VINOIR:その8

photo.jpgヴェルム・インヴェニリ(Verum Inveniri)
2016/11/11 20:21:17
ヴェルム・インヴェニリ・プロダクション第八節。
第七節に関してだが、867-5309 にはエリアコードがないね。

- 8 -

その数字は何故か馴染みがあった。何年も前に事務所へ引いていた匿名の垂れ込み回線を思い出させたのだ。何処か正しくはなかった。新たな関連が形作られようとしていたが、向かっている場所は特に気に食わなかった。すぐにでも逃げ出す手立てを見つけ出さなければならなかった。

降ろされると、また椅子に縛り上げられ、薄暗い部屋に放置された。扉が施錠されたことは気に留める必要がなかったし、手錠や椅子が随分とましなものになったこともどうでもよかった。私にとって幸いだったのは、奴らが上着を確認しなかったことだ。身体を捩じるとピッキング道具を掴み取り、束縛から逃れるためゆっくりと作業を進めた。時折見張りが通る際には手を止め、恐怖し諦めた姿をしなければならなかったが、半刻の奮闘を経てゆっくり押し込み捻ると錠が外れた。

見張りの巡回頻度を観察して脱出の計画を練ると私は扉へ向かった。ゆっくりと玄関ホールへと向かおうとしたときのことだ、脇から押し殺した声で「どうか...助けてくれませんか?」と聞こえた。

そこはならず者やゴキブリが隠れ潜むよりもわかりづらい場所だった。振り返ると「バイシー」と書かれた部屋にその女は座っていたのだ。シャーリー・マドフだった。

Noir08.png

Verum Inveniri
2016/11/11 20:21:17
VINoir, part 8.

For part 7: 867-5309 was missing the area code.

#Ingress #ViaNoir

- VIII -

That number was strangely familiar. It reminded me of an anonymous tip line I had set up in my office years ago. Something wasn't right here. New connections were beginning to form, and I didn't particularly ilike where they were heading. I needed to find a way to get out, and get out soon.

They dropped me, still cuffed to the chair, in a dimly lit room and left. Didn't bother locking the door, presuming that the cuffs and chair would be good enough now. Lucky for me, they never did check my coat, and after enough contortions, I grabbed my pick set and slowly started to work on freeing myself. I had to stop and put on the right combination of fear and resignation when the occasional guard passed by, but after about a half hour of struggle, I finally got the pins to set, and the lock twisted open with a soft click.

Watching the pattern of the guards, I finally planned my escape and made my way to the door. I slowly started down the hall when I heard a quiet voice call from my side. "Please ... Can you help me?"

It seemed this place was hiding more than just goons and cockroaches. I slowly looked over my shoulder and saw her sitting in a room marked "byiesi." Shirley Madov.