スザンナのビジョン(II)の復元

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

Yik Sheng Lee
2016/10/17 03:05:43
スザンナ・モイヤーの生死を憂慮したエンライテンドが、リチャード・ローブの投稿に示されたポータルでフェリシア・ハジラ=リーの文献を確保するため世界的な協力関係を築きました。

その功績が認められたエージェントの皆さんは次のとおりです。

- @yeizii :メキシコシティ(メキシコ)
- @nifffer :モントリオール(カナダ)
- @Gannes :スラバヤ(インドネシア)
- @Cricetina, @Degaden :キール(ドイツ)
- @Shaahin :マドリード(スペイン)
- @aharmlessbunny :パース(オーストラリア)
- @matsuoki, @tsgmt, @RHYMEmint :姫路(日本)
- @JackFlorey, @anarchyrose :ロサンゼルス(カリフォルニア州)
- @Th3Revenant :ビッグサー(カリフォルニア州)
- @vjnwarp, @FifteenStar, @EvieMillie :マニラ(フィリピン)
- @TheGameofTrolls :パターソン(ニュージャージー州)
- @Peanutsmom :ナッシュビル(テネシー州)
- @x4ndz :サンパウロ(ブラジル)
- @NAVI105 パラグアリ(パラグアイ)

二枚のフェリシア・ハジラ=リー文書を確保したにもかかわらず、いまだ謎は数多く残されています。

ですが、確かになったこともあります。ナイジェル・モイヤーの死に責を負うべきヤーハンやスミス、アンチマグナスといった人々、イージスノヴァの活性化に恩恵を得た検出アルゴリズムやオリバー・リントン=ウルフ、ヤーハンといった人々、そしてエイダによる指示のもとアコライトの集落を襲撃した国家情報局といった人々は、ナイジェルのボールトへ通じるパスワードを狙っています。そして、ナイジェルに対してそうであったように、必要あらばためらいなくスザンナを殺害することでしょう。ナイジェルを追った人々がスザンナへ迫っていることを不可解な形で警告しているのです。私は以前ハウクラフト原稿の著者が記述したディー・グロッケ施設でのエイダ起動にスザンナが関与し、残酷な結末を辿ったと推察を巡らせましたね。

ナイジェルのパスワードはスザンナの手を離れたことを意味しているのかもしれません。スザンナには使用できないのか処分した可能性があります。最も懸念することは、スザンナがテクトゥルフの憑代とされるかもしれないということです。早急に新たなスザンナのビジョンを復元せねばなりませんね。

-

女はビッグサーにある渦巻き模様の天使壁画からさほど遠くないハイウェイ1の路肩でウーバーから降りた。女は一瞬目を懲らしたが、道路を下り始めた。右手には海が、左手には林がひろがっていた。ジョンソンが言うには、アコライトは歓迎の意を示し確かに乗り気であったという。

半刻が経ち、女は目的の集落と思われる場所へと辿り着いた。遠目には古びた小屋が点在していた。指示されていたとおり、女は路上で待った。深呼吸すると磯の香りや松の香りがした。逸る気持ちを落ち着けようと瞳を閉じる。「ここにいるのよ、スザンナ...」女はそう己に語り掛けた。女が立っているのは世界で最も美しく、そして最も神秘的な場所だった。何十年にもわたって教祖や芸術家、詩人が脚を向けていた場所だ。更に遡れば、おそらくは呪術師がこの地を巡礼していたことだろう。

あらゆる地が同じというわけではないのだ。

女に一瞬の疑念がよぎった。消えてしまうのではないかと。当座を凌ぐための偽造パスポートや充分な金銭は用意していた。奴らとていずれは捜索を断念するはずと信じて。

父親のナイジェル・モイヤーが死に際に女へ伝えたパスワードを暴露しさえすれば、奴らも捜索を止めることだろう。誰しもへ公表することはできる。そうすれば、奴らが女を殺害する意味は失われるのだ。あるいは失われることはないというのだろうか。

しばらくは情報網から逃れておくことが賢明に思われた。忘れ去られた砂浜を探すか雑踏に身を潜ませるかだ。実際、ここから程近い林の中にある小屋は相応しく思えた。ポータルや情報網から離れた場所にあることはわかった。電話も持たず、カメラも持たず、帽子とサングラスで姿をごまかし、足跡を隠した。奴らの捜索は困難を極め、時間を要すると思われた。あるいは困難とはならぬのだろうか。エイダやオムニボアが関与していたなら、奴らが断念することはない。人工知能にとっての問題になれば、決して断念することはないし時間切れも資金切れもない。人員の再配置も必要ない。人工知能とは、決して屈せぬ存在なのだ。

だが、エイダはオフライン状態となったはずだ、と女は考えた。「はずだ」というのは状況は進展しているからだ。そして、オムニボアは健在であった。

「あなたを安全な場所へお連れしましょう」と声が聞こえた。女は大いに驚いたが、跳び上がるようなことはしなかった。なんとか落ち着かせた。それは柔らかでなだめるような声であった。

女が振り返るとそこには、道路脇に立つアコライトの姿があった。「なんてことなの...」

「あなたがやってくる姿なんて見てなかったわ」

「いずれにせよ、あなたに察知することは無理だったでしょうね。私たちは異なる時の流れに身を置いていたのですから。」

「未来から来たということかしら?」

「たった今、過ぎ去りましたよ。考えてみれば、パラドックスの類ですね。」

IMG_20161017_014445.jpg

Yik Sheng Lee
2016/10/17 03:05:43
Finding Susanna Moyer

Concerned for the safety and the fate of +Susanna Moyer, a group of Enlightened agents connected globally in an effort to retrieve pieces of +Felicia Hajra-Lee's writing at the portals posted by +H. Richard Loeb​.

Credit goes to the following agents:
- @yeizii at Mexico City, Mexico
- @nifffer at Montreal, Canada
- @Gannes at Surabaya, Indonesia
- @Cricetina, @Degaden at Kiel, Germany
- @Shaahin at Madrid, Spain
- @aharmlessbunny at Perth, Australia
- @ at Himeji, Japan
- @JackFlorey, @anarchyrose at Los Angeles, USA
- @Th3Revenant at Big Sur, California, USA
- @vjnwarp, @FifteenStar, @EvieMillie at Manila, Philippines
- @TheGameofTrolls at Paterson, USA (New Jersey)
- @Peanutsmom at Nashville, USA
- @x4ndz at Sao Paulo, Brasil
- @NAVI105 at Paraguarí, Paraguay

There are still many questions unanswered even though we have two pieces of Felicia's writing.

But one thing is certain, the people responsible for Nigel's death, i.e. Jahan, Smith and the Anti-Magnus; the people with vested interest to activate the Aegis Nova, i.e. +A Detection Algorithm, +Oliver Lynton-Wolfe, Jahan; and the people who raided the Acolyte's compound under ADA's orders, i.e. NIA, etc. are after Nigel's password for his vaults. And they are willing to kill Susanna for it just as they did Nigel.

The cryptic warning that they would come after Nigel and then Susanna is now a reality.

And if my earlier speculation that the activation of ADA at the die Glocke chamber (described by the writer of the Howcraft Manuscript) is connected to Susanna, then her fate is grim.

It could mean that Nigel's password has been forcefully taken away from Susanna. She is no longer of use and can be disposed of. The darkest possibility is that she might be used as the avatar for theTechcthulhu.

We need to recover the next piece of Susanna's Vision as soon as possible.

+Edgar Allan Wright+flint dille+John Hanke #investigateingress#vianoir

-

The Uber dropped her at the Edge of Highway 1 not far from a swirly mural of the Angel of Big Sur. She gazed for a moment and began walking dwon the road, ocean to her right, forest to her left. Johnson had assured her that the Acolyte was willing, indeed enthusiastic, to meet with her.

Half an hour later, she arrived at what she believed to be the compound. In the distance she saw some weathered cabins. But she waited on the road as she was told to do. She took a deep breath and filled herself with the spindrift and pine scent. She closed her eyes for a moment to reset. "Be here now, Susanna..." she thought to herself. She was in one of the most beautiful, mystical and indeed mysterious places in the world. Gurus, artists and poets had been drawn to this place for decades. Before then, the shamans probably made pilgrimages to this place.

Not all places are created equal.

She had a moment of doubt. She could disappear. She had false passports and enough money to keep herself going for some time. They would stop looking for her eventually, wouldn't they?

They would stop looking if she divulged the password, her father, Nigel Moyer had whispered to her just before his death. She could just throw it out there to everybody. Then there would be no point in killing her. Or would there?

It'd be wise to go off the grid for a while. Find a lost beach or hide in plain sight. Truth is, a cabin in the woods near here would almost work. She knew to stay away from Portals and stay off the infogrid -- no phones, no cameras, wear a hat and sunglasses, mask her silhouette, put something in her shoes to hide her gait. They wouldn't look that hard or for that long. Or would they? If ADA or Omnivore were looking for her, they would never stop. That's the problem with A.I. It never stops. It never goes over budget. It never has to re-assign assets. A.I. doesn't retire.

But ADA was supposed to be offline, she thought. "Supposed to " being the operating phase. And Omnivore was working just fine.

"Let's get you to safety" a voice said. It startled her, but she didn't jump. It was okay. The voice was soft and soothing. She turned and there, standing by the side of the road, was the Acolyte. "Come on..."

"I didn't see you coming..."

"You couldn't have, anyway. We were in defferent times."

"You're from the future?"

"Right now, we're in the past. Kind of the paradox if you think about it."