アプリケーションパッケージ解析 [1.104.0]

3DCircleWithoutShadowTransparent.pngフェヴ・ゲームス(fev games)
2016/07/13 10:58:38
イングレスのアプリケーションパッケージ解析 [1.104.0] を Connor Tumbleson がお伝えします。

ポケモンGO が時代を継承しましたが、イングレスは今尚健在です!

1-104-0.png

2016年07月13日 Connor Tumbleson 
アプリケーションパッケージ解析 [1.104.0]

皆さん、ごきげんよう。新たなアプリケーションパッケージ解析へようこそ。いま現在世界はポケモンGOの話題一色となっていますが、イングレスも健在です。それではバージョン 1.104.0 の変更点を、見ていきましょう。

追放処分を受けたエージェント
追放処分を受けた場合、そのエージェント・プロフィールを閲覧しようとすると「Scanner running hot. Wait for cooldown to view more agent profiles」と表示されます。これは短時間に多数のプロフィールを閲覧したことに起因するかあるいはプロフィール上の問題と誤解されてきましたが、実際には追放処分されたことによるものでした。

そこで今回新たな文字列が追加されています。

<string name="PROFILE_BANNED">Agent no longer in the system.</string>

この文字列は追放処分を受けたアカウントに対して用いられることでしょう。

Upsight v5
Upsight と Crittercism が初めて導入された際には、送信されるリクエスト量にさほど抗議の声は挙がりませんでした。まず、ナイアンティックのリクエスト送信は必要以上のものでした。その後のUpsight の更新では、不要なリクエストを阻むためのバッチ処理が行われました。そして今回のバージョン 1.104.0 では、解析用のデータ提供を求める端末を抽選により決定するための新たな確率フィールドが存在していました。

こういった継続的な調整によって、ナイアンティック社は必要となる解析用のデータ収集を継続的に行いつつ、エンドユーザーたる皆さんが扱うデータ量を減らしていっています。

総括
イングレスに大きな変化があったのは4バージョン前となるターレットの調整でしたが、イージス・ノヴァの終結を間近として機能調整することは筋が通らないでしょう。私たちが無視し得ないのは、ポケモンGOの驚異的な成功でしょう。ナイアンティック社の資金が潤うことでイングレスへも波及してくれることは、誰もにとって喜ばしいことでしょう。

fev games
2016/07/13 10:58:38
Ingress APK Teardown [1.104.0] brought to you by +Connor Tumbleson 

Pokemon GO might be taking over the world but Ingress is still alive!

https://wp.me/p56hj3-2Fu #FevGames   #Ingress

Published on July 13th, 2016 | by Connor Tumbleson
Ingress APK Teardown [1.104.0]

Hi everyone and welcome back to another Ingress teardown. The world is currently taken away by the popularity and rush of Pokémon Go, but Ingress lives on. So let us jump into what has changed with version 1.104.0.

Banned Agents
When someone was banned, viewing their Agent Profile would normally result in "Scanner running hot. Wait for cooldown to view more agent profiles." This was misleading as it could be either you viewing too many profiles in a short period of time or the profile in question was actually banned.

We saw the addition of a new string.

<string name="PROFILE_BANNED">Agent no longer in the system.</string>

This string should properly reflect banned accounts.

Upsight v5
When Upsight and Crittercism first launched, there was a minor outcry in the amount of requests it was sending. In the beginning it was nearly an extra request for each Niantic request sent. In the subsequent releases of Upsight, these requests were batched to prevent unneeded requests. Now with the release of 1.104.0 there is a new probability field which generated a lottery percent for which device will provide analytical data.

With these continued tweaks, Niantic continues to get the analytical data it needs and the end user (you) use less data.

Conclusion
Our last major change in Ingress was the tweaks to Turrets 4 versions ago, but with the conclusion of Aegis Nova near it wouldn't make sense to tweak the gameplay with feature change(s). What we can't ignore talking about is the alarming success of Pokémon Go. The money Niantic is making might potentially spill over to Ingress which would be great for everyone