オペレーション・ポータルリコン概説

3DCircleWithoutShadowTransparent.pngフェヴ・ゲームス(fev games)
2016/12/10 06:12:47
オペレーション・ポータルリコンで評価を受けたポータル出現の報が届きました。また、電子メールで不採用の連絡があったとの報告も挙がっています。

portal_recon_featured-620x350.png

2016年11月17日 Fevenis 著
オペレーション・ポータルリコン

ポータル申請が新たな手法で戻ってきました!

新規ポータルの申請が廃止されたイングレス・アプリケーションパッケージ 1.77.0 が適用は残念な出来事でした。

disablePortalSubmission.gif

1年ちょっと経過してしまいましたが、#IngressYear4 はオペレーション・ポータルリコンという大変な驚きをもたらしてくれました。

ジョン・ハンケが Tech Crunch へこの新たなポータル申請に関する詳細を明かしたのです。

前ポータル申請の略歴
イングレスの黎明期、ナイアンティック社はあらかじめ教会や消防署、博物館や郵便局をマップ上に用意しました。これがイングレスの基盤となる招待者たちの基本的なプレイフィールドとなりました。その後ナイアンティック社はゲーム内報酬としてメダル獲得できるようにすることで、エージェントが数多くの申請を行うよう促しました。ご存じでないかもしれませんが、このメダルはレベルの上昇にも加味されたことで、ポータル申請の更なる動機となったのです。

fev_seer.png

ポータル申請の完全な機能廃止に先立つ2014年12月31日にメダル獲得は廃止され、その時点でブロンズメダル獲得の最低条件である10に達していなかったエージェントにはメダルの存在そのものが見えなくなり、スキャナー上でロック状態のメダルを見ることもなくなりました。当初、ナイアンティック社はエージェントがイングレスのインフラを発展させ、ポケモンGOへ転用することを期待していました。しかし、動機を与えたことが誰かの家の前にある置物のような数多くの「ゴミポータル」も申請されていくことになったです。その積み重ねがナイアンティック社のポータル審査担当者を圧迫し、膨大な審査待ちを生み出すことになりました。

オペレーション・ポータルリコン
portal_recon.png

新たなポータル申請とも言えるオペレーション・ポータルリコンによって、エージェントは(ひとたび設定すれば変更することのできない)自らのホームタウンに眠るポータル候補に対してフィードバックを行えるようになりました。加えてボーナスエリアを設定することもでき、これはホームタウンとは異なり年一回変更することができます。

portal_recon_home.jpg

エージェントは5段階でポータルの詳細項目に対するフィードバックを行うことができます。ここまでのところ、確認されている項目は次のようなものです。

  • これはポータルにすべきですか
  • タイトルは正確でしょうか
  • 歴史的に重要でしょうか
  • 特徴的な見た目でしょうか
  • 場所は正確でしょうか
  • 安全にアクセスできるでしょうか
  • 重複はありませんか

portal_recon_mobile-697x1024.png
portal_recon_japan-1024x447.png
portal_recon_review_screen-1024x576.jpg

過去のポータル申請によって、その取扱いが極めて困難であることが明らかになって以来、ナイアンティック社はこの新システムに「人為的な介入」がないことを期待しています。

クローズド・ベータ
ミッション作成ツールと同様に、このツールの最初の展開はクローズド・ベータとなります。今のところわかっている限りでは、その参加要件は次のとおりです。

  • サンフランシスコあるいは東京で有効化
  • イングレスにおいてレベル16に到達
  • 特別な招待

場所に関して言えば、どちらもナイアンティック社のオフィスの所在地ですから驚くべきことではありません。レベル16の参加要件がクローズド・ベータの終了後も継続されるかはわかりません。

2016年11月17日16時30分(東部標準時)更新 Sean Graham 著
まず、対象地域にいる全てのレベル16エージェントが招待されるかに見えますが、それほど簡単なものではありません。対象エージェントには「トレーニングコース」が用意されており、優れたポータル候補に「習熟」していることを証明するためのテストに合格しなければならないのです。このテストに合格できなかった場合には、おそらくベータ終了までになるでしょうが、参加資格が与えられません。

recon_training5-658x1024.pngrecon_training2-576x1024.pngrecon_training3-576x1024.pngrecon_training1-576x1024.pngrecon_training6-576x1024.pngrecon_training4-660x1024.pngrecon_training7-576x1024.png

テストに合格したエージェントは、ミッション作成ツールと同様の別ウェブサイトにあるツールへアクセスすると周囲にあるポータル候補が提供されます。

このツールを介して処理されるポータル候補は即時にあるいは自動的に出現するわけではありません。今回のクローズド・ベータはキャリブレーションと検証のために行われています。おそらくはナイアンティック社にポータルの承認権者がいて、最終的な判断を下しているのでしょう。

もうひとつの興味深い機能はポータルリコンのホームページ上でも確認できる「陣営」ベースのスコアが存在することです。この機能によって申請数が記録されていき、1日1回世界協定時午前0時に「チェックポイント」が発生しています。これは時間経過によって記録されていくことを意味していますが、それがグローバル単位になるのか地域ごとになるのか、あるいは現在のスコアシステムのようにセルごとになるのかは今のところわかりません。このスコアが何かしら品質保証にもとづいていることを期待しています。

portal_recon_access_granted.png

ポケストップへの影響
イングレスへより多くのポータルが出現していっている一方で、後々にはそれがポケストップやジムとなる可能性もあります。ポケモンGOのための配置には、ポケモンGO現象が起きて以来、より慎重な調査が行われていくことでしょう。ポケモンGOのトレーナーから非常に歓迎される場所もあれば、断固として拒絶される場所もあるのです。秘密裏にやり取りの行われるジオキャッシングやイングレスとは異なり、ポケモンGOには隠密性が求められてはいません。ポケストップやジムには、イングレスのポータルに求められる基準と比較してどのようなことを考慮すべきか把握しておかなければなりませんね。ナイアンティック社が同様の機能をポケモンGOのトレーナーへ提供するのか、それとも熟練したイングレスのエージェントを活用して今後の場所を吟味していくのかは興味深い点です。

poke_stops.png

イングレス2.0
アプリケーションパッケージ1.108.1で発見した新たなマップタイル・エンジンといったイングレス2.0の手掛かりを私たちは把握しています。また、 LibGDX に代えてポケモンGOで活用しているUnityを用いるのではないかとの憶測もあります。Tech Crunch との対談において、ジョン・ハンケは次のように述べていました。

「イングレスチームは次期バージョンの実現に向けて作業に没頭していますよ。今後数ヶ月をかけてじっくりと話し合っていきますが...我々の目指す進化を実際に幾つか可視化させていますよ。私たちは次世代のイングレスへ向けて積極的に取り組んでいるのです。」

この発言によってイングレス2.0の存在は裏付けられたのです。このゲームにどのような変化が起こるのか、今現在私たちの知るイングレスとどのように異なるのか、興味深いことです。2014年にブランドン・バジャーの仄めかしたレベル9以上のエージェントのための新たな武器が登場するのかもしれませんね。

badger_L9_weapons.jpg

総括
今回の新たなポータル申請は、コミュニティが長きにわたって要望してきたものです。私たちの声が届いたその結果に大変興奮しています!シーアメダルが復活するかはわかりませんし、そういった動機が申請に及ぼす悪影響をナイアンティック社が認識しているかもわかりません。まずは膨大な従前の申請から着手し、私たちがイングレスとポケモンGOへもたらす新たな素晴らしい場所を見ていくことにしましょう。そして、従前の申請を処理し終え、ナイアンティック社が新たな申請をどのように扱うかを見ていきましょう。

fev games
2016/12/10 06:12:47
Reports are coming in of the first portals to go live that were reviewed via Operation Portal Recon. Rejection e-mails from reviewed portals are also reported to be going out.

https://fevgames.net/operation-portal-recon/

#Ingress #FevGames #Niantic

Published on November 17th, 2016 | by Fevenis
Operation Portal Recon
(AKA Portal submissions coming back in a new way!)

It was a sad day when Ingress APK 1.77.0 dropped, removing the ability to submit new portals.

-

It was been a little over a year now and #IngressYear4 has unveiled a huge suprise: Operation Portal Recon. John Hanke sat down with the Tech Crunch news blog, who broke the details of this new version of portal submissions.

Quick history of previous version

In the early days of Ingress, Niantic pre-populated the map with known churches, fire stations, museums, and post offices. This gave us the base playing field for Ingress, allowing the initial invite-only user base to interact with the game. Niantic then incentivized agents to submit as many of these portals as they possibly could to obtain an in-game reward/medal. Medals (as you may or may not know) can also count towards leveling, which was a further incentive to submit portals.

-

Prior to the removing the ability to submit portals all together, the medal incentive was suspended on Dec 31, 2014, which also hid the badge for agents who didn't meet the minimum 10 to get bronze. Newer agents don't even see this as a locked medal on the scanner. While at the start, Niantic was hungry to have the agents grow its infrastructure for Ingress (which translated to Pokémon GO). Giving incentives also lead to many portals known as "trash portals", such as a garden ornament in someone's front yard. The combination of all this lead to a queue so massive that the Niantic portal reviewers packed up their bags and went back to their home land.

Operation Portal Recon

The new portal submission, Portal Recon, will allow agents to give feedback on potential portals in their hometown (once set, this location CANNOT be changed). Additionally, you are also given a bonus location. Unlike your hometown location, this can be changed once a year.

-

Agents will give feedback on the details of the portal being submitted via a 1-5 star system. These are the fields mentioned/seen so far:

  • Should this be a portal?
  • Is the title accurate?
  • Is it historically significant?
  • Is it visually unique?
  • Is the location accurate?
  • Can it be safely accessed?
  • Check duplicates.

-

Since the portal submissions in the past have proven to be far too much to handle, Niantic is hoping that this new system will have "no human intervention." There will an algorithm that approves and creates the new portal, based on positive feedback given from agents.

Closed Beta

Like with the Mission Creation Tool, the initial roll out of this tool will be in closed beta. As we understand things currently, these are the current pre-requisites for closed beta:

  • Live in San Francisco, USA or Tokyo, Japan
  • Reached Level 16 in Ingress
  • Specially invited to participate

The location restriction is no surprise, as Niantic has physical offices in both. It is unknown if the L16 requirement will persist outside closed beta.

[Update 17-Nov 16:30 ET - by Sean Graham]

Initially it appears that all L16 agents in the areas will be invited, however it's not that simple. There will be a "training course" that the agent must take, as well as a test that must be passed, in order to prove that the agent "knows" what a good portal candidate is. If the agent fails the test they will not be eligible to participate until a later date (presumably after it leaves closed beta).

-

After the agent has passed the test and accesses the tool (a separate website like the mission creator tool is), they will be provided with portal candidates around their location.

Portal candidates processed through this tool will not go live immediately, or even automated. This closed beta is being used to calibrate and test the system. Presumably there will still be Niantic portal approvers who will have the final say during this phase.

One other interesting feature is that there will be a "faction" based score available on the portal recon home page. This will keep track of the number of candidates analyzed and submitted, and there will be a "checkpoint" once per day at midnight UTC. This implies that it's also tracked over time. We do not yet know if it is global, only in your areas, or cell based like the current scoring system. We can only hope that this score is somehow based on high quality reviews, and not just all reviews submitted.

-

(special thanks to a few SF Bay agents including Pete VR for the updated information!)

More PokéStops?

While more portals are introduced into Ingress, they will likely turn into PokéStops and Gyms at a later time. Locations for Pokémon GO likely will be under more of a microscope since the Pokémon GO phenomena. Some locations are very welcoming of Pokémon GO trainers, where some absolutely do not want it at their location. Unlike geocaching and Ingress, where one is secretly interacting with their environment, Pokémon GO is not so stealthy. We'll have to see what considerations go into PokéStops/Gyms vs. the criteria needed to be an Ingress portal. It'll also be interesting to see if Niantic ever offers this type of feature to Pokémon GO trainers, or if they'll keep vetting new locations with seasoned Ingress agents.

-

Ingress 2.0

We've seen changes that hint at an Ingress 2.0, like with the new map tiling engine found in APK 1.108.1. There is also speculation surrounding the use of Unity (what is used for Pokémon GO) vs LibGDX. In the interview with Tech Crunch, John Hanke said the following:

"The Ingress team is hard at work imagining what the next version of Ingress is going to be. We'll have more to talk about there in the coming months... but I've seen some really exciting visualizations of how we want to evolve that game. We're actively working on what will be the next incarnation of Ingress."

This just further proves the existence of Ingress 2.0. It'll be interesting to see what changes come to the game, and how different it'll be from the Ingress we know today. Perhaps the along awaited new weapons for L9+ agents teased by Brandon Badger in 2014?

-

Conclusion

This new version of portal submissions is something the community has been requesting for a long time. Our cries have been heard and we're super excited to see where this goes! We also are wondering if they will bring back the Seer medal, or if they also saw that incentive as having a negative impact on submission quality. Let's see what new and exciting locations we can bring into the worlds of Ingress and Pokémon GO, starting with the massive backlog that exists first. After the backlog has been demolished, we'll see how Niantic handles the brand new submissions.


Additional information added. - Sean Graham 11/17

Editorial edits completed. - Robert Walker 11/17

Screenshots added. - Fev 11/17