ヴィスルの司アキラに関する調査報告

pac2.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2016/07/13 21:34:48
ヴィスル・テクノロジーのアナリストによる NL-PRIME と司アキラに関する報告書の1枚を入手することができた...読んでその詳細に触れてほしい。

内容

XXXXXXXXXXX。NL-PRIME が数日程前に駆動開始したとアナリスト陣は結論付けました。ただちに直接的な脅威にはなり得ないと判断しています。我々の諜報員がプロジェクト当初の検証結果を幾らか確保していることに留意すれば、そのデータは NL-PRIME が高水準のセンシティブ識別に見事な成功率を示したことを裏付けています。このセンシティブを選出する初めての試みは、司アキラがエキゾチックマター産業のパワーバランスに変化をもたらし得るでしょう。現時点では XXXXX するよう勧めはしませんが、必要に応じて選択肢として残しておくべきでしょう。

 司アキラなる人物に関しては、いまなお数多くの謎に包まれています。彼女は自衛隊における生物医学研究者としてキャリアをスタートさせましたが、XXXXX の発見によって頭角を現しました。通常の自衛隊員より早くに佐官へ昇進を果たすと、その僅か1年後には秘密裏に日本の内閣府より顧問として招聘されています。彼女が諮問を受けていたのは優先度の高い科学調査事案に対する国家資源配分に関してでした。彼女がエキゾチックマター研究を積極的に推し進め始めたのは、その在任中のことです。

司アキラがエキゾチックマター分野へ足を踏み入れたのは、エゼキエル・カルビン率いるIQテック・リサーチ社との協力関係に起因しています。彼女がその能力を開花させるや、カルビンはその研究を後押しし、日本政府で彼女が担ってきたと同等のものを民間で用意しました。それはまさしくIQテック・リサーチ社におけるカルビン自身に似た立場でした。これが後のIQテック・イースト創設へつながっています。この企業はIQテックの名を冠してはいますが独立した権能を有しており、IQテック・リサーチ社の子会社というよりはむしろ兄弟会社に位置付けられます。また、XXXXX から資金供与を受けています。司アキラは要求の厳しい人物として悪名馳せており、組織内におけるほぼ全ての意思決定を彼女が掌握していることがうかがわれます。

いまなお NL-PRIME によるセンシティブの新規開拓計画といった日本地域におけるエキゾチックマター研究の第一線に立つ司アキラですが、過去にはシミュラクラ、アルティメットを活用したポータルのパターン復元、「多くのXM団体が偽科学と捉えていた」幾多のXM現象の研究に携わっていたことがわかっています。

当社アナリストには、司アキラは自ら最新研究の被験者となっていると考えている者がいます。マーティン・シューベルトがその理論を提唱したエキゾチックマターによる若返りを実現させたというのです。報告に寄れば、司アキラの生理機能は外見上でも体内でも徐々に若返りをみせ、20年近く前の状態になっているとのことです。(続く)」

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

TsukasaPrimeReport.jpg

H. Richard Loeb
2016/07/13 21:34:48
I've been able to obtain a single page of this report prepared by analysts at Visur Technology about NL-PRIME and Akira Tsukasa... Read on for the details.#InvestigateIngress

LEAKED VISUR REPORT ON NL-PRIME AND AKIRA TSUKASA
July 12, 2016 · by PAC · in Intelligence and Other Media

I've been able to obtain a single page of this report prepared by analysts at Visur Technology about NL-PRIME and Akira Tsukasa... Read on for the details.

TRANSCRIPT:

seessftfffnsfessfssfoftsznesiiieewiniieieiiiiiioiwieiiii. Analysts have confirmed that NL-PRIME is just a few days from activation. We do not consider it an immediate or direct threat, but it should be noted that our operative was able to obtain some of the project's initial test results. This data confirmed that NL-PRIME has shown an impressive success rate in identifying high-level Sensitives. With first-access to this select group of Sensitives, Tsukasa could potentially shift the equilibrium of power in the XM private sector. At this point, we do not advise REDACTED REDACTED. but this option should remain on the table in case it becomes necessary.

AKIRA TSUKASA herself remains largely an enigma. Her career began as a low level biomedical researcher in the Japan Self Defense Force, but she quickly distinguished herself after discovering REDACTED REDACTED. She advanced to the rank of Major faster than any previous member of the SDF, and was invited to become a secret advisor to the Japanese cabinet only one year after achieving this rank. Her focus in her advisory capacity was the allocation of national resources on matters of high priority scientific exploration. It was in this role that she began actively and aggressively pursuing Exotic Matter research.

Her first forays into XM introduced her to Ezekiel Calvin and IQTech, with whom she began a collaborative relationship. After realizing her potential, Calvin encouraged her to expand her research and build out a private sector counterpart to her work with the Japanese government (similar, in fact, to Calvin's own work with IQTech Research). This led to the creation of IQTech East, which (despite carrying the IQTech name) functions independently as a sibling organization rather than a subsidiary. It receives funding fromi4d23shoesvv8r7l. Our reports suggest that Akira is notoriously demanding, and nearly all decision-making power is centralized with her within the organization.

In addition to remaining at the center of nearly all Japanese XM research, including the development of the NL-PRIME Sensitive recruitment program, Akira Tsukasa has previously been known to have engaged in studies about XM Simulacra, Portal-based Pattern Retrieval using the Ultimate and a number of XM phenomena considered 'fringe science by most of the XM research community.'

One of our analysts believes that Akira may have tested some of her newest research on herself - a form of XM-based health rejuvenation initially theorized by Martin Schubert. According to some reports, Akira's physiology, both externally and internally, has slowly been reverting to how she used to appear nearly 20 years ago. (Contd.)

-PAC

#InvestigateIngress

前へ

スザンナ・モイヤー:インドからの報告

次へ

イージス・ノヴァ東京:チケットに関する問い合わせ先