週間総括:2016年06月12日

01_NianticSymbol.jpgP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2016/06/13 12:32:52
イージス・ノヴァ・アノマリー発生からおよそ二週間を経過し、どのような危機が迫っているかが徐々に鮮明となってきている。

weekly21.png

エンライテンドがジャービスによって成功を収めたクルーへの精神介入による調査を進めていることは先週明らかになったことからわかっている。この調査は今なお進められている最中にあるが、そこで得られる脆弱性のすべてがエイダを破滅へと追いやるに違いない。

そして、レジスタンスがこの不利な状況を覆し得ることも明らかとなってきている。すべてはナイジェル・モイヤーへとつながっていく。彼のイージス・ノヴァ・シールドに関する研究成果がその核心にあるわけだ。

イージス・ノヴァ・アノマリー発生の地、ブルックリンにおいて、スザンナ・モイヤーはナイジェルとやりとりすることが適い、暗号鍵を受け取っていた。それは暗号化されたイージス・ノヴァに係るナイジェルの研究成果の復号につながるものだったわけだ。その船舶が何者の関与したものであったかは明らかになっていないが、その容疑者は絞り込まれていった。現時点で私はヤーハンであったと賭けているが、それを裏づけるものはなにひとつない。いずれにせよ、ナイジェルは何かしらの理由でその船舶に拘留されていたようなのだ。そしてスザンナとの接見もナイジェルから情報を引き出す狙いで企てられたもののひとつだったのかもしれない。

どのようなことになろうとイージス・ノヴァ・シールドの兵器転用こそが迫るアノマリーの中核となろう。レジスタンスがこの大規模抗争を制することになれば、その力をジャービスへと向け、エイダを守りきることも適うかもしれない。来週も引き続きこの件は追っていきたい。

今週は日本地域のエキゾチックマター開発に新たな進展があったこともわかった。司アキラの関与するIQテック・イーストによるものである可能性は極めて高いものだ。NL-PRIME である。手元に得た漏洩文書は、その移動式エキゾチックマター設備が乗客をエキゾチックマター飽和状態とし、今後の人材確保に向けた最高水準のセンシティブ特定に寄与することを示唆している。これはエキゾチックマターを巡る世界的な支配権争いが猛烈な加速をみており、その権勢が拡大していっていることを改めて示すものだ。

オブシディウスの文献も幾つか明らかになっていたね。ハンク・ジョンソンはこの古のセンシティブの航海に多大な関心を寄せ続けている。古代のエキゾチックマターに関する叡智の役立つ日が訪れようとしているのかもしれない。

来週はナイジェル・モイヤーとそのイージス・ノヴァ・シールドに関する成果に注視していきたい。この件を追い求めているのは私ひとりではなかろう。

それではまた次回お目にかかろう。

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

H. Richard Loeb
2016/06/13 12:32:52
We're about two weeks out from the next Aegis Nova Anomalies, and a clearer picture of what's at stake is beginning to emerge. Learn more in my Weekly Wrap-up.

#InvestigateIngress

PAC'S WEEKLY WRAP-UP: JUNE 12, 2016
June 12, 2016 · by PAC · in Aegis Nova: Weekly Wrap-Ups

We're about two weeks out from the next Aegis Nova Anomalies, and a clearer picture of what's at stake is beginning to emerge.

We know from evidence uncovered last week that the Enlightened plan to probe Klue's mind for information about Jarvis was a success. That process is underway, and it is likely it will result in a devastating attack against ADA -- one facilitated by intimate knowledge of her every weakness.

Now, we are beginning to understand just how the Resistance may be able to counter this disadvantage. It all leads back to Nigel Moyer -- his research on the Aegis Nova shield lies at the heart of this.

In Brooklyn, at the Aegis Nova Anomaly that took place there, Susanna Moyer was able to make brief contact with him and exchange part of an encryption key (the key encrypts all his Aegis Nova discoveries). We don't know who the boat belonged to, but we've managed to narrow down the list of suspects. Right now, my money is on Jahan, but we don't have the evidence to confirm it yet. Either way, it seems Nigel was being held on that boat for ulterior reasons, and the meeting with Susanna may have been one of many ploys designed to extract information from him.

Any way this deck gets cut, it's clear that the weaponization of the Aegis Nova shield is at the core of the upcoming Anomalies. If the Resistance are able to gain control of this powerful construct, it could be used to strike directly at Jarvis, protecting ADA if possible. I'll be continuing to pursue this line of inquiry in the coming week.

We also learned this week about a new development from a Japanese XM program (most likely Akira Tsukasa's IQTech East): NL-PRIME. The leaked document I recovered suggests that his mobile XM environment is able to hyper-saturate its passengers with XM, identifying those who are the highest level sensitives for possible recruitment. It's another reminder that the game of dominance in the world of XM is accelerating at breakneck pace, and the powers that be are going to increasing lengths to find an edge.

Some additional Obsidius fragments have emerged as well. Hank Johnson remains deeply interested in the voyage this ancient sensitive made. His knowledge of the ancient world of XM could be useful to us in the coming days.

My focus for the coming week will center on Nigel Moyer and his knowledge of the Aegis Nova Shield. And I suspect I won't be alone in trying to learn as much as possible about this.

Until next time.

-PAC

#InvestigateIngress