第1回イングレスの歴史

3DCircleWithoutShadowTransparent.pngフェヴ・ゲームス(fev games)
2016/05/17 00:18:12
第1回イングレスの歴史

part_1-620x350.png

イングレスの歴史を複数回に分けてご紹介していきます。2012年11月以後、このゲームとそのコミュニティは長い道程を歩んできました。私たちはその数々の遍歴を網羅していこうと考えています。これはフェヴ・ゲームス関係者の経験や知識の集大成となります。

ナイアンティック計画とは何か?

これは2012年11月06日に公開された映像に登場した言葉です。そしてナイアンティック計画を巡る、延いてはイングレスを巡る三編のメディア・キャンペーンの口火を切ったのです。これはGoogle+ に注目が集まりつつあった時期でもあり、瞬く間にこのゲームに関する情報収集と招待の中核となっていきました。

ご存知ない皆さんへ説明すると、イングレスでは招待制が採用され、そのアーリーアダプターはGoogle+上でナイアンティック関係者をフォローし、ハッシュタグの #ingressinvite を附した投稿を行うで招待されていたのです。また、公式サイトにサインアップすることでアクティベーション・メールを得られる場合もありました。

invite.jpg

上の画像が多くの人々が待望した招待メールです。イングレスをダウンロードしたうえで、アカウントの「有効化」にこのアクティベーション・コードが必要となったのです。これを使用することで、イングレスという不思議な世界へ飛び込むことができたわけです。

この時期のイングレスはAndroid 版のみであり、そのバージョンは 1.00.0 でした。 文献も説明もほんの僅かしかないまま様々な自然物や人工物に溢れる世界へと一握りの人々が足を踏み入れたのです。エージェントとなった人々は自らの力でポータルを、レゾネーターを、XMPバースターを、リンクやフィールドの形成を見いだしていかねばならなかったわけです。

そこに戦慄を覚えた人々もいたことでしょう。間違いなくコミュニティの成熟が実生活と絡み合うこととなる史上初のゲームだったわけです。卓越した活動や議論、そして偽装を哀れむ声はこの2012年11月から早くも始まっていました。

それではイングレスのバージョン1.00.0の機能面を見ていきましょう。

  1. XMPバースター(レベル1~8)
  2. レゾネーター(レベル1~8)
  3. ポータル・シールド
  4. ポータル・キー
  5. メディア

ポータルは疎らにしか存在しませんでした。本当に僅かにしかなかったのです。私の街には3箇所のポータルがありましたね。街全体で公園がひとつと記念碑がふたつでした。今ではそこに二百を超すポータルがあります。当初のポータルはその多くが Historical Marker Database を元に生成されたものと郵便局だったのです。

バージョン1.00.0 当時のゲーム内活動は幾分異なるものでした。そのひとつに、パワーキューブは存在していませんでした。充分なXMを得ようと車で街中を走り回ったうえでレベル4以上のポータルを攻撃しに向かった日々を、私はまだ覚えています。もっともこの時期ではXMを失うのは対立ポータルからの攻撃によるのみだったかと思います。アイテムの使用でXMが失われることはなく、頻繁にポータルへ攻撃を加えぬ限りはXMの保持はそれほど難しいことではありませんでした。

少なくとも私にとってイングレスが特別なものとなったのは、ゲーム外コミュニティの存在ですね。始めてから48時間も経たぬ間に、私のそばへやってきてイングレスをプレイしているのか訊ねてきた人がいたのです。私にとっては初めての仲間でした。彼は私よりもレベルが高く、私の悩みを解消させる様々な情報を知っていました。どんな質問にも彼は答えてくれました。こうして私は夢中になっていったのです。

この時期、私はゲームに熱中するとともに、ゲーム外のコミュニティへも熱中していきました。Googleグループは早くから多くの情報を扱う中心となっていましたし、ブログやReddit、フィールド・ガイドが登場していったのです。

スキャナー

google-game-ingress-gameplay.jpg

初期の段階から、誰もがこのゲームの機能を学び取ろうとしながら、ファクション間の協力体制を模索しました。これは不愉快なデプロイやスパム・リンクといったものを生み出しましたが、それは実に愉しく夢中にさせるものでしたね。

mod-wheel.png

インターフェイスに関しては、今とは随分と違っていましたね。回転させることで、エージェントは同一画面上でレゾネーターやMODを配置することができたのです。

コミュニティとアップデート
2012年11月末、イングレスに初めてのアップデートが行われました。バージョン1.04.0 が公開されたのです。開発陣の Brandon Badger が Google+ 上で新バージョンの公開を伝えています。これによって私は当初考えていた以上に Google+ の活用を強いられることとなっていきました。大学へ入学したばかりだった当時の私はFacebook をインターネット上の交流基盤としていたのです。

ですが、Google+には異なるところがありました。Brandon によるリリースノートのような投稿へ寄せられるコメントは話題に満ちていたのです。それはまさにフォーラムのようなもので、私は本名でアカウントを取得していました。幼い頃からインターネット上で本名を晒してはならないと教えられてきましたが、Facebook といったソーシャルネットワークの発展は予想されぬことだったわけです。インターネット上に自らの名が挙がることは嬉しかったですね。イングレスがGoogle+と私を結びつけ、今でも私は続けています。

ウィキやブログ、Reddit をまとめ、屍肉に群がるハイエナの如く貪るようになりました。あらゆる変更の可能性を見つけ出しては特定していきました。そして残念なことに、この更新によってイングレスをプレイできていた端末がサポート対象外となっていました。そのひとつにSumsung のGalaxy Mini がありました。振り返ってみても、グラフィック重視のゲームも動作させることのできる素晴らしい端末でした。このスマートホンはRAMを384MB積んだAndroid2.2 だったわけです。最近のスマートホンはどれもRAMを2~4GB積んでいますし、あらゆるスペックで上回っていますね。

スキャナーのアップデート
その後は週に1、2度のペースで更新されていきました。バージョン 1.06.0、1.08.0、1.08.1 が私たちへ公開されています。コード変更が迅速かつ頻繁に行われていたのです。これはクラッシュ問題の修正からサポート対象から外されてしまった端末の復活に及ぶものでした。

2012年12月に入ると、予期していたとおり開発は減速していきました。開発者たちにも休暇や家族といったものがありますからね。

バージョン 1.12.5 は大きな節目となりました。このバージョンでは小さな画面上でもボタンやレイアウトが重なり合わないようにするため小型のレイアウトが追加され、インベントリに2000アイテムという上限が課せられたのです。このアップデート以前には2000を超えるアイテムを所持していたプレイヤーもいることでしょう。ここでナイアンティックは余剰のアイテムを削除するのではなく、2000アイテムを下回るまでは新たにハックできないようにしたのです。

そしてバージョン1.18.1 が登場しました。そのバージョンではもうひとつの大きな変化がありました。

  1. 位置偽装に対するステルス・パッチが追加されたのです。当時の位置偽装はAndroid の設定で現在地を偽装することで容易く実行できていたのです。このアップデート以後はそのような方法で位置偽装することはできなくなりました。
  2. アニメーションを含むあらゆるユーザーインターフェイスに調整または変更が行われました。
  3. 全てのレベルのXMP効果範囲が変更されました。以下にその新旧対照表をご用意しました。
レベル
1 50m 42m
2 75m 48m
3 100m 58m
4 125m 72m
5 150m 90m
6 200m 112m
7 300m 138m
8 400m 168m

効果範囲400m のレベル8XMPバースターを経験したことのある方もいるでしょうが、当時のそれは都市殲滅兵器と呼ばれていました。いま現在のXMPバースターの効果範囲は168mでしかなく、従前から58%も効果を抑えられたことになります。当時のレベル8XMPバースターがどのようなものであったかは古参プレイヤーが教えてくれることでしょう。

第1回はここで終わります。第2回ではバージョン1.20.0を取りあげ、それがどのような変化をもたらしたかに踏み込んでみましょう。

fev games
2016/05/17 00:18:12
The History of Ingress [Part 1]

Welcome to a multi part series documenting the entire history of Ingress.  The game and community has come a long way since November 2012 and we hope to cover all the exciting changes that have happened since then. This is a culmination of personal experiences paired with knowledge from the entire team at Fev Games.

https://wp.me/p56hj3-13X

#FevGames #Ingress #Niantic  

Published on May 16th, 2016 | by Connor Tumbleson
The History of Ingress [Part 1]

Welcome to a multi part series documenting the entire history of Ingress.  The game and community has come a long way since November 2012 and we hope to cover all the exciting changes that have happened since then. This is a culmination of personal experiences paired with knowledge from the entire team at Fev Games.

What is the Niantic Project?
This phrase appeared in this Niantic Project uploaded video on November 6, 2012.

This was the start of a 3 video media campaign to spark hype around the Niantic Project and thus similarly, Ingress. This was also during the rise and boom of Google+, which quickly became the home for learning more about the game and to obtain an invite.

For those unaware, Ingress used to be invite only and early adopters obtained invites by following the Team at Niantic on Google+ and making cool posts, usually with the #ingressinvite hashtag. Others signed up on the official website in hopes to obtain an Activation Email.

The above image is the invite email most were waiting on. This activation code was needed to "activate" your account after downloading Ingress. With that you could jump into the rabbit hole that was Ingress.

At this point in time, Ingress was Android only and labeled version 1.0.0. Those lucky enough joined a world where documentation and instructions were slim and features were plentiful. New agents had to discover portals, resonators, xmps, linking, fielding and more on their own.

For some this was amazing. Arguably the first game of its kind paired with real life immersion, combined with a flourishing community around the game. High quality vectors, discussions and sadly talk of spoofing began as early as November 2012. 

So what was in Ingress 1.0.0 in terms of functionality?

  1. Level 1-8 XMP Bursters
  2. Level 1-8 Resonators
  3. Portal Shields (mod)
  4. Portal Keys
  5. Media

Portals were sparse and I mean very sparse. My hometown had 3 portals: one park and two memorials in the entire town. That same area today has upwards of 200 portals. Most portals were initially generated via the Historical Marker Database and Post Offices.

In game actions reacted a bit differently in version 1.0.0. For one, we had no power cubes. I remember driving in circles around my town trying to pick up enough XM so I could go attack a Level 4 portal more. At this point in the game though, I believe only attacks from enemy portals drained XM. Using items did not drain XM so holding onto XM wasn't too hard unless you frequently attacked portals.

What made Ingress special, at least for me, was the community outside of the game. During my first 48 hours of playing the game someone pulled up next to me and asked me if I was playing. I had met my first teammate. He was a higher level than me and packed with information to aid my confused brain. For every question I had, he had answers. I was hooked.

At this point, I had to immerse myself in the game as well as the communities outside of it. Google Groups was the hub for lots of information early on as well as BlogsReddit and a Field Guide popping up. 

The Scanner
Early on, everyone was still learning how the game worked as well as how teamwork among factions would develop. This led to what today would be called horrible deployment, spam links and more. It however was fun and addicting.

Interfaces looked quite different than what you might be used to today. The carousel allowed agents to manage resonators and mods on the portal from one view. 

Community and Updates
Around the end of November, the first update for Ingress came. Version 1.04.0 was released into the wild. Brandon Badger, one of the developers of the application, let us know on Google+ that the new version had been released. This forced me to use Google+ more than I was initially willing to. Back then, I was a freshman in college where Facebook was the social hub of the web.

Google+ was different though. Comments on posts, like Brandon's release notes, had topics of conversation brewing. It almost was like a forum, but with my public name and account. I had been taught early on in life to keep my full name off the Internet. With the rise of Facebook and other social networking sites, this was not going to happen. I liked having content on the web associated with my name. Ingress brought me into Google+ and kept me there.

Wikis, blogs and Reddit converged on the application and began ripping it apart like hyenas over a dead animal. Every single possible change was being discovered and identified. This update also unfortunately broke support for devices that previously could play Ingress. One of these devices was the Samsung Galaxy Mini, which looking back at was quite amazing it even ran such a graphic intense game. This phone was Android 2.2 with 384MB of RAM. Phones these days usually have between 2-4GB of RAM and infinitely better specs all around. 

Scanner Updates
We then hit a week or two of frequent releases. We saw the drop of 1.06.01.08.0 and 1.08.1. These code changes were quick and often. Fixes ranged from crash fixes to reinstating support for other devices.

December rolled through and development slowed as expected. Developers have holidays and family too.

Version 1.12.5 was a big step up from the previous. This version added small layouts to allow tiny phone screens to use the application without button/layout overlap and limited inventory to 2,000items. Prior to this update some players had way over 2,000 items. Niantic decided not to purge the extra items but to prevent additional hacks of gear until the item count was below 2,000.

Then version 1.18.1 dropped. This version had another big change in terms of what changed.

  1. A stealth patch against spoofing was added. Spoofing back then was easy as mocking location in Android settings. This update prevented such a method from being used.
  2. UI tweaks and changes everywhere, including animations.
  3. XMP Range was changed for every level. The table below shows OLD vs NEW range. (Courtesy of adricm)
LevelOldNew
1 50m 42m
2 75m 48m
3 100m 58m
4 125m 72m
5 150m 90m
6 200m 112m
7 300m 138m
8 400m 168m

For those who got to experiment with 400 meter range L8 XMP. They were known as weapons of city destruction. L8 XMP are now only 168 meters in range, a startling 58% nerf from the previous value. Any old timers to the world of Ingress can let you know how old school L8 bursters worked.

I'll end Part 1 here, and we will pick up with version 1.20.0 and the changes it brought in Part 2 of the History of Ingress.