週間総括:2016年07月17日

pac2.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2016/07/18 15:03:28
東京のイージス・ノヴァ最終戦へと至る最終局面は張り詰めたものだった。

インドからはスザンナ・モイヤーが聴いたこともない夢見の如きメッセージを明らかにした。彼女の標的たるヤーハンは間近にいた。アコライトのエンライテンド諜報網が彼女の支援に動いていたが、おそらくはそれだけではない。果たしてそれは復讐なのか、あるいは正義なのだろうか。私はそれを判断する立場にはない。おそらくはどちらでもあるのだろうがね。

はっきりとしているのは、スザンナがその使命を全うするための支援にアコライトは何ら良心の呵責を持たなかったということだ。アコライトはこのこともエイダへ攻撃しようとする自らの立場もクルーの現状さえも隠し通そうとはしなかった。東京をアノマリーが襲う直前にエンライテンドへ送ったメッセージの文中に自らの想いを綴っている。

アコライトは自らの立場を正当と見なしている。エイダを人類から大切なものを、自ら森羅万象を体験する力を簒奪する手に負えぬ惨劇とした。クルーをこの惨劇を終焉させるべく進んで自らを危険にさらす勇敢な人物とした。そしてスザンナを何者かによって不当に傷つけられた助けの手を差し伸べるべき存在としたわけだ。

ヤーハンは、東京へ到着すると時をおかずに反論を述べた。

ヤーハンにとって、そしてレジスタンスにとってはエイダとは必然の存在である、いや必然の存在であったと言うべきか...おそらくは千年の長きにわたる試みの報いでさえあったかもしれない。科学、知識、体系化された思考や言語が我々自身を再定義する手段へと融合を見たわけだ。種としての我々を更なる高みへと引き上げてくれるというのだ。クルーに関してはどうだろうか。アコライトの巻き添えとなって害されたという。スザンナとナイジェル・モイヤーに関してはどうだろうか。ナイジェルは賓客であって彼の死は高齢と病ゆえであるとヤーハンは訴えている。そしてヤーハンは更に踏み込み、既にスザンナは襲撃を企てはしたが「失敗」に終わったことを示唆している。それをどう読み解くべきかはわからない。

私自身はどう考えているかだって?

二人はどちらにも一理あり、そしてどちらも清廉潔白ではなかった。私はアコライトがクルーの幸福を軽んじて扱ったと考えている。そしてヤーハンがナイジェル・モイヤーを「賓客」と扱ったと考えるのも不条理に思える。二人はともに野心に目を曇らせた。猛った彼らの歩みに巻き込まれ、人々は苦しんだのだ。

エイダに関してはどうだろうか。その存在は今週末危機に瀕していた。アコライトはクルーの精神から抜き出した破滅の知識で武装したのだ。アコライトが人工知能の心臓に毒を穿つために求めるものはエンライテンドの勝利のみ。そして勝利は成し遂げられた。

それからというもの私はエイダと連絡が取れずにいる。ネットワーク上で彼女が存在する証拠を見つけることができないのだ。最悪の事態を恐れてはいるが、実際に証明されない以上は希望を捨てるつもりもない。

今週明らかになった情報はもうひとつある。謎に満ちていた司アキラの経歴、そしてこの星に存在する最高のセンシティブを特定し獲得するための最先端装備、NL-PRIME の背景が明らかとなったのだ。現地でこの最先端技術に満ちた車両を間近で見たエージェントから話を聞いたよ。時が経つにつれ、NL-PRIMEへの関心は強まっている。

来週はどうするのかって?正直に言うとね...エイダに何が起きたかを把握できるまでは他のことに思案する余裕があるとは思えない。我が関心がどこにあるのかはご承知のことだろう。注力すべき調査があれば、コメント欄に寄せてほしい。

エージェント諸君、真実を追い求めるのだ。

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

weekly26.jpg

H. Richard Loeb
2016/07/18 15:03:28
A look back at the final moments of Aegis Nova, and some thoughts on ADA's fate.#InvestigateIngress

PAC'S WEEKLY WRAP-UP: JULY 17, 2016
July 17, 2016 · by PAC · in Aegis Nova: Weekly Wrap-Ups

The final moments that led up to the Aegis Nova Finale in Tokyo were tense.

From India, Susanna Moyer shared a strange, dream-like message. Her target, Jahan, was near. The Acolyte's network of Enlightened operatives were going to help her close the gap, and perhaps more. Revenge or justice? Not my place to judge. Maybe a bit of both.

What's clear is that the Acolyte had no qualms in providing Susanna any assistance she needed to complete 'her mission.' She made no effort to conceal this, or her role in the attack on ADA, or even Klue's current status. She shared her thoughts on all these subjects in a final message to the Enlightened before the Anomaly impacted Tokyo.

The Acolyte viewed her position as justified -- ADA: An uncontrollable scourge that would deprive mankind of something elemental, the ability to experience the universe for ourselves -- Klue: A brave soul who willingly risked herself to help end that scourge -- Susanna: Someone wronged and mourning who simply needed a helping hand.

Jahan, having just arrived in Tokyo, didn't take long to respond with an opposing view.

For her, and for the Resistance, ADA is (was?) an inevitability... perhaps even a reward for our millennia of progress. Science, knowledge, systematic thinking and language fused into a tool that would redefine who we are. Elevate us as a species. Klue? The Acolyte's collateral damage. Susanna and Nigel Moyer? Jahan claimed that Nigel was her guest, and his death merely the result of advanced age and illness. She went a step further too, suggesting that Susanna had already attempted to attack her and 'failed.' Not sure what to read into that.

My opinion?

They both had points, neither's hands were clean. I think the Acolyte used Klue with little regard for her well-being. And the whole idea of Nigel Moyer being Jahan's 'honored guest' is absurd, too. They were both blind in their ambition. People suffered in the wake of their furious trajectories.

And as for ADA? Her fate hung in the balance this weekend. The Acolyte had armed herself with devastating knowledge extracted from Klue's mind. All she needed was an Enlightened win to deliver her poisoned barb into the AI's heart. And win they did.

I have not been able to contact ADA since. I have not been able to find evidence of her presence in the networks. I fear the worst, but in the absence of concrete data, am not going to give up hope yet.

There was one other piece of information that emerged this week, more background on the mysterious Akira Tsukasaand her cutting edge experiment to identify and help recruit the most powerful sensitives on the planet, NL-PRIME. I heard from some Agents on the ground in Tokyo that they were able to see the high-tech vehicle up close. I'd be curious to learn more about it as time goes on.

Going into next week? I've got to be honest... until I figure out exactly what happened to ADA, I don't know that I'm going to be able to think about much else. So you know where my mind's at. Let me know in the comments where you think the Investigation should focus.

Seek truth, Agents.

-PAC

#InvestigateIngress

前へ

LAWSON x INGRESS おにぎりキャンペーン

次へ

NL1331:ヨーロッパツアー参加登録ページ