週間総括:2016年05月15日

01_NianticSymbol.jpgP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2016/05/16 14:40:47
今週は新事実の発覚で幕開けした。サンディエゴのエージェント諸君によってもたらされたものだ。

weekly16.jpg

オリバー・リントン=ウルフが野に下る一因となったエンライテンド集落への襲撃、それはエイダに手引きされたものだったのだ。

今週はひとつの疑問から始まったわけだ。それは何故かということである。

そして、事は起きた。

NoticingChanges.png

何の予兆もなしにポータルネットワークからのエキゾチックマター湧出量が急増したのだ。それだけに留まらない。ヒューロン・トランスグローバル社が初めて開発したXM構造体、ターレットが唐突に最適化され、攻勢的になったのだ。

果たして、これが我々の疑問に対する答えだったのだろうか。有り得ることだ。それではその証拠を挙げていこう。

1. 集落襲撃に関する報告書は、ふたつのやりとりに言及していた。ひとつは襲撃の直前に行われたものであり、もうひとつはしばらく経ってからのものだった。双方の内容は今週のうちに明らかとなっている。エイダがオリバー・リントン=ウルフに対して逃亡を諭し、実際に未知の勢力が彼に害なそうとしていることを示唆していた。強大な勢力から多数のパワーキューブを奪っていたリントン=ウルフには、エイダの指摘は充分な説得力があったわけだ。

2. 次のやりとりで、オリバー・リントン=ウルフは自らの無事をアコライトへ伝えていたが、オブシディアン・シールドに関する知識が原因であるとも語っていた。オリバーとエイダは何かとんでもないことに後一歩のところまで来ていたわけだ。

3. そしてポータルネットワークに変化が生じたわけだ。ロラゾン(IQテック・リサーチ社)とニィ(ヒューロン・トランスグローバル社)とのやりとりを信じるのであれば、この変化の背後関係に巨大勢力は存在していないことになる。

4. 更なる裏づけとなったのが、傍受されたハンクとアコライトのやりとりだ。アコライトはポータル内に生じた変化がエイダとリントン=ウルフの仕業と言い切っており、現時点では私もその主張がそれほど的外れとは思えない。

それでは、この件に興味を寄せる理由と不気味に思える理由をお伝えしよう。仮にオリバー・リントン=ウルフとエイダが僅か数日のうちにポータルネットワークへ大規模な変化を及ぼす手段を見つけ出したのであれば、それを外部からの関与なしに遂行したのであれば...そいつは大変な力だよ。ヒューロン・トランスグローバル社やIQテック・リサーチ社、ヴィスル・テクノロジー社といった企業や世界中の国家が備える類の力だ...

要は、オリバーとエイダはそういった力に辿り着いたということだ。そして今や、その力は野望に満ちた人工知能の手中に墜ちた。結局のところ、リントン=ウルフはエイダによって生み出された巧妙なまやかしに囚われたわけだ。

ことは成していっている。次週には何かしら得ることになるだろう。エージェント諸君、我が言葉を胸に刻み込むのだ。新たな強大なる力を手中に収めんとする抗争は、イージス・ノヴァを通じてその全容が明らかとなっていくだろう。

そうだ、今週は他にも衆目を集める文献がふたつほどあったね。ひとつ目はイージス・ノヴァ・アノマリーの仕組みに関する興味深い事実を明らかにしたヒューロン・トランスグローバル社の文献であり、アノマリーに関わろうと考えている諸君には必読の内容だ。もうひとつはスザンナ・モイヤーによる新たなイングレスレポートだね、スザンナは「Inspired and Inspiring Agents」と題したその放送で、素晴らしい作戦報告を取りあげている。

さて、諸君はご存知のことだろうが、この記事の末尾でコメントを寄せることができるよ。それは諸君の力を発揮する場だ、それは鋭い質問を飛ばし、私の見逃したことを指摘する力だ。力を行使せよ、世界を形作るのだ。

それでは次回またお会いしよう。

P.A. シャポー

#InvestigateIngress

H. Richard Loeb
2016/05/16 14:40:47
Our week began with a revelation, one brought to us by Agents in San Diego:

The destructive attack on the Enlightened compound -- the one that caused Oliver Lynton-Wolfe to go to ground -- was caused by ADA.

We began this week with a single question: Why?

And then something astounding happened.

#InvestigateIngress

PAC'S WEEKLY WRAP-UP: MAY 15, 2016
May 15, 2016 · by PAC · in Aegis Nova: Weekly Wrap-Ups

Our week began with a revelation, one brought to us byAgents in San Diego:

The destructive attack on the Enlightened compound -- the one that caused Oliver Lynton-Wolfe to go to ground -- was caused by ADA.

We began this week with a single question: Why?

And then this happened:

Without warning, XM production from the Portal Network spiked rapidly, and that wasn't all. Turrets, one of Hulong's first forays into XM Construct development, suddenly re-emerged greatly optimized and far more aggressive.

So, was this the answer to our question? It's a possibility. Here's the evidence we've got on that front:

1) The Compound Attack Report talked about two conversations, one that took place just before the attack and the other some time later. Transcripts of both emerged this week, confirming that ADA warned Oliver Lynton-Wolfeto escape, and in fact suggested to him that some unknown external force wanted to harm him. Given that Lynton-Wolfe had stolen a very large number of Power Cubes from some very powerful people, he had every reason to believe her.

2) In the second conversation OLW confirmed to the Acolyte that he was safe but he also said something telling: that he was wanted because of his knowledge of the Obsidian Shield. That he and ADA were just a few steps away from something incredible.

3) Then, the Portal Network changes happened. This conversation between Lorazon (IQTech) and Ni (Hulong) emerged and, if they are to be believed, revealed that none of the big XM corps were behind the changes.

4) The cherry on our evidence sundae was a surveilled call between Hank and the Acolyte. The Acolyte's pretty sure ADA and Lynton-Wolfe were behind the changes in the Portals, and at this point, I've gotta say she doesn't sound too crazy.

Here's why this is interesting, and why it's scary: If Lynton-Wolfe and ADA have figured out how to cause such major changes in the Portal Network in just a matter of days and with little or no outside influence... well... that's a lot of power. That's the kind of power that a company like Hulong, or IQTech, or Visur, or any country in the world would...

Let's just say they would go to great ends to enjoy exclusive access to such power. And right now, that power lies solely with an ambitious AI. Lynton-Wolfe, after all, is trapped in a fictional bubble of her creation, one crafted with smoke and mirrors.

The chips are falling. And next week, I suspect we'll see where some of them land. Mark my words, Agents: The struggle to gain access to this new and immense power is going to shape the landscape through Aegis Nova.

Before I go, two other big items that deserve your eyes this week: The first was a document from Hulong that revealedsome compelling facts about how the Aegis Nova Anomalies will function -- a must read for anyone who is planning on being involved with them. The other was Susanna Moyer's latest Ingress Report, she covered some truly remarkable Sitreps in an aptly titled show called 'Inspired and Inspiring Agents.'

OK. You know the drill Agents. That space below this post, the one where you can make a comment -- that's where your power lies -- the power to ask the right questions and point out the what that I may have missed. Use that power. Shape the world.

Until next time.

-PAC

#InvestigateIngress