VINOIR:その5

photo.jpgヴェルム・インヴェニリ(Verum Inveniri)
2016/11/09 19:37:04
ヴェルム・インヴェニリ・プロダクション第五節。ダラー氏はノワールに関する書籍を著した。

- V -

しばらくしてのことだ、どのくらいの時間が経っていたのかはわからなかったが、ようやく停止した。私を閉じ込めたのが誰であろうと驚きを押し隠そうと懐中電灯をしまっていたから、目は闇にすっかり慣れていた。トランクが開き眩い光が射し込んだときの驚きは...そうだね、表現し難いものだった。

語気鋭い声が聞こえ、すぐにトランクは閉じられた。「いくら払うと思っているんだ、どうして目隠し手していないんだ?さっさとやれ。」次にどうなるかは判りきっていた。トランクが開かれるとすぐさま三人の男が私を掴み、為す術なく路上に下ろされるや頭に袋を被された。どうやら男たちは金にありつくことができそうだ。

肩をがっしりと掴まれたまま少しばかり歩かされた。おそらくは戸口までのことだったのだろう。立ち止まると誰かがアクセスコードを口にした。1-2-8 だった。扉が開かれると不穏な気配で出迎えられた。天井から不気味垂れているのは、裸電球だった。

Noir05.png

Verum Inveniri
2016/11/09 19:37:04
#VINoir, Part 5. Mr. Dollar wrote the book on noir.

#Ingress #ViaNoir

- V -

Some time later, I couldn't be sure how long, we finally came to a stop. I had put the flashlight away to keep some element of surprise on whoever had grabbed me, so my eyes were fully primed for the darkness. Which made it quite a shock when the trunk opened in the bright glare of ... Well, I couldn't tell.

The trunk quickly slammed shut again as I heard a voice shouting. "What am I paying you guys for? Why isn't he blindfolded already? FIX IT." I knew what was coming now, but still couldn't put up much of a fight as three men grabbed me immediately on opening the trunk, a bag thrust over my head as my feet hit the pavement. Looks like they might be earning their pay after all.

I was firmly led by the shoulders for some distance, until we presumably reached a door. We stopped there while someone recited off a code to gain access: one-two-eight. The door opened, and an unwelcome chill greeted me from the other side. Hanging from the ceiling ominously was a naked lightbulb.