アプリケーションパッケージ解析 [1.108.1]

3DCircleWithoutShadowTransparent.pngフェヴ・ゲームス(fev games)
2016/11/04 00:24:41
イングレスに新たなバージョンが到来しました!Connor Tumbleson がバージョン 1.108.1 とその内容をお伝えします。

1-108-1.png

アプリケーションパッケージ解析 [1.108.1]
皆さん、ごきげんよう。新たなアプリケーションパッケージ解析へようこそ。2週間周期は元に戻り、今回のバージョンは第3週目はじめに公開されました。今回のバージョンでは、予想通りビアノワールの資産が含まれていましたし、興味深い地図変更も含まれていました。それでは見ていきましょう!

ビアノワール・ビーコンの追加
現時点では意外な点はありません。フラッカーとビーコンが登場して以後、シリーズ毎にアノマリーのビーコンは出現してきています。近々行われることでしょう。

<string name="POWERUP_DESCRIPTION_VIANOIR_BEACON">Display Via Noir symbol above target Portal for 4 hours.</string>
<string name="POWERUP_NAME_BEACON_VIANOIR">Beacon - Via Noir</string>

新マップタイル・エンジン
現時点ではいずれの地域でも有効化されてはいません。

過去三年間にわたり、イングレスでは内部コードで GMM と呼ばれるグーグルマップが活用されてきました。バージョン 1.108.1 の公開でマッププロバイダー形式の変更機能が備わったのです。これは内部的な動作ではなくユーザーによって設定可能なものです。新たに追加された選択肢にはオープンストリートマップがありました。この機能を用いれば、自ら「マップタイル」を用意することもできますし、興味深いカスタマイズが可能となるでしょう。ナイアンティックはこういったマップタイルをバージョン2.0へ向けた経費節約に活用することもできます。

niantic-maps-beta/ntp-maptiles の存在は確認できており、ナイアンティック・マップのベータ版が開発されていることを示唆しています。この新たなタイルシステムは一時的にサンフランシスコ周辺地域で有効化されました。

gmaps.png

これは既に通常の状態へ戻されているため該当地域へお住まいであっても特別なものは確認できないでしょうが、再度有効化された際には何かしら確認できるに違いありません。

総括
ビーコンに関しては予期していたことですが、新タイル・エンジンの開発には完全に虚を突かれました。新たなグリフの出現もあわせ、イングレスはまだまだ興味深い更新が続けられています。それでは、アノマリー初夜にはマイアミでお逢いしましょう。

fev games
2016/11/04 00:24:41
A new Ingress version has appeared! +Connor Tumbleson takes you through 1.108.1 and the goodies it holds.

Published on November 3rd, 2016 | by Connor Tumbleson
Ingress APK Teardown [1.108.1]

Hi everyone and welcome back to another Ingress teardown. While we are used to two week release cycles, this version came at the beginning of Week 3. This version contains a few anomaly expected assets and an interesting map change. So let's jump into it.

Via Noir Beacon Added

I'm sure this isn't even surprising at this point. We get an anomaly beacon every series when the Fracker/Beacon store item launches. I assume this is nearby.

<string name="POWERUP_DESCRIPTION_VIANOIR_BEACON">Display Via Noir symbol above target Portal for 4 hours.</string>
<string name="POWERUP_NAME_BEACON_VIANOIR">Beacon - Via Noir</string>

New Map Tiling Engine

This is not currently live anywhere.

For the past 3 years, Ingress has been running off Google Maps (code-named GMM internally). In the release of 1.108.1, we gained the ability to switch between map provider formats (Behind the scenes, not a user controllable setting). The other added option was OSM or Open Street Map. With this method, you can host the "tiles" yourself and add some interesting customization so Niantic could be exploring these tiles for 2.0, saving money or more.

We can see that niantic-maps-beta/ntp-maptiles exists which shows that a beta of Niantic maps is under development. This new tiling system was temporarily enabled for the surrounding area around San Francisco.

This has already been reverted back to normal, so even if you live in that red box you won't be seeing anything special, but you might if it becomes reactivated.

Conclusion

The beacon change was expected, but development towards a new tiling engine caught me completely off guard. This paired with the new glyphs that launched shows that Ingress is still receiving some interesting updates. I'll see some of you in Miami for the first night anomalies of this game.