週間総括:2016年10月16日

pac4.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2016/10/17 17:00:45
ビアノワールだって?それが何を意味しているのかはわからないが、我がフェドーラと私自身は闇と共にある...とは言え正直なところ、事態は急激に雲行き怪しくなっていっている。

クルーの正体、そしてその目的、エイダに対するトロイの木馬となっていた可能性といった疑念をコダマが挙げた。今週はコダマが以前挙げていた疑念へ私自身の懸念をまじえて応じたわけだが、オリバー・リントン=ウルフも応じていたね。諸君のなかからもクルーの正体に関する考察があったが現時点ではここまでにしておこう、参考とはならないからね。私はコメントでコダマへ応じたが、むしろリントン=ウルフの方が憤慨して投稿とコメントとで応じていたね。その日のやりとりを要約すれば、コダマの隠し持つ目的は何なのか、ということだ。

私がコダマの真意を絞り込めてはいないとお思いなら、2016年10月14日に投じたクエスチョン・オブ・デイをご覧いただきたい。実に31%の諸君がコダマには隠し持つ目的があると考えており、彼女の行動を誠実と受け取った諸君は僅か17%しかいないのだ。

ハンク・ジョンソンが幾つか白状したね。スザンナ・モイヤーとどのようなやりとりがあったか公にしたのだ。ハンクがスザンナをアコライトと引き合わせたようだね。だが、奴がかねてより口にしているテクトゥルフとは一体何なのだろうか。我々が突き止めなければならないことだと感じているよ。

スザンナは直接インドへ向かったわけではないと以前から考えてはいた。思い至るべきだったね、スザンナは訓練を受けた諜報員であったということに。その点でコダマは正しかったわけだが、どこへ赴いたのだろうか。

ハンクはスザンナがアコライトの集落やブエノスアイレス、ブレッチリーパークといった地へ赴いたと示唆している。その共通性に気づいただろうか。挙げられた場所を並べて機械で動く海の怪獣や反りのある鐘、奇異な儀式やチューリング・マシンの画像を引っ張り出した者はいるだろうか。おそらくは私くらいのものだろうね。

最後となったが、ハンクのミスカトニック・ストーリーが明らかとなった。ネクロノミコンとも呼ばれる書を見てハンクが精神を侵されたなどと考えるべきではないが、それを見ればどうなるかは周知のことだろう。まだご覧になっていないのであれば、ハンクの件に対するライトの所見を読むがいい。果たして...ハンクの精神は侵されてしまったのだろうか。

スザンナ、ハンク、ライト、クルーが絡み合い始めている、それはまるでフィルム・ノワールのように。

赴くとしよう。私は必ず戻ってこよう。そうあることを願っているさ。

それでは次回またお逢いしよう。

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

weekly36.jpg

PAC'S WEEKLY WRAP-UP: OCTOBER 16, 2016
October 16, 2016 · by PAC · in Via Noir: Weekly Wrap-Ups

Via Noir? Not sure what it means, but my fedora and I are all in on anything noir... At the same time, let's not kid ourselves, things could go dark fast.

Kodama questions who Klue is -- and what her purpose is -- whether she might have been a trojan horse of some kind aimed against ADA. I responded to her earlier in the week with some of my concerns -- Oliver Lynton-Wolfe did too -- and that's where things stand right now. Some of you have also speculated on Klue's original identity (I'm going to leave that alone right now... it's not helpful). My response to Kodama is in the comments here and Lynton-Wolfe's (rather heated) reply to her is in the thread and comments here. At the end of the day, this really boils down to: What is Kodama's agenda.

If you think I'm the only one who's not certain of her motives, check out theQuestion of the Day results from 10/14. As of this post 31% feel she's got a hidden agenda... only 17% think she's acting in good faith.

Hank Johnson shared a couple of confessions -- revealing details of conversations he had with Susanna Moyer. It seems Hank was the one who connected Susanna to the Acolyte. And what is this Tecthulhu he keeps mentioning? I have a feeling we're going to find out.

Susanna did not go directly to India as previously believed. I should have known. She's a trained operative. Kodama had that right. But where did she go?

Johnson suggests she was going to the Acolyte's compound, Buenos Aires, Bletchley and somewhere else. Anybody else see a pattern? Does anybody else see that list of places and get images of mechanical sea monsters, warped bells, weird rituals, and Turing machines? Maybe it's just me.

And finally we have Hank's Miskatonic Story. You don't have to think he was mind-hacked to guess he saw the book some know as The Necronomicon. And we all know what happens when you look at that. If you don't, read Wright's response to Hank. So... was Hank mind hacked?

Susanna, Hank, Wright, Klue: This is beginning to snake together like, well, a film noir.

I'm out. But I'll be back. Hopefully.

Until next time.

-PAC

#InvestigateIngress

H. Richard Loeb
2016/10/17 17:00:45
PAC'S WEEKLY WRAP-UP: OCTOBER 16, 2016

Via Noir? Not sure what it means, but my fedora and I are all in on anything noir... At the same time, let's not kid ourselves, things could go dark fast. Let's look back at what's happened over the last few days in the Investigation.

前へ

スザンナのビジョン(II)の復元

次へ

ボールトと次元界の考察