ナイアンティック計画研究施設(IV)

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2017/01/20 11:10:34
協力者によれば、ジェイ・フィリップスの指示でナイアンティック計画研究施設の現況に関して用意された報告書は今回の断片で最後だとのことだ。もっとも、過去に回収されたものも含め、これらの断片が報告書の最終稿となったのかはわからない。我々の入手したものはいずれも国家情報局の内部で作成中に破棄された草稿に過ぎないのだからね。

これらの断片を読むにあたっては先日ハンクが語ったことが脳裏を離れずにいる。真実と虚構を織り交ぜつつ自らの安全を確保する手法をだ。

この断片には如何ほどの真実があり、如何ほどの虚構が意図的に紛れ込まれているのだろうか。国家情報局はどのような目論見があって研究施設の現状を偽ろうとしているのだろうか。果たして奴らは何を隠しているのだろうか。

確かなことは、ナイアンティック計画研究施設は今なお他のポータルでみられるエックスエム放出水準を遥かに凌ぐ極めて強力なポータルとして機能しているということだ。エックスエムとダーク・エックスエムの相互作用による副産物であることが特定されている貴金属を調べたところ、下層の研究区画で検出された。ナイアンティック・ポータル自体あるいは研究施設内の何処かで今なお断続的にダーク・エックスエムが生成されている可能性があるものの、湧出源の特定に関してはことごとく失敗に終わっている。

施設の監視に協力してくれているHAZDATAのスタッフには「亡霊が現れる」ような場所だと訴える者がいることに留意すべきだ。これは日常的に用いられる意味ではなく、カリフォルニアのエンライテンド集落やヤーハンの館といった場所で指摘されているような時間的不連続性や今なお説明し得ぬ事象とも言うべきもののように超次元的な存在として「存在して」いるに違いないという意味だ。お分かりのとおり、これは監視報告と歴史的経緯にもとづいた憶測に過ぎない。現時点ではポータルに関連したエックスエム活動以外に検出されてはいない。

施設の監視を行っていたHAZDATAスタッフのひとりが11月12日にナイアンティック計画研究施設でエックスエム活動の急増が起き、激しい認識不全を引き起こし聴覚に異常を訴えた者がいることも留意せねばならない。これはモイヤー・テクトゥルフが破壊された時期に一致しているが、その意味するところはわからない。

ファイル終了

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

seker4.jpg

THE FACILITY - IV (FINAL FRAGMENT)
January 19, 2017 · by PAC · in Intelligence and Other Media

My source tells me this is the last fragment of the report prepared for Jay Phillips about the current state of the Niantic Facility -- I do not know, however, if these fragments (both today's leak and the previously recovered sections I, II and III) reflect the final state this report will take -- all we've been able to recover are these pieces of discarded drafts created during the NIA's internal preparation process...

I keep thinking about what Hank was talking about a few days ago as I read these fragments -- how he uses a mix of truth and disinformation to create a safety buffer around himself.

How much of this is truth and how much is intentional disinformation? What motivations do the the NIA have to lie about the current state of the Facility? What could they be hiding?

-PAC

#InvestigateIngress

What is clear is that the Niantic Project Facility continues to function as an extremely powerful Portal with emissions of XM at levels that exceed most other known sources. Traces of precious metals, a known by-product of XM/Dark XM interaction, have been detected in some of the lower lab levels. It is possible that either the Niantic Portal itself or some other aspect of the Facility may produce intermittent Dark XM flares, but attempts to identify the source or sources of these emissions have failed.

It should be noted that a few of HAZDATA staff who help monitor the facility claimed that the site appeared to be 'haunted.' You will note that I am not using this term in the colloquial sense, but in the sense that the site might be 'alive' as a transdimensional entity in the way that other sites such as the Enlightened Compound in California and Jahan's Palace have been noted to be -- providing a gateway for activity and/or incarnations that could represent temporal discontinuity or other phenomenon that remain unexplained. This, as you know, is speculation based on observer accounts and historical sources only. Our equipment at this point is not able to detect anything other than Portal-related XM activity.

It should also be noted that one HAZDATA staffer who was monitoring the facility on November 12th noted a sharp spike in XM activity at the Niantic facility, and reported hearing sounds as well as experiencing strong disorientation. This corresponds to the destruction of the Moyer Techthulhu. We can draw no conclusions as what this may mean.

:EOF

H. Richard Loeb
2017/01/20 11:10:34
My source tells me this is the last fragment of the report prepared for Jay Phillips about the current state of the Niantic Facility...