歴史上のテクトゥルフ

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/03/14 15:27
今回の情報はたナイアンティック調査員フリント・ディルも珍しく姿を現した先週のトラングレスで回収されたものだ。

イングレス界屈指の頭脳集団がマグナス・リアウェイクンに関する最新情報からテクトゥルフに考えを巡らせている事実を垣間見ることができるね。

ジョンソン:
先に言ったことだが、テクトゥルフには様々な姿形があると考えている。ハンニバルがイタリアを席巻していた折には、アルキメデスもシラクサに建造したと睨んでいるよ。

シューベルト:
アルキメデスはテクトゥルフによって有力な思想家になったというのか?

ジョンソン:
断言できぬことだが、アルキメデスの殺害を受けて引き継いだのがベスビアン・マグナスだと推察しているよ。そう考えるに至った全ては、我が旅路で目にしてきた文書で遠回しに示されてきたからね。

ナガッサ:
古代アナズクテックが死の谷にテクトゥルフを建造したと考えるに足る根拠は充分にある。私の目にした象形文字は顔を図化したもので、各感覚器もあったし、無論、第三の目も描かれていた。そこがかつてはテクトゥルフの存在したアノマラスゾーンだと私にははっきりとわかったよ。

キャンベル:
レオナルド・ダヴィンチはその手稿でテクトゥルフと思しきものを描いていましたね。我々が得たものはスケッチに過ぎませんが、ルネサンス期のフィレンツェにマグナスが実在したと考えればつじつまも合いましょう。

ナガッサ:
ルネサンスがテクトゥルフによって引き起こされたものだと言いたいのかい?

ジョンソン:
有り得ないこととは言い切れないな。テクトゥルフが大規模な変革の引き金になるということはわかっているのだからね。現在の状況こそがその証明となっているからな。

ダルビー:
テクトゥルフの基本構造から協奏曲を紡ぐことは可能だろうか。ハーモニーは視覚や聴覚、そして未知なる感覚を刺激するものだからね。途方もない発想だが、考慮に値するよ。

ハンナ:
地獄の火クラブもよ。彼らの公式声明は考慮するに値しないわ。ベンジャミン・フランクリンが関わっていたのだし、彼は発明家でもあったわ。そしておそらくはジェファーソンもだけれど、創設者たちがマグナスに関わっていたという以外のつながりは見てとれないわね。

ライトマン:
我々は理論探究しているに過ぎないわけだが、ニコラス・フラメルの錬金術を研究することが賢明だろう。太古の迷妄のなかにはテクトゥルフに関わったものもあるやもしれないからね。

ジョンソン:
無理に推理するのであれば、ディオダティ・マグナスへ目を向けよう。少しばかり、フランケンシュタインはテクトゥルフの建造を暗喩あるいは暗号化された指示書であったとの考えが過ぎるね。

シューベルト:
いまや、どこもかしこもマグナスやテクトゥルフがあるのか?

カルビン:
マーティンよ、その可能性を留意すべきだろうな。

シューベルト:
妥当と思われる関連性もあるな。

ボグダノヴィッチ:
テクトゥルフが好ましい方向にのみ作用したと考えるのは危険ですよ。その暗部に目を向ければ、違うものが見えてくるでしょうね。この調査は慎重に慎重を重ねなければなりません。

ナガッサ:
テクトゥルフは他のことを探究をしていた人々が無意識のうちに建造していたのかもしれない。エクソジェナスの知性を侮ってはならないよ。

ジョンソン:
いま少し立ち止まり、我々が知り得ているはずのことに考えを巡らせてはどうか。ありとあらゆる歴史的事件や成り行きにマグナスとテクトゥルフが関わってきたということをリントン=ウルフが警告していたのではないか。

ボグダノヴィッチ:
「ひとつ在りしところ、幾多にもなりし。」というわけね。

ハンナ:
そうね、全く異なる解釈が求められることでしょうね。

TecthulhusinTime.png

TECTHULHUS ACROSS TIME
March 13, 2017 · by PAC · in Intelligence and Other Media

This intel was recovered by Agents on the ground at 'Transgress,' the rare public appearance of Niantic Investigator Flint Dille this past weekend...

It reveals a fascinating glimpse into what some of the leading minds in the World of Ingress are thinking about Tecthulhus in light of the news about MAGNUS: REAWAKENS.

Transcript:

JOHNSON: As I said, I believe there are numerous different forms of Tecthulhus. I have a strong suspicion that Archimedes built one in Syracuse at around the time Hannibal was rampaging through Italy.

SCHUBERT: Are you suggesting a Tecthulhu enabled him to become the powerful thinker he was?

JOHNSON: Can't say, but there's some speculation that the Vesuvian MAGNUS received the plans for theirs after Archimedes' murder or slaughter. All of the features we would look for involving each of the senses were described obliquely in texts I have seen in my travels.

NAGASSA: There is every reason to believe that the ancient Anazktek had constructed a Tecthulhu in the Valley of the Dead. Pictographs I've seen showed what appeared to be a diagram of a stylized face with niches for each of the senses, and of course, the third eye. It's clear to me the Anomalous Zone there once held a Tecthulhu.

CAMPBELL: It seems extremely likely that Leonardo DaVinci had drawn something quite like a Tecthulhu in one of his manuscripts. All we have are sketches, but it would make all of the sense in the world that there was a MAGNUS in Florence during the Renaissance.

NAGASSA: Are you saying the Renaissance may have been caused by a Tecthulhu?

JOHNSON: It's not out of the question... we know they seem to be triggers for large scale change... current events are proof enough of that.

DALBY: Is it possible that a concerto is modeled after the base structure of a Tecthulhu? Certainly, the harmony seems to be reaching to summon sight, sound and the unnamed sense. Far fetched, but something to consider.

HANNAH: Hellfire Club. None of the official accounts debunking them have actually made any sense to me. Franklin was involved. And he was an inventor. Possibly Jefferson, too, though I see no obvious connection other than it seems possible that there was a MAGNUS among the founding fathers.

LIGHTMAN: While we're just probing theories, it would be wise to study the alchemy of Nicholas Flamel. It could be argued that some of the ancient illusions might well have involved Tecthulhus.

JOHNSON: And as long as we're in the realm of wild speculation, look at the Diodati MAGNUS. Consider, for a moment, that Frankenstein was a metaphor, or a coded instruction book for the construction of a Tecthulhu.

SCHUBERT: Are we going to see MAGNUSES and Tecthulhus everywhere now?

CALVIN: Admit that you see the possibility, Martin.

SCHUBERT: Some connections seem more plausible than others.

BOGDANOVICH: It is dangerous to assume that Tecthulhus only did positive things. Look in dark places and I suspect you could find other ones. We must be very, very careful with this line of inquiry.

NAGASSA: It could be possible Tecthulhus could have been unwittingly constructed by people who thought they were pursuing other lines of inquiry. Never underestimate the cleverness of the Exogenous.

JOHNSON: If we stop for just a moment, and consider that we might be on to something -- if all these major historical events and movements have involved MAGNUSES and a Tecthulhu, then Lynton-Wolfe's warning...

BOGDANOVICH: "Where there was one, there will be many."

HANNAH: Yeah... it sort of takes on a whole new meaning, doesn't it.

-PAC

#InvestigateIngress

H. Richard Loeb
2017/03/14
This intel was recovered by Agents on the ground at 'Transgress,' the rare public appearance of Niantic Investigator Flint Dille this past weekend... It reveals a fascinating glimpse into what some of the leading minds in the World of Ingress are thinking...