのかはわからないが、エセックスでこの文書の真贋をどう見極めるか知りたいものだ。

  1. アノマラスゾーンの開放はテクトゥルフの創成を契機とすると考えられているが、いまだ立証はされていない。(テクトゥルフの規則性を参照のこと)
  2. アノマラスゾーンへ入るには「プライム・オブジェクト」が必要となる。アフガニスタン・アノマリーで用いられた証人ストーンもそのひとつだ。
  3. プライム・オブジェクトは短い周期で絶えず世界と同期を繰り返しているため、その存在がある限りはアノマラスゾーンは開放されている。
  4. アノマラスゾーンでは、空間はさほど変化がないものの、時間は変動する。その一例に、オブシディアスがエンライテンド集落に姿を現したことが挙げられる。千年の月日を経ればその場所も変化があるかもしれないし、全ての場所が一時的に開いている可能性もある。その一例に、ハンク・ジョンソンがトンネルネットワークを辿ったというリカージョンの記録がある。その中には21世紀現在は実在しないものもあれば、存在するものもあった。刻が経つにつれ、そのゾーンが閉じていき、トンネルも変化していくようだ。
  5. アノマラスゾーンは、現代人によって手が加えられていない限りは高度な技術は見受けられない。その技術は石のようなものに埋め込まれているからであるが、生物的なものでも植物的なものでも構わないという説もある。
  6. 活性化したエックスエムのエネルギーパターンが形成されると、構造物内を流れることが観測される。
  7. プライムアーティファクトはアノマラスゾーンの機能妨害あるいは一時的な機能崩壊を引き起こす可能性がある。パワーキューブといったエックスエム・スキャナー構造体も特定の状況下でアノマラスゾーンへ影響を及ぼす可能性があるが実証されてはいない。
  8. マグナス・ネストはしばしばアノマラスゾーン内に存在している。シミュラクラとなったマグナス構成員本来の肉体を保持するようになっており、スラブ上で保存されているが、そのシミュラクラは地球上で活動している。シミュラクラは1331日ごとに前の記憶を引き継ぐことなく肉体から再出現する。マグナス・ネストは13のスラブで構成されており、おそらく他の機構と同様の石材と技術的物質とで作り出されている。

このほとんどが事実と考えているわけだが、幾つか疑問もある。諸君の意見を聞きたいものだな。

Edgar Allan Wright
2017/03/18
I am helping to fashion a study on Anomalous Zones and I want to pass some notes on (I have been authorized) from Henson about the nature of Anomalous Zones. I am not sure exactly what the origin of these notes is, but I would like to see what Essex sees as correct and incorrect in this document:

" 1) The opening of Anomalous Zones are believed to be presaged by the creation of Tecthulhus, though this has yet to be proven. (See Rules on Tecthulhus).
2) A 'Prime Object' is needed to Enter an Anomalous Zone. One such Prime Object was the Shonin Stone used at the Afghan Anomaly.
3) Prime Objects always re-synchronize with the world after a short time, so Anomalous Zone portals are open for only so long.
4) Space remains largely the same, but time fluctuates in an Anomalous Zone. For instance, Obsidias appeared at the Enlightened Compound. The location might change if it changed over the millennia and all locations might be open for a time. For instance it is recorded in Recursion texts that Hank Johnson ran through a network of tunnels, some of which no longer exist, some have not yet existed (as of the 21st Century) and some exist now. As time flickers (when a zone is closing) the tunnels appear to change.
5) Anomalous Zones do not look high tech (unless modified by modern humans) because the tech is embedded within stone-like structures (some theorize they can also be biological/plant structure).
6) When activated XM energy patterns form and are observed flowing through the structures.
7) XM Prime Artifacts can sabotage or destroy the functioning of anomalous zones, at least in the short term. (Under certain circumstance Power Cubes and other XM Scanner Constructs MIGHT be able to affect an Anomalous Zone though this has never been demonstrated).
8) A Magnus nest is often present in an Anomalous Zone. It is designed to hold the natural bodies of Magnus Members who have become Simulacra. (Bodies of Magnus members are preserved on the slabs while their simulacra walk the earth). Simulacra are re-spawned from the body every 1331 days with no memories of the last cycle. A Magnus Nest consists of 13 slabs (probably created from the same type of stone/tech substance as the other mechanisms)."

I believe most of this to be accurate, but have some quibbles. Am interested in your opinions.