週間総括:2016年07月03日

01_NianticSymbol.jpgP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2016/07/04 20:18:04
ここから約2週間を経て残された謎は収束していく。

weekly24.jpg

イージス・ノヴァ第2戦における敗北によって、レジスタンスはイージス・ノヴァ・シールドを兵器転用する機を逸した。ジャービスを打倒しエイダへの攻撃を阻む機会を失ったのである。だが、事態はまだ終わりを見てはいない。

ヤーハンからの書簡によれば、アコライトはクルーの精神から得た知識をもとに進めていたわけだが、エイダに対する決定打に踏み切るにはイージス・ノヴァ東京で発生するエネルギーが必要となるようだ。アノマリーが生じる力無くしては、アコライトによる攻撃を最大限に活かすことはできないのかもしれない。それはエイダにとって最後の希望であり、ヤーハンとレジスタンスにとって最後の拠り所であろう。

ハンクとアコライトとのやりとりが明らかとなるまではヤーハンからの言葉も眉唾物と受け取っていた。アコライトがエイダに関して言及せざるを得なかったことが、ヤーハンの疑念をより鮮明にしたわけだ。アコライトはウィルスの類を開発したようだが、私の思いつく限りでは自己免疫疾患といったものだろうか。アコライトが単にメッセージと呼んだそれが、エイダに自ら廃絶を余儀なくさせるというのだ。

そのやりとりにおいて、ハンク・ジョンソンはアコライトの企みに同調していたかに見えた。だが、私がその内容を開示するや奴はGoogle+上で私を扇動家呼ばわりし、その真意を明らかにした。奴はエイダへの攻撃を支援してはいないというのだ。どうやら奴は追い詰められているのではないだろうか、自らをエンライテンドと名乗ってはいたが、啓発のジャービス派とも言うべきアコライトを取り巻く人工知能廃絶の気運にいささか耐えかねているわけだ。

それは決してヤーハンにとって悪いことではないことのようだが、アコライトの陰には新たに彼女へ復讐を誓う人物もいる。スザンナー・モイヤーだ。数日前に明かされたことだが、そのイングレスレポーターはアコライトのエンライテンド諜報網から協力を得た。ヤーハンと直接対決に臨むスザンナがインド奥地へと踏み込む手助けをするというわけだ。

正直なところ、スザンナがどの程度わかっているのかは知らぬが、ヤーハンも黙ってはいまい。囚われの姫君というわけでもないのだからね。ヤーハンは頭が切れるし知性的だ、そして危うい。だが、それは...スザンナにも言えることだ。

そして我々は遂に神秘に満ちた...悪名高いと言ってしまうよりはましだろうが...日本人XM研究者の手掛かりを掴んだ。そう、司アキラだ。彼女が最先端のXM研究に携わってきたことはわかっているが、今なおほとんど知られてはいない。いまこそ調査していくときだ。いま現在彼女はNL-PRIME計画に取り組んでいる。特異的なセンシティブを識別し惹きつけるよう開発された高レベルXM飽和環境が完成を間近としているのだ。

それが今週のことだ。状況は激化の一途をたどっている。現地に注視していきた。諸君もそうすべきだろう。先に言ったとおり、この件は最終局面を迎えようとしている。打ち上げに備えるときとなったのだ。

それでは次回お会いしよう。

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

H. Richard Loeb
2016/07/04 20:18:04
We're about two weeks from the end of this and the final pieces are falling into place. Learn more in the Weekly Wrap-Up. #InvestigateIngress

PAC'S WEEKLY WRAP-UP: JULY 03, 2016
July 4, 2016 · by PAC · in Aegis Nova: Weekly Wrap-Ups

We're about two weeks from the end of this and the final pieces are falling into place.

After facing defeat at the second round of #Aegis Nova Anomalies, the Resistance have lost the opportunity to transform the Aegis Nova Shield into a weapon. They've lost the opportunity to strike at Jarvis and prevent the attack on ADA. But their work isn't yet done.

According to a letter from Jahan, the Acolyte will need the energy from the Tokyo Aegis Nova Anomaly to launch her devastating final blow against ADA -- the one she's been developing using the knowledge from Klue's mind. Without the power behind that Anomaly, the Acolyte's attack may not be able to reach its full potential. It's ADA's last hope, and Jahan and the Resistance's last stand.

I was taking this message from Jahan with a grain of salt until I came upon this conversation between Hank and the Acolyte. What the Acolyte had to say about ADA confirms Jahan's suspicions pretty clearly. It seems that the Acolyte has developed some kind of a virus -- the closest analogy I can think of right now is an auto-immune disease. She simply called it a message, and claimed that it would cause ADA to begin to dismantle herself.

In that conversation, Hank Johnson seemed to be kind of nodding along with the Acolyte's plan, but pretty much right after I posted the leak, he hopped on Google+ to call me a rabble rouser and make his true intentions clear. He doesn't support the attack on ADA. My guess is he feels trapped -- he calls himself Enlightened, but he can't quite stomach the level of anti-AI sentiment that surrounds the Acolyte (aka the Jarvis School of Enlightenment).

And as if things weren't bad enough for Jahan as it is, the Acolyte's backing another person's vendetta against her: Susanna Moyer's. In a message that surfaced a few days ago, the Ingress Reporter confirmed that she had gained access to the Acolyte's network of Enlightened operatives -- and these operatives were going to help hertravel deep into India in order to face and confront Jahan.

I honestly don't know how far Susanna intends to take this, but Jahan's no dummy, and she's no damsel in distress either. She's sharp, intelligent and dangerous. But then again... so is Susanna.

We also finally caught a glimpse of the mysterious (is notorious a better word?) Japanese XM researcher: Akira Tsukasa. We know she's been deeply involved in some of the most cutting edge XM research, but little else is known about her. Time to start digging. Her current project, NL-PRIME, (a high-level XM saturation environment designed to identify and recruit exceptional sensitives) is apparently nearing completion.

That's it for this week. Things are heating up. I'll be keeping my eyes open, ears to the ground. You should too.

Like I said, we're almost at the end of this. Time to prepare for the fireworks.

Until next time.

-PAC

#InvestigateIngress