イージス・ノヴァ東京の戦績基準

HulongLogo.jpgHulong Transglobal
2016/07/10 04:17:55
エージェントの皆さんへお伝えします。

東京で発生するイージス・ノヴァ・アノマリーに関連した最重要機密情報です。ご質問にはこのスレッドにおいてヒューロン・トランスグローバル社、イングレスまたはイングレス・ジャパンが回答します。

pac2.pngP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2016/07/10 04:17:01
東京で発生するイージス・ノヴァ・メガアノマリーに関連した最重要機密情報を入手することができた。これはあらゆるエージェントにとって有用なものだ。

この情報に関する質問にはヒューロン・トランスグローバル社、イングレスまたはイングレス・ジャパンが回答してくれることだろう。

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

ヒューロン・トランスグローバル社

機密指定解除

アノマリー発生予測
#イージス・ノヴァ東京
2016年07月16日

アノマリー分類: イージス・ノヴァ・メガアノマリー
アノマリー種別: ハイブリッド(クラスター戦 + フラッシュシャード戦)
クラスター数: 4
測定回数 4
ポータル概数 333 (クラスター毎)
シャード数 80 (毎時)
ターゲット数 20 (ファクション毎)

スケジュール(日本標準時)

第1測定(概算): 15:00
第2測定(概算): 16:00
第3測定(概算): 17:00
第4測定(概算): 18:00

追加事項

チケットおよびイベント詳細
ファクション連絡先一覧
ゴーラック訓練詳細
ヒューロン・トランスグローバル社

背景

オブシディアン・アノマリーの折、エンライテンドはオブシディアン・シールドという強力なXM構造体作成に至りました。その強力なオブジェクトは人類に対するナジアの脅威を遮断することを意図したものでしたが、異なる結果を引き起こしました。エキゾチックマターがポータルネットワークから消失したものの、その後数週間を経てエイダとオリバー・リントン=ウルフとがポータルへ働きかけることによってエキゾチックマター枯渇は終焉を迎えたのです。こうしてエイダとリントン=ウルフはポータルに対して驚異的な力を得るに至りました。

2016年05月28日に発生したイージス・ノヴァ・アノマリーにおいて、エンライテンドはエイダに対して大掛かりな反抗作戦を実行へと移しました。かつてクルーはエイダとその意識を共有させていた時期がありますが、そのアノマリーから得たエネルギーを活用することでローランド・ジャービスは人工知能の残滓を求めクルーの精神奥深くへと介入を果たしました。その残滓からアコライトと呼ばれるエンライテンド指導者はエイダに対する独創的な攻撃を模索し始めました。そのひとつが、この人工知能最大の謎とされてきた脆弱性にもとづいて進められたものでした。

2016年06月25日に発生したイージス・ノヴァ・アノマリーでは、名高きレジスタンス指導者ヤーハンが反撃に打って出ようとしました。いまは亡きエキゾチックマター研究者ナイジェル・モイヤーがオブシディアン・シールドの名でも知られるイージス・ノヴァ・シールドをXM兵器へと転用する手段を発見していたのです。ヤーハンは、エンライテンドが計画実行に先んじてこの兵器を用いジャービスへ攻撃を仕掛けようとしたのです。

ヤーハンはナイジェルの研究成果を必要としましたが、ナイジェルは己の死を前にしてその成果を暗号化させていました。そして彼の死とともに復号鍵の大半が失われてしまったのです。しかし、アノマリーから得られるエネルギーを活用することでポータルと相互作用を示す全ての人々のアイデンティティと記憶とを内包した超次元情報構造体、アルティメットに触れることができると示唆するものもありました。そこで2016年06月25日にレジスタンスは、イージス・ノヴァ・シールドを兵器転用させるべくナイジェルの記憶に迫ろうとしたのですが、その目論見は失敗に終わりました。

いまやレジスタンスに残された機会はエイダに対するアコライトの計画を阻止することのみとなっています。エイダに対する攻撃を実行に移すべく、アコライトは2016年07月16日に東京で発生するメガアノマリーのエネルギーを利用せねばならないのです。レジスタンスがこのアノマリーを制御できれば、アコライトが人工知能へ与え得る損傷も最小限にとどめることができるやもしれません。

レジスタンスにとって、これはエイダを救う最後の機会となります。エンライテンドにとって、これは重大な局面となります。人工知能に対して研ぎ澄まされた破滅をもたらし得る攻撃の機会となるのです。

詳細は、investigate.ingress.com をご覧ください。

イージス・ノヴァ ハイブリッド型アノマリー概要

ハイブリッド型アノマリーと呼ばれるイージス・ノヴァは二つの戦線で争われることとなります。特殊なマーキングを施したクラスターポータルの支配権争いとフラッシュシャードの支配権争いが同時に繰り広げられるのです。

アノマリーにおけるあらゆる局面は、都市のなかでもアノマリーゾーンと呼ばれる設定区画において発生します。クラスター戦とフラッシュシャード戦では加点可能な合計ポイントはほぼ等しくなっています。

アノマリーゾーンの全域と各クラスター境界を示す地図は既に公開されています。

東京クラスター戦

東京では、そのアノマリー発生規模に起因して第1、第2、第3クラスターは複数の地域に分断されています。これらは分断された巨大な単一クラスターという捉え方をすることもできますが、ポータル間の物理的距離がより広大となることはアノマリーに影響を及ぼしません。

クラスター戦

クラスター戦はアノマリーゾーン内に4区画が設定される巨大なポータル群において争われます。この区画はおのおの約1時間にわたって活性状態となります。

その時間を経て10分間の測定時間枠となります。この測定時間内にエージェントの皆さんは区画内のポータル群を奪い合い、更なる加点を狙ってこれらのポータル群を活用したリンクやフィールドを構築していくのです。

活性状態にある区画のポータル群はインテルマップおよびスキャナー上で識別することができます。活性状態にあるポータルの周囲には次に挙げるようなカラー・リングが表示されることでしょう。

(ファイル参照)

測定時間では、その時間枠の特定の瞬間にすべてのクラスターポータルの状況が測定されます。測定される状況とは、そのポータルのオーナー権、接続されたリンク数およびフィールド数となります。

活性状態となった当初にカラー・リングが表示されるのはクラスターポータルのごく一部に過ぎません。残るクラスターポータルは、測定時間が迫るにつれて段階的にカラー・リングが表示されていきます。測定時間の開始時までには全てのクラスターポータルが明らかとなるでしょう。

クラスターポータルによって獲得できるポイントはすべて同一です。オーバーヘッド・フィールドは加点対象とはならず、自然消滅する可能性もあります。詳細はフラッシュシャードに関する解説を参照してください。

30秒間内の精度を備えた測定時間の一覧は、ハッシュ化されたうえでアノマリー発生前に公表されます。

ゴーラックのステルス・オプスやアーバン・オプスに勝利すれば、クラスターポータルを特定する重要情報を先んじて獲得できる可能性もあるでしょう。また、イングレス・インベスティゲイトや他の情報経路を通じて獲得できるかもしれませんし、現地で入手できるアノマリー発生都市もあるでしょう。

フラッシュシャード戦

アノマリーゾーン内にはファクション別のターゲットポータルが複数箇所で出現します。ターゲットポータル数はアノマリー発生都市ごとに異なり、小規模なアノマリーでは4箇所、最大規模のアノマリーでは20箇所に及びます。本都市のターゲットポータル数に関しては1ページ目をご確認ください。ターゲットポータルには移動してきたシャードを確保しその後の移動を妨げる能力が備わっています。確保されたシャードは、そのターゲットポータルに紐付いたファクションによって確保されたものと扱われます。ターゲットポータルのオーナー権をどちらのファクションが掌握していたかは、シャード確保によってどのように加点されるかとは何の関係性もありません。また、ポータルネットワーク上にひとたび出現したターゲットが移動することはありません。

毎時一定数のシャードがアノマリーゾーン内で同時期のクラスター戦に関わっていないポータルから出現します。各ファクションは1時間内に可能な限り多くののシャード確保を目指すこととなります。シャードは1時間経過を目前にすべて消失し、次の1時間が始まる際には新たなシャード群が出現します。アノマリー発生中には、このような出現と消失が4度繰り返されることとなります。それぞれの時間枠で出現するシャードは同数です。

シャード数はアノマリー発生都市ごとに異なり、小規模なアノマリーでは毎時10片、最大規模のアノマリーでは毎時100片に及びます。本都市のシャード数に関しては1ページ目をご確認ください。

出現したシャードは、送り手と受け手のポータル双方がレベル4以上であることを条件に、リンクに沿ってポータル間を移動します。10分間おきに接続されているリンクに沿って移動しようとし、アノマリーゾーン内に限定されずあらゆるポータルへと移動します。

シャードは毎時0分頃に出現します。毎時10分頃に最初の移動が、毎時20分頃に次の移動がといったように移動が行われていきます。最終移動は毎時50分頃時点の移動です。その後確保されたシャードの集計が行われ、シャード群は消滅します。そうして0分頃に次のシャード群が出現します。このような現象が最終時間まで繰り返されることとなります。

シャードは1度の移動時間にひとつのリンクを移動することができます。ただし、従前の移動時間に存在していたリンクを介して移動することはできません。

フラッシュシャード詳細

出現後のシャードは10分間おきにポータル・リンクに沿って移動を試みます。シャードは、約6分間にわたって移動を試みます。例を挙げると、13時10分から13時26分、13時20分から13時26分といった具合です。

移動可能なポータル・リンクが複数存在する場合には、ランダムに移動が行われます。

ひとつのポータルに複数のシャードと複数のリンクが存在する場合には、個々のシャードは異なるリンクに沿って移動するかもしれません。

2度にわたってポータル・リンクに沿った移動が適わなかったシャードは、次の移動時間にも移動可能なポータル・リンクが存在しなければ近隣のポータルへランダムに転移するかもしれません。

シャード群は極めて高エネルギー状態にあることから、2度を超える移動時間にわたって相当数のシャードの移動を妨げたオーバーヘッド・フィールドは急激に不安定化するかもしれません。

シャードおよびターゲットの出現する全てのポータル一覧は、ハッシュ化されたうえでアノマリー発生前に公表されます。

ゴーラックのステルス・オプスやアーバン・オプスに勝利すれば、シャードの出現するポータルを特定する重要情報を先んじて獲得できる可能性もあるでしょう。また、イングレス・インベスティゲイトや他の情報経路を通じて獲得できるかもしれませんし、現地で入手できるアノマリー発生都市もあるでしょう。

シャードの移動が悪質なエージェント活動によるものであると判明した場合には、国家情報局オペレーターがシャードを直前まで確認されていた場所へ差し戻す場合があります。

アノマリー・ポイント

イージス・ノヴァで発生する各アノマリーにはポイントが割り振られています。2016年05月28日と2016年06月25日のプライマリーアノマリーにはそれぞれ2ポイントが割り振られています。同日発生するサテライトアノマリーには1ポイントが割り振られています。2016年07月16日に東京都で発生する最後のメガアノマリーには5ポイントが割り振られています。そしてイージス・ノヴァ最終戦の日にポイント数で上回ったファクションがイージス・ノヴァ・アノマリーシリーズを制することになります。

編制されたチーム単位での活動を推奨いたします。ファクション代表者への連絡は1ページ目の一覧をご確認ください。

アノマリー・スコア

ポータルのオーナーシップ ポータル毎に5点
シャードのキャプチャー シャード毎に22点

クラスターポータルに接続されたリンクのボーナス(※)

20本~39本: 当該測定時間におけるファクションのクラスターポイント × 5%
40本以上: 当該測定時間におけるファクションのクラスターポイント × 10%

クラスターポータルに接続されたフィールドのボーナス

20層~39層: 当該測定時間におけるファクションのクラスターポイント × 10%
40層以上: 当該測定時間におけるファクションのクラスターポイント × 20%

※ フィールド及びリンクは繋がれたポータルがアクティブなク ラスターポータルでないとカウントされませんのでご注意ください。また、複数のクラスターポータルを基点としてのリンク、フィールドは一度しかカウントされず、フィールドを構成するポ ータルが一つでもクラスターポータルの場合はカウントされます。

+Hulong Transglobal 、 +Ingress または +Ingress Japan のGoogle+からのみ情報は更新され ます。


KC135Ryback "ENL" INGRESS
2016/07/10 06:18
ヒューロン・トランスグローバル社、英語版と日本語版の文書とでは差異が見受けられます。英語版では、ゴーラックとイングレス調査などによってクラスターポータルやシャードの出現するポータルの所在に関する機密情報を入手できるとあります。ところが日本語版ではこれに加えてターゲットポータルの所在に関する機密情報も入手できるとあります。果たしてターゲットポータルの所在も明らかにされるのでしょうか。

HulongLogo.jpgHulong Transglobal
2016/07/10 11:43
事前入手できる機密情報にターゲットポータルに関連する情報はありません。日本語版を修正し、ご指摘の点を反映させます。

(訳注)
なお、オブシディアン浜松の戦績基準では次のような表記となっており、ターゲットポータルも事前入手可能と記載されていました。
(英語版)
Agents will be able to obtain intelligence about the Portals where upcoming *Shards and Targets* will manifest by winning in GORUCK Stealth-Ops and Urban-Ops training exercises.
(日本語版)
エージェントはターゲットポータル及びシャードの出現場所についての情報をGORUCK Stealth-OpsとUrban-Ops に参加して、から得ることができます。


東京独自のクラスターおよび時間帯

東京では、そのアノマリー発生規模に起因して第1、第2、第3クラスターは複数の地域に分断されています。これらは分断された巨大な単一クラスターという捉え方をすることもできますが、ポータル間の物理的距離がより広大となることはアノマリーに影響を及ぼしません。

加えて最後の測定となる第4測定は、18時00分ではなく18時30分に行われます。第4クラスターのポータル群は他と同じく測定時間の1時間前となる17時30分に出現を始めます。同時刻にはこのアノマリー最後となるシャード群も出現することでしょう。

第3測定の終了時刻である17時10分から第4クラスターの開始時刻である17時30分までには20分間のアノマリー沈静時間がありますので、この時間を利用してエージェントの皆さんは第4クラスターエリアへと向かってください。


HulongLogo.jpgHulong Transglobal
2016/07/12 12:06
全てのエージェントの皆さんへお伝えします。戦績基準を更新し、インベスティゲイト・イングレス上のPDFファイルも併せて更新されました。

更新情報:
日本語版および英語版
第4測定の時間帯が更新されました。第4測定の時間帯変更を明示する文言をイージス・ノヴァ東京の戦績基準に追記しました。

日本語版
不明瞭な文言を更新しました。

Brandon Downey
2016/07/12 12:28
ヒューロン・トランスグローバル社、今回の更新によって第3測定から第4測定までのフラッシュシャード戦はどうなるのだろうか。

適切な表現が見つからないのだが、第3測定で出現するフラッシュシャードは1時間20分(更にもう1度の移動が追加)となったのだろうか。 

中田吉法
2016/07/12 12:36
ヒューロン・トランスグローバル社、17時30分時点で「アクティブクラスター」は存在するのでしょうか。その時点で測定対象となるクラスターは存在しないのですからアクティブクラスターは存在しないように思えます。

HulongLogo.jpgHulong Transglobal
2016/07/12 16:30
Brandon Downey、
第3クラスター(16時00分)に出現したシャード群は、16時50分の最終移動を終えると当初の予定通り消失していきます。

第4クラスターのシャード群は17時30分に出現し、17時40分に最初の移動を行います。18時20分の最終移動を終えると消失していきます。

フラッシュシャード戦に17時00分から17時30分、クラスター戦に17時10分から17時30分の非活動時間帯を設けたことを除けば、アノマリーのメカニズムに変更はありません。

中田吉法、
ご指摘のとおり、17時30分時点で存在する「アクティブクラスター」はありません。第3クラスターの測定時間は17時10分で終了し、17時10分から17時30分まではクラスターポータルもフラッシュシャードもアノマリーゾーンに存在しないでしょう。

H. Richard Loeb
2016/07/10 04:17:01
I've been able to obtain some high priority intel related to the upcoming#AegisNova Mega-Anomaly in Tokyo. All Agents be advised.

Hulong Transglobal
2016/07/10 04:17:55
Attention All Agents:

High Priority intel related to the upcoming Aegis Nova Anomaly in Tokyo.

Questions can be answered on this thread by +Hulong Transglobal+Ingress and+Ingress Japan.

ANOMALY INTEL: AEGIS NOVA TOKYO
July 9, 2016 · by PAC · in Anomaly Intel

I've been able to obtain some high priority intel related to the upcoming #AegisNova Mega-Anomaly in Tokyo. All Agents be advised.

Anomaly Intel - Aegis Nova: Tokyo (English)

Anomaly Intel - Aegis Nova: Tokyo (Japanese)

Questions regarding this intel should go to +Hulong Transglobal+Ingress or+Ingress Japan on this thread.

-PAC

#InvestigateIngress

DECLASSIFIED
Anomaly Impact Projection #AEGISNOVA: TOKYO
JULY 16 2016

ANOMALY CLASS: Aegis Nova Mega-Anomaly ANOMALY
TYPE: Hybrid (Cluster Battle + Flash Shards)

Number of Clusters: 4
Number of Measurements: 4

Approximate Number of Portals per Cluster: 333
Number of Shards per Hour: 80
Number of Shard Targets per Faction: 20

Time (JST - UTC+9)

Measurement 1 (approximate): 15:00
Measurement 2 (approximate): 16:00
Measurement 3 (approximate): 17:00
Measurement 4 (approximate): 18:00

Additional Information

Ticketing/Event Details: events.ingress.com/xmanomalies/aegis-nova/Tokyo
Faction Contacts: bit.ly/AegisNova-POCs
GORUCK Ops Details: bit.ly/goruckxingress
HulongTransglobal: bit.ly/hulongtransglobal

Background

During the Obsidian Anomalies, the Enlightened created a powerful XM construct known as the Obsidian Shield. Intended to block the N'zeer's influence over humanity, it did something else instead. XM vanished from the Portal Network, and in the weeks that followed, ADA and OLIVER LYNTON-WOLFE worked to end the XM drought. In doing so, they gained an extraordinary level of power that many considered dangerous.

During the May 28 Aegis Nova Anomalies, the Enlightened enacted an ambitious plan to strike back against ADA. KLUE and ADA had previously shared a consciousness for some time. Using the energy from the Anomalies, Roland Jarvis probed deep into Klue's mind searching for fragments of the AI that remained within Klue's consciousness. With these fragments, the Enlightened leader known as THE ACOLYTE began working to develop a unique vector of attack against ADA, one built upon the AI's most secret vulnerabilities.

During the June 25 Aegis Nova Anomalies, JAHAN, a prominent Resistance leader, attempted to strike back. The deceased XM researcher, NIGEL MOYER, had discovered a way to convert the Aegis Nova shield (also known as the Obsidian Shield) into a targeted XM weapon. Jahan hoped to build and use this weapon to strike at Jarvis before the Enlightened plan could come to fruition.

Jahan needed to obtain NIGEL's research. He had encrypted it prior to his death, and most of the encryption key was lost when he perished. Some had suggested that the energy from an XM Anomaly could be used to access the Ultimate, a transdimensional information structure that contains the identity and memories of all those who have interacted with the Portals. On June 25, the Resistance attempted to access Nigel's memories in order to weaponize the Aegis Nova Shield. They failed.

The Resistance now have only one chance to stop the Acolyte's plan against ADA. In order to launch her attack against ADA, the Acolyte needs to use the energy from the July 16 Mega-Anomaly in Tokyo. If the Resistance can control this Anomaly, they may be able to minimize the amount of damage the Acolyte can cause to the AI.

For the Resistance, this is their final chance to help ADA. For the Enlightened, this is a critical moment: An opportunity to launch a sophisticated and potentially devastating attack against the Artificial Intelligence.

For further details, see investigate.ingress.com

AEGIS NOVA HYBRID ANOMALIES OVERVIEW

The Aegis Nova Hybrid Anomalies will be fought on two fronts: A concurrent battle for control of specially marked Cluster Portals, and through the control and capture of Flash Shards.

All aspects of the Anomaly will take place within a defined region of a city referred to as the Anomaly Zone. Cluster and Shard Battles will have approximately the same total points available to be scored.

Maps defining the complete Anomaly Zone as well as each Cluster's boundaries will be revealed prior to the Anomaly.

TOKYO CLUSTERS

In Tokyo, due to the scale of the Anomaly, Clusters 1, 2 and 3 are spread across multiple areas. For all intents and purposes these separate areas can be considered a single large Cluster with a few gaps within it. There is no impact to the Anomaly beyond the physical distribution of Portals across a wider region.

CLUSTER BATTLE

The Cluster Battle will be waged within four (4) large Clusters of Portals inside the Anomaly Zone. Each Cluster will be active for approximately one hour.

Over the course of each hour leading up to a ten (10) minute window known as the Measurement Window, Agents will fight for control of the Active Portals in the Cluster, and will attempt to build Links and Fields using these Portals for additional points. Links and Fields anchored by multiple Active Portals will only be counted once. Not all Portals in a Cluster will be Active for a Measurement. Only those identified by a visual mark (as described on the next page) are considered Active.

The Active Portals will be visible on Intel and in the Ingress Scanner. They will be marked with a colored ring around the Portal as indicated below:

C1 C2 C3 C4

At the Measurement Time, a predetermined moment in the Measurement Window, the state of all Cluster Portals will be measured. The following aspects of the Portals within the Cluster will be measured: Faction Ownership. Number of Connected Links. Number of Connected Fields.

Only a fraction of the Cluster Portals will be marked and known at the beginning of the hour associated with the Cluster. The remaining Cluster Portals will be revealed in phases over the course of the hour leading up to the Measurement Window by being marked with a colored ring. All Cluster Portals will be revealed by the start of the Measurement Window.

All Cluster Portals will have the same Point value. Overhead Fields will not count as points toward scoring, and may spontaneously destabilize (see Detailed Flash Shard Mechanics section).

A hashed list of all Measurement Times, accurate to within approximately 30 seconds, will be publicly revealed prior to the Anomaly.

It may be possible to obtain advance intel about the identity of Cluster Portals by winning GORUCK Stealth-Ops and Urban-Ops (where available), through the Ingress Investigation, through other channels of information and via intel distribution mechanisms at certain Anomaly Sites.

FLASH SHARDS

Multiple Faction-Specific Target Portals will manifest inside the Anomaly Zone. The number of Targets per Faction will vary per Anomaly city. Small Anomalies will have three (3). The largest Anomaly could have up to twenty (20). For the exact number of Targets for this Anomaly, see page 1. Target Portals will have the ability to capture and hold Shards that land on them. These Shards will be considered captured by the Faction associated with that Target Portal. The current Faction ownership state of the Target Portals has no bearing on how Shards are counted or scored. Targets, once Manifested within the Portal Network, will not move. Every hour a fixed number of Shards will manifest from Portals in the Anomaly Zone not associated with the current active Cluster. Each Faction will have one hour to capture as many Shards as they can. All Shards will disappear near the end of the hour. At the start of the next hour a new set of Shards will manifest. This will occur four times during the Anomaly window. The same number of Shards will manifest each hour.

The number of Shards will vary per Anomaly city. Small Anomalies will have four (4) per hour. The largest Anomaly city could have up to one hundred (100) per hour. For the exact number of Shards per hour for this Anomaly, see Page 1.

Once manifested, the Shards will be able to move from one Portal to another via Connected Links as long as both Origin and Destination Portals are Level 4 or higher. The Shards will attempt to move along these Connected Links approximately every 10 minutes. A Shard can be moved to any Portal in the Ingress Portal Network, not just those Portals inside the Anomaly Zone.

Shards will manifest at approximately the 0 minute mark of the hour. The first jump will take place at approximately 10 minutes past the hour, again at approximately 20 minutes past the hour and so on. The Final Jump will take place at approximately the 50 minute mark. The captured Shards will then be scored and cleared. The next set of Shards will then manifest at approximately the 0 minute mark of the next hour. This process will repeat until the final hour of the Anomaly.

The Shards will be able to travel along one Link per jump window, and a Shard will not travel to a Portal it was present on during the previous jump window.

DETAILED FLASH SHARD MECHANICS

The Shards will attempt to travel on a Portal Link every 10 minutes. There is an approximately 6 minute wide jump window during which the Shards will attempt to travel, for example between 13:10 and 13:16, 13:20 and 13:26 etc.

If multiple viable Links are available for a Shard, it will randomly select one to travel on.

If multiple Shards and multiple Links are present on a single Portal, each Shard may travel along a different Link.

In the event that a Shard fails to travel along a connected Link twice consecutively (i.e. 2 jump windows), it may randomly teleport to any nearby Portal at the following jump window if no viable Link is present.

Due to the extremely high energy state of the XM Shards, Fields over the Anomaly Zone may suddenly destabilize.

A hashed list of all Portals where Shards and Targets will manifest will be released prior to the Anomaly.

It may be possible to obtain advance intel about the identity of Portals where Shards will manifest by winning GORUCK Stealth-Ops and Urban-Ops (where available), through the Ingress Investigation, through other channels of information and via intel distribution mechanisms at certain Anomaly Sites.

If a Shard movement is found to have been the result of actions by a rogue Agent, NIA operators may cause that XM Shard to return to a previous known location.

ANOMALY SERIES POINTS

Each Anomaly in Aegis Nova has been assigned a certain point value. Primary Anomalies on May 28 and June 25 will be worth 2 each. Satellite Anomalies on those days will be worth 1. The Finale Mega-Anomaly in Tokyo on July 16th will be worth 5. On the day of the Aegis Nova Finale, the Faction with the greater number of points will control the Aegis Nova series.

A coordinated, team-based approach is recommended. A resource to help Agents find their Faction Points of Contact is available on Page 1 of this document. 

Portal Ownership: 5 per Portal
Shard Capture: 22 per Shard

Bonus for Links connected to Cluster Portals*:

Between 20 and 39 Links standing: 5% of Faction's Cluster Points this Measurement
More than 40 Links standing: 10% of Faction's Cluster Points this Measurement

Bonus for Fields connected to Cluster Portals:

Between 20 and 39 Fields standing: 10% of Faction's Cluster Points this Measurement
More than 40 Fields standing: 20% of Faction's Cluster Points this Measurement

* Links and Anchored Fields must be connected to Active, Marked Cluster Portals at time of Measurement. Links and Fields anchored by multiple Active, Marked Cluster Portals will only be counted once.

Only +Hulong Transglobal, +Ingress or +Ingress Japan on Google Plus may provide updates to this document or clarifications to its contents.

KC135Ryback "ENL" INGRESS
2016/07/10 06:18
+Hulong Transglobal There is a difference in English and Japanese document. In English, we can reach intelligence of Cluster Portals and Portals where Shards will manifest by GORUCK and Ingress Investigation etc.

In Japanese, in addition, we can reach intelligence of Target Portals. Will Target Portal be revealed?

Brandon Downey
2016/07/10 10:16 
To clarify the comments above:
In English: [http://investigate.ingress.com/wp-content/uploads/2016/07/AegisNova-July-16-Anomalies-Tokyo-EN.pdf]:

"It may be possible to obtain advance intel about the identity of Cluster Portals by winning GORUCK Stealth-Ops and Urban-Ops (where available), through the Ingress Investigation, through other channels of information and via intel distribution mechanisms at certain Anomaly Sites."

In Japanese [http://investigate.ingress.com/wp-content/uploads/2016/07/AegisNova-July-16-Anomalies-Tokyo-JP.pdf]:

(Machine Translation): "The agent and GORUCK Stealth-Ops information about the occurrence location of the target portal and Shard"

Which, if either of these rules is correct?

Hulong Transglobal
2016/07/10 11:43
+Brandon Downey, +KC135Ryback INGRESS
No advance intelligence will contain information related to the Target Portals. The Japanese version will be edited to reflect this.

Hulong Transglobal
2016/07/12 12:05:01
UPDATE NOTES:

Measurement 4 time updated. Language added to Tokyo section of document to clarify Measurement 4 time shift. (Japanese + English)

Unclear Intel-distribution language updated (Japanese)

Hulong Transglobal
2016/07/12 12:06
Attention All Agents, updates have been made to these documents, and the PDF files on investigate.ingress.com have been made current.

UPDATE NOTES:

Measurement 4 time updated. Language added to Tokyo section of document to clarify Measurement 4 time shift. (Japanese + English)

Unclear Intel-distribution language updated (Japanese)

Brandon Downey
2016/07/12 12:28
+Hulong Transglobal What does this do for the flash shard game between M3 -> M4. Do the M3-spawning-flash-shards (sorry for lack of a better term) now have 1hr 20 minutes to jump? (e.g., more jump windows)?

+Hulong Transglobal Is exist 'current active Cluster' At 17:30 (M4-shards-spawning time)? I think there is no active Cluster because no clusters under mesurement at that time.
+Brandon Downey: Shards that manifest at the beginning of Cluster 3 (16:00) will destabilize as expected following their final Jump at 16:50.

Shards for Cluster 4 will manifest at 17:30. Their first Jump will take place at 17:40, and they will destabilize following their final Jump at 18:20.

No change will take place to Anomaly mechanics with the exception of the gap of non-activity from 17:00 to 17:30 (for Flash Shards) or 17:10 to 17:30 (for the Cluster Battle).

+中田吉法. You are correct, no 'Current Active Cluster' will exist at 17:30. The Cluster 3 Measurement window will close at 17:10, and from 17:10 to 17:30, no Cluster Portals or Flash Shards will exist in the Anomaly Zone.