エックスエム・ブリーフィングの漏洩(II)

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/02/07 16:02
機密であるはずのエックスエムや諜報コミュニティによるナイアンティック計画の調査に関するホワイトハウスのブリーフィングが新たに表沙汰となった。

初めてその一部が表沙汰になったのは数日前のことであり、こちらでご覧いただくことができる。

我々の多くにとってみればこの調査を改めて振り返ることになるし、これから我々の列に連なろうという人々にとってみれば濃密な入門書となることだろうね。

音声は高いセキュリティに護られたホワイトハウスのブリーフィングより入手したものである。

国家情報局および政府
参加者:不明

政府:
それで、望みは何かね?

国家情報局:
昨年の調査内容を反映させた情報をご用意しています。

政府:
話を戻そう。彼らはどのようにしてそれを実現する技術を手に入れたのだ?

国家情報局:
当時は試作機でしたが、エックスエム・スキャナーがデヴラ・ボグダノヴィッチ博士によって失われました。

政府:
疾病予防管理センターを私物化したあのイカれた女か。

国家情報局:
それは後々になっての話です。いずれにせよ、スキャナーはリバースエンジニアリングされ、何者かの手によってグーグルプレイ・ストアへ置かれていたのです。疑いの目はこの男に向けられたわけですが、その動機は明らかになってはいませんし、男は姿を消してしまったのです。

政府:
はっきりとさせておきたい。そのエックスエム・スキャナーとは大量に出回っているアプリなのか?

国家情報局:
極めて高い成功を収めたアプリです。こちらはイングレスのイベント模様を撮影したものです。諜報コミュニティの間ではエックスエム・アノマリーと呼ばれているものです。

政府:
このゲームの開発元はすでに調査しているのだろうね。

国家情報局:
はい、ナイアンティックラボです。我々はスキャナーの流出には関与していないとみています。

政府:
なぜ阻止することができなかったのだ?

国家情報局:
膨大なエックスエムを確保することはナイアンティック計画にとって有益であると、国家情報局におけるユェン・ニィおよびエゼキエル・カルビンの両氏によって判断されたためです。膨大なエックスエムを確保するには資金に不足がみられており、それをゲームと考えた何百万人もの人々がその不足を補ってくれると考えたわけです。

政府:
そうだな、それでカルビンとニィがそれぞれIQテック・リサーチ社とヒューロン・トランスグローバル社とに籍を置いていることも偶然だと信じろというのか?

国家情報局:
我々は疑わしい関係の調査を進めております。政府と企業間では頻繁な人の入れ替わりが行われていますので。

政府:
我々の持論が「官吏で溢れさせる」ことにないことはわかっているようだね。

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

Compromised2-470x260.jpg

COMPROMISED XM BRIEFING (PT1) - THE SCANNER
February 6, 2017 · by PAC · in Intelligence and Other Media

Another fragment of this classified White House briefing about XM and the IC's (intel community's) investigation into the Niantic Project has emerged.

The first fragment emerged a few days ago, you can find it here.

An interesting look back at the way this journey began for many of us, and a concentrated primer for those joining us now...
ber5ipbs49s22nvfem

-PAC

#InvestigateIngress

AUDIO OBTAINED FROM
HIGH-LEVEL SECURITY
WHITE HOUSE BRIEFING

NIA AND ADMINSTRATION
PARTICIPANTS: UNKNOWN

ADMINSTRATION:
So, what do you want?

NIA:
We've prepared an update that covers our investigation over the last year.

ADMINSTRATION:
Go back. How did they come into possession of the technology to do this?

NIA:
The XM Scanner, then in prototype, was lost by Dr. Devra Bogdanovich.

ADMINSTRATION:
The crazy lady who took over the CDC?

NIA:
Much later. Anyway, the Scanner was reverse engineered and placed onto the Google Play Store by an unknown actor. Though suspicion has fallen on this man. His motives are unknown. And he has disappeared.

ADMINSTRATION:
Let me be clear... The XM Scanner was a mass-marketed app?

NIA:
A very successful one. These are shots of Ingress events. They're referred to in the IC as XM Anomalies.

ADMINSTRATION:
Have you investigated the makers of this game?

NIA:
Yes. Niantic Labs. We do not believe they were involved in the theft of the implications of the Scanner.

ADMINSTRATION:
And why wasn't this stopped?

NIA:
A decisions was made at the time by Yuen Ni and Ezekiel Calvin, both then of the NIA, that the mass harvesting of XM would be beneficial to the Niantic Project. Lacking the funds for mass harvesting, they figured millions of people thinking this was a game would make up the shortfall.
lightman4tm34zf3

ADMINSTRATION:
Yeah, and we're supposed to believe that it's an accident that Calvin and Ni are now at IQTech and Hulong Transglobal, respectively?

NIA:
We are investigating some questionable relationships...government-corporate revolving doors...

ADMINSTRATION:
You realize our campaign motto wasn't 'fill the swamp', right?

H. Richard Loeb
2017/02/07 16:02
Another fragment of this classified White House briefing about XM and the IC's (intel community's) investigation into the Niantic Project has emerged.

The first fragment emerged a few days ago, you can find it here.

An interesting look back at the way this journey began for many of us, and a concentrated primer for those joining us now...

-PAC