ライトマンのアーキタイプに関する再検討

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/02/21 00:20:38
改訂:先にこの記事ではライトマンがインタープリターのアーキタイプを象徴すると示していたが、その前提条件も今では不適切であったと考えている。コメント欄で進められた議論をもとに考えを改めたよ。スタイン・ライトマンはスピリチュアリストのアーキタイプを象徴している可能性がより高いのだろうね。

エンライテンドが現時点でスタイン・ライトマンとなっているスピリチュアリストのアーキタイプに関連した7片のシャードのうち4片までを掌握した。

「量子神学者」を自称するスタイン・ライトマンは科学的研究や歴史、宗教哲学、精神哲学組み込んだ意見提供が期待されてナイアンティック計画当初に採用された男だ。

ライトマンの挙げた成果の中には、「ライトマン・ディサイファメント」と呼ばれる文書がある。これはシェイパーグリフの英訳を史上初めて体系化*させたものだ。その後もライトマンは証人、ペルセポリス、そして旧ナイアンティック研究者たちがシャード化し初めてのリカージョンを経験することとなったアバドンまでグリフの翻訳と発見の最前線にたずさわり続けた。

ライトマンは、マーティン・シューベルト、ユーリ・アラリック・ナガッサらとともに「三賢人」のひとりと考えられている。

だが、リカージョンを経てからというもの、ライトマンが世に姿を現したことはほとんどない。

エンライテンドがナイアンティックマグナスに新たな発想や発見をもたらし得る別の人物を据えるためスピリチュアリストのアーキタイプを解放しようとするのか、あるいはスタイン・ライトマンの叡智と知見を保持しようとするのかは未だ明らかになってはいない。

裁定のときはまだ先のことだが、エンライテンドがライトマンの未来を掌握したことは確かなことだ。

P.A. シャポー

* キャリー・キャンベルの論文がこれに先立っていたが、ライトマンのそれが直接的なアプローチであったのに対し、キャリーはより芸術的観点からシェイパーグリフを探究していた。

LightmanE.jpg

ONE OF THIRTEEN: ENL CLAIM FIRST VICTORY IN GLOBAL SHARD EVENT
February 19, 2017 · by PAC · in Intelligence and Other Media
2017/02/21 00:20:38

Correction: This article previously indicated that Lightman represented the Interpreter Archetype -- that was an assumption on my part that I now consider inaccurate. Based on discussion in the comments section I am revising my assessment -- I agree it is more likely that Stein Lightman represents the Spiritualist Archetype.

The Enlightened have managed to take control of 4 of the 7 Shards associated with the Spiritualist Archetype, currently bound to Stein Lightman.

Stein Lightman, a self-ascribed 'Quantum Theologian' was initially recruited for the Niantic Project to provide opinions that combined scientific research, history and religious/spiritual philosophy.

Among his major achievements, he released a document called 'The Lightman Decipherments' -- the first known English to Shaper Glyph dictionary system*. Following this, Lightman remained at the forefront of Glyph translation and discoveries until the events of Shōnin, Persepolis and Abaddon (the fragmentation and first recursion of the original Niantic Researchers).

Lightman is considered one of the 'Three Wise Men' along with Martin Schubert and Yuri Alaric Nagassa.

Since the Recursion event, however, Lightman has been largely absent.

It remains to be seen if the Enlightened will choose to free the Spiritualist Archetype in the Niantic MAGNUS in order to allow a new member in -- one who may bring new ideas and discoveries -- or retain the wisdom and knowledge that Stein Lightman represents.

The time for that decision is not now, but it's clear that the Enlightened hold Lightman's future in their hands.

-PAC

* Carrie Campbell's journals preceded this, but she approached the task of exploring Shaper Glyphs from a more artistic POV, vs. Lightman's direct approach.