国家情報局のシャード顕現文書

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/02/10 17:34
今後のグローバルシャード顕現に関して判明している事実を網羅した国家情報局の文書を入手することができたよ。

その内容を書き起こしてみた。

ご要望によりグローバルシャード顕現に関する最新情報をお伝えします。

重要事項に変わりはありません。シャード群は2月11日にポータルネットワーク上に顕現し、3月25日まで活性状態が続きます。

シャード群およびターゲット群は三フェイズに分かれて顕現し、それぞれ2週間継続します。

第1フェイズは、(13)のターゲットと7片ごと3組ある(21)のシャードで構成されます。第2フェイズは、(10)のターゲットと(35)のシャードで構成されます。7片ごと5組です。最後となる第三フェイズは、(6)のターゲットと(35)のシャードで構成されます。7片ごと5組です。

第1フェイズおよび第2フェイズの終了時に確保されなかったシャードは引き続きポータルネットワーク上で活性状態を維持します。

7片1組で構成されるシャード群は、それぞれが所謂ナイアンティックマグナスと呼ばれるナイアンティック研究者のひとりを象徴しているようです。シャードの詳細は次のようなものです。

シャードはレベル7以上のポータル間をポータルリンクを介して5時間ごとにジャンプします。このジャンプはスキャナーアプリにおけるインテルタブにも表示されているセプティサイクルのチェックポイントと相関しています。

今回調査チームからお伝えできる新たな情報は次のとおりです。

ジャンプはチェックポイントの前後の無作為な時間帯に発生します。最も可能性が高い時間帯はチェックポイントの前後30秒間です。

シャードは直近3度のジャンプサイクルに存在していたポータルへ戻ることはできません。

4度連続でポータルリンクを活用したジャンプを行わなかったシャードは、5度目のジャンプでも活用可能なポータルリンクが存在しなかった場合には近隣ポータルへ無作為に転送されます。

また、次のような情報を特定することができました。

2017年02月11日12時00分00秒(日本標準時)
第1フェイズのシャードおよびターゲットは、このチェックポイント直前に顕現します。このチェックポイントが第1フェイズにおける最初のジャンプになると予想されています。

2017年02月18日09時00分00秒(日本標準時)
既存のターゲットは、このチェックポイント直前にレジスタンス、エンライテンドの陣営を反転させます。このチェックポイントが第1フェイズにおいて陣営反転されたターゲットでの最初のジャンプとなります。

2017年02月25日11時00分00秒(日本標準時)
このチェックポイント直前に第1フェイズのターゲットが消失し、第2フェイズのシャードとターゲットが顕現します。このチェックポイントが第2フェイズにおける最初のジャンプになると予想されています。

2017年03月04日13時00分00秒(日本標準時)
既存のターゲットは、このチェックポイント直前にレジスタンス、エンライテンドの陣営を反転させます。このチェックポイントが第2フェイズにおいて陣営反転されたターゲットでの最初のジャンプとなります。

2017年03月11日10時00分00秒(日本標準時)
このチェックポイント直前に第2フェイズのターゲットが消失し、第3フェイズのシャードとターゲットが顕現します。このチェックポイントが第3フェイズにおける最初のジャンプになると予想されています。

2017年03月18日12時00分00秒(日本標準時)
既存のターゲットは、このチェックポイント直前にレジスタンス、エンライテンドの陣営を反転させます。このチェックポイントが第3フェイズにおいて陣営反転されたターゲットでの最初のジャンプとなります。

2017年03月25日
最終的にターゲットが消失する正確な時刻は今なお明らかになってはいません。ターゲットは現地時刻に応じて段階的に消失していく可能性があります。

陣営がエックスエム・シャードへ関与しようとしている理由を我々がどのように捉えているかお訊ねでしたね。我々の調査ではこの件は明らかにできていませんでしたが、今週になって緊密な関係を築いている陣営エージェントたちが秘密裡に入手していた文書を傍受することができました。こちらがその文書から抜粋したものです。

ポータルネットワークに生じている変動とナイアンティックマグナスおよびそれを構成する研究者たちに関しては掌握している。

ナイアンティックマグナスとは、カルビンが十分な知識もないまま太古の秘儀を再現しようと試みたものである。今回の件は、我々の先見と過去の知見をもとにあの実験を改めて組み改める好機ということだ。

ナイアンティック研究者たちには特定のアーキタイプを担っており、再構成した暁にはマグナスを形成する可能性を秘めている。

このような事例は過去に幾度も起きており、カルビンはナイアンティック計画の研究者たちでマグナスを構築しようとしたわけである。

リントン=ウルフのテクトゥルフが破壊されたことでナイアンティックマグナスを維持する力が失われることとなったわけだが、その原因は掴めていない。

わかっているのは、ナイアンティック研究者たちはマグナスのアーキタイプとしての束縛から解放されたということである。

選択は我々の手に委ねられた。我々には誰をマグナスに残すべきかを選び取ることができるということだ。

7片で構成されるそれぞれの一組は、特定のアーキタイプを象徴するものであり、マグナスにおいてその立場にあった研究者たちを象徴するものでもある。

その組にあるシャード群の過半を確保することさえできれば、我々の陣営がその研究者の命運を左右し得るようになる。

現在の研究者にマグナスのアーキタイプを今後も担わせるか、あるいは新たに別の人物を新たなアーキタイプの象徴に据えるかを選択できるということである。

我々はその大義を達成するためにマグナスを再構築する機会を得たのだ。すべてのアーキタイプを掌握すれば、マグナスを我々の目的を達成させる存在に生まれ変わらせることができる。


だが、その達成がならずとも、今現在の研究者たちをマグナスに残置する機会でもあるし、新たな可能性を切り開く構成員を加える機会ともなる。

ニューマグナスが構築された暁には、今現在は大半の研究者たちの肉体が安置されているABADNチャンバーは消失し、シミュラクラは真の肉体を取り戻すことになるだろう。

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

Manifestation-1.jpg

NIA SHARD MANIFESTATION DOCUMENT
February 10, 2017 · by PAC · in Intelligence and Other Media

I've been able to obtain this high-level NIA document that contains all known details about the upcoming Global Shard Manifestation Event.

I have transcribed its contents below:

-

As you requested, here is an update on the Global Shard Manifestation event:

The topline remains the same: The Shards will appear in the Portal Network on February 11th and will remain active within the Portal Network until March 25th.

The Shards and Targets will appear in three Phases, each Phase lasting two weeks.

The First Phase will comprise 13 (thirteen) Targets per Faction and 21 (twenty-one) Shards, three sets of seven. The Second Phase will comprise 10 (ten) Targets per Faction and 35 (thirty-five) Shards. Five sets of seven. The Third and final Phase will comprise 6 (six) Targets per Faction and 35 (thirty-five) Shards. Five sets of seven.

Any Shards that have not been captured at the end of Phases 1 and 2 will remain active within the Portal Network for subsequent Phases.

Each set of seven Shards seems to represent one of the original Niantic Researchers, a member of the so-called Niantic Magnus. More details below.

The Shards will attempt to travel along Portal Links between Portals at Level 7 (seven) or higher every 5 (five) hours, the timing for these jumps will correlate with the Septicycle Checkpoints (visible within the Intel tab of the Scanner app).

Here are the additional details our research team is able to provide at this time:

The Jumps will take place within a random window near the Checkpoint moment. It is most likely to happen within +/- 30 (thirty) seconds of the Checkpoint.

A Shard will not be able to return to any Portal it has been present on for the last three Jump Cycles.

If a Shard fails to move using an existing Link for 4 (four) consecutive Jumps, it will attempt to teleport itself to a random nearby Portal at the fifth Jump if a viable Link is not present.

Manifestation-2.jpg

In addition, we have been able to determine the following information:

2017.02.11 03:00:00 UTC
Phase 1 Shards and Targets will manifest just prior to this Checkpoint. This Checkpoint is the first anticipated Jump of Phase 1.

2017.02.18 00:00:00 UTC
Existing Targets will flip alignment (Resistance to Enlightened and vice versa) just prior to this Checkpoint. This Jump will be the first with the new Target Alignments for Phase 1.

2017.02.25 02:00:00 UTC
The Phase 1 Targets will destabilize, and Phase 2 Shards and Targets will manifest just prior to this Checkpoint. This will the first anticipated Jump of Phase 2.

2017.03.04 04:00:00 UTC
Existing Targets will flip alignment just prior to this Checkpoint. This Jump will be the first with the new Target Alignments for Phase 2.

2017.03.11 01:00:00 UTC
The Phase 2 Targets will destabilize, and Phase 3 Shards and Targets will manifest just prior to this Checkpoint. This will the first anticipated Jump of Phase 3.

2017.03.18 03:00:00 UTC
Existing Targets will flip alignment just prior to this Checkpoint. This Jump will be the first with the new Target Alignments for Phase 3.

2017.03.25
The data remains unclear on when exactly the final Target Portals will destabilize. It is possible that Targets may destabilize in stages based on local time of day.

You had asked that we determine why the Factions are engaging with these XM Shards. Our own research has not been able to uncover this, however, we were able to intercept a letter received in secret by highly connected Faction Agents earlier this week. Here are some excerpts from that letter:

Manifestation-3.jpg

A disturbance has set across the Portal Network, and the fate of the NIANTIC MAGNUS and the RESEARCHERS who formed it is in our hands.

The NIANTIC MAGNUS was created by Calvin to experiment with an ancient secret that he did not fully understand. Now is our opportunity to reshape this experiment informed by our vision for the future and our understanding of the past.

Each Niantic Researcher filled the role of a certain Archetype, and those 13 specific Archetypes, when assembled, have the potential to form a MAGNUS.

This has happened many times in the past. Calvin attempted to engineer a MAGNUS by bringing together the Researchers at Niantic.

The destruction of Lynton-Wolfe's Tecthulhu has caused the force that held the NIANTIC MAGNUS together to destabilize -- we do not know why.

What we do know is that the original Niantic researchers have been freed of the bonds that connected their Archetypes to the MAGNUS.

An opportunity rests in our hands. We have the power to choose who will remain in the MAGNUS.

Each set of 7 Shards represents one of the Archetypes and the current researcher who occupies that position in the MAGNUS.

If we can control a set by capturing the majority of the Shards within it, our Faction will have the power to control that Researcher's fate.

We will be able to choose if the current Researcher should continue to serve as their archetype in the MAGNUS, or if a new individual should be found who represents that archetype.

We have the opportunity to rebalance the MAGNUS to serve our goals... If we control all the archetypes, this MAGNUS can be reborn to serve our purposes.

But even if we cannot achieve this, we have the opportunity to retain existing researchers within the MAGNUS, or add to it new members who will bring with them a realm of possibilities and new ideas.

When the NEW MAGNUS is formed, it is likely that the ABADN Chamber holding the bodies of many of the current Researchers will destabilize -- returning those who are Simulacra to their true form.

-PAC

#InvestigateIngress

H. Richard Loeb
2017/02/10 17:34
I've been able to obtain this high-level NIA document that contains all known details about the upcoming Global Shard Manifestation Event.