オペレーション・マグナス31

Ingress_logo.pngイングレス(Ingress)
2017/02/18 03:32
コメントに寄せられているとおりの「見事なプレー」ですね!第31番シャードの移動に関わる素晴らしい報告です。

Navod Ediriweera
第31番シャード(オペレーション・マグナス31)

これはエンライテンドが第31番シャードの獲得を目指したスリランカの出来事である。

2017年02月11日
第31番シャードがネパールに出現し、スリランカのエンライテンドは驚愕の事実を悟った。そう、間近にシャードが存在し、その最も近いエンライテンドのターゲットは我々の国の最大都市コロンボの街だったのだ。

密かに計画が立案されていき、アイデアが交わされ、エージェントたちは最も重要な二つの課題に答えるべく冬の眠りから目覚めた。我々はそのシャード搬送を望むのか、どうすればシャード搬送を為し得るのか、である。

インドのエージェントと協議した結果、スリランカ側でこのシャードの搬送を担うこととなり、キーマスターの指示で搬送先のポータルが選定された。

2017年02月12日
シャードはネパールからインドのゴラクプールへ搬送されたが、なんということか、リンク先のポータルは国家情報局によって削除されたのである。だが、それでも我々エージェントは計画を検討し続けた。

レジスタンスは精力的に活動を続けていた。目的の地は明白であり、スリランカ北西部からインド中央部で数多くのポータルリンクが形成され、ターゲットの監視が続けられていた。

そして疑問が生じた。シャード獲得という困難な使命を誰かに引き継げないだろうか、という疑問だ。次に近いターゲットは約5千kmの距離に位置するパースだったが、幸いにもパースのエージェントはこの使命を受けてくれた。そのうえ、パースへの経路はコロンボよりも遙かに容易なものだった。見事にレジスタンスの裏をかいたことは疑いない。

パースのキーマスターと協議のうえスリランカ国内のポータル配置が選定され、我々は非常に離れた場所に位置するヤラ国立公園内のシタルパワ寺院で夜を明かすという解決策を見いだした。この地は夜間に象の襲撃を受けることで知られていることから安全上の配慮から夜間の訪問が禁じられていたが、交渉術が駆使され一晩の滞在が当局より認められたわけだ。

2017年02月13日
スリランカ南西端に位置するゴラクプール・シタルパワの妨害リンクは二つに留まっていた。

間違いなくレジスタンスはターゲットへの直線経路の阻止に注力していた。パースとインドからは作戦遂行の指示はでていなかったが、我々の仲間たちはこの旅路に志願していった。

エージェントの@EthanDanと@S5NSLは、スリランカ東部のレジスタンス拠点都市バティカルコロへと移動した。

エージェントの@Agent0UDと@AgentShaanは、インドとの経路を妨げていた都市マヒヤンガナヤへと向かい、作戦遅延の際には夜を徹する覚悟だった。

@PainkillerSL、@Sam356、@Dpac5、@mh369、@MrGr33nSLから成る五名のエージェントはシスルパワ寺院での夜間滞在に志願し、象の襲撃をものともせず数多くの「ゲーム」を経験した。

2017年02月14日
インド国内で妨害リンクが出現していったが、我々の仲間たちは冷静さを失うことなく、スマートホンを充電し、インド経路が開かれるそのときを待った。

ロジスティック上の観点から、オペレーターはインド国内に展開されている妨害リンクの大半を早々に解除して部分的にポータルリンクの回廊を形成することを決定した。これはスリランカのレジスタンス・エージェントにバティカロア市内での妨害リンク形成を許すこととなったが、我々の仲間である@EthanDanと@S5NSLがその任務を遂行し、チェックポイントの3時間前にあたる22時30分頃にはインドとスリランカで制御リンクを形成し、回廊は完成をみたのである。

2017年02月15日
それは来た。
02時30分のチェックポイントまでに計画通りシスルパワ寺院ポータルとシャードとがリンク形成され、2200kmに及ぶシャード移動が実現した。

負けじとインドネシアのレジスタンス・エージェントがモルディブへポータルリンクを形成してパースへの経路を潰しにかかった。早朝からインドネシアとモルディブのエージェントへ連絡を取るべく必死の捜索が開始され、モルディブ側で早朝のうちにポータルリンクを解除するため渡船する現地エージェントを確保することができた。

それは見た。
シャードがスリランカの地に留まったのはわずか5時間のことだった。現地レジスタンスコミュニティも野生の象たちもさぞ狼狽していたことだろう。だが、ありがたいことに正気が失われるようなことはなかった。オーストラリアの仲間たちは計画通りシャードへポータルリンクを形成することができたし、モルディブとインドネシアの仲間たちは搬送を妨げるリンクの解除を成しえてくれたのだ。

それは去っていった。
そして07時30分、シャードは約5500km先にある西オーストラリアへと搬送され、2チェックポイント後にパースで確保された。

約7700kmに及ぶ移動距離をわずか2度の搬送で成しえたのだ。

計画と指示、実行にたずさわった全てのエージェントとオペレーターを祝福したい。そして、最寄りのターゲットを目指すことなく、その36倍もの距離を移動させようという稀にみる搬送を快諾してくれた国際的なパートナーへ感謝したい。

最後に、リンクの回廊でイルミネーターのオニキスを達成したエージェントの @dcap5 を祝福するよ。

Ingress
2017/02/18 03:32
As someone in the comments said, "well played"! Great #SITREP about moving Shard #31.

Navod Ediriweera
201702/17
Shard #31 : Operation Magnus31 - It came, it saw, it went away


Sit-rep: The Sri Lankan story behind the Enlightened attempt to score #31

2017/02/11
Shard #31 appeared in Nepal, and Enlightened agents in Sri Lanka woke up to the dreaded fact that, yes there is a shard near by, and yes the closest ENL target is the most visited portal in the country, in the city of Colombo.

Plans were hatched, ideas were tossed around and agents were woken up from their hibernation to answer the two most important questions. Do we want to take it? How do we take it.

After deliberations with agents in India it was decided that Sri Lanka will take it and at the recommendation of keymasters portals were decided.

2017/02/12
Shard was moved from Nepal to Gorakhpur, India but lo and behold, the portal that was linked to was removed by NIA. But undeterred our agents kept up scheming and plotting.

Resistance was strong. With the destination being obvious a lot of links were thrown around in North-Western Sri Lanka and central India, and resistance were monitoring the target location.

And the question arose, why not let someone else handle the difficult task of scoring the shard. The next closest target (around 5000+ km away) was in Perth and thankfully agents in Perth were up to the task. Moreover the path to Perth was significantly easier than the path to Colombo. No doubt we caught the resistance napping.

So a portal destination in Sri Lanka was decided after consulting keymasters in Perth, and our agents masterfully found a solution to staying overnight at the extremely remote Sithulpawwa temple, in Yala National Park. An area that is known to have elephant attacks at night, and which forbade visitors on arriving after dark due to safety concerns. Using their wily persuasion skills our agents convinced the authorities to let them stay overnight.

2017/02/13
Blockers to Gorakhpur-Sithulpawwa in the South-Western edge of Sri Lanka were limited to two. No doubt the resistance was focused in blocking a direct path to the target. In order to take them down our agents volunteered to travel even before we got absolute confirmation from Perth and India for a green light on the operation.

Agents @EthanDan and @S5NSL traveled to the resistance heavy city of Batticaloa in Eastern Sri Lanka

Agents @Agent0UD and @AgentShaan went to the city of Mahiyanganaya which was blocking our link to India and was willing to spend the night when the op was delayed.

Five agents; @PainkillerSL, @Sam356, @Dpac5, @mh369, @MrGr33nSL volunteered to stay overnight at the Sithulpawwa Temple, braved elephant attacks and saw plenty of "Game".

2017/02/14
Even with more blocking links popping up in India our agents kept their heads cool, and their phones charged, and waited for India to clear a path.

Due to logistical issues operators decided to take down majority of the Indian blocking links early and create a partial link corridor but this led to Sri Lankan resistance agents throwing up more blocking links in the city of Batticaloa, but our agents @EthanDan and @S5NSL were up to the task and at around 2230 (3 hours before CP) our agents took down smurf blockers in India and Sri Lanka to make a complete link corridor.

2017/02/15

It Came
By the checkpoint at 0230 the selected Sithulpawwa temple portal was linked to the shard portal, and the shard jumped a distance of ~2200 km.

Not to be undone Resistance agents in Indonesia linked to Maldives blocking our path to Perth, and a frantic search for finding agents in Indonesia and Maldives started at early morning hours, while our agent in Maldives was also able to arrange the local agent to take a boat ride to take down the Maldives side of the link early morning.

It Saw
The shard spend just 5 hours in Sri Lanka, and at that time had it been self-aware it would have noted a terrible disturbance in the local resistance communication network and some wild elephants. But thankfully it's sanity is intact because as per schedule, Australian agents were able to link to the shard portal and our agents in Maldives and Indonesia were able to clear the blocker preventing the jump.

It Went Away
And at 0730 the shard was moved to Western Australia ( a distance of ~5500 km), who scored it two CPs later in Perth

A total distance of around 7700 km were traveled in just two jumps.

Congratulations to all the agents and operators who took part in planning, operating, and executing the jumps. Thank you to all our international partners who were willing and able to take this rather unusual move of moving a shard a distance of 36 times further away rather than aiming for the closer faction target.

And congratulations to agent dcap5 who achieved illuminator onyx with the link corridor.