ナイアンティック調査 2016年04月の状況変化

3DCircleWithoutShadowTransparent.pngフェヴ・ゲームス(fev games)
2016/04/30 03:12:08
ムスタファ・サイードがイングレス・ロアシリーズ2016年04月で、このゲームの背後にある物語の最新状況を紹介します。

Niantic-Project-Board-620x350.png

2016年04月29日 ムスタファ・サイード
ナイアンティック調査(2016年04月状況更新)

皆さん、こんにちは。改めて2016年のナイアンティック調査を探って行きましょう。

さて、皆さんが知っておくべき重要な物事とは何でしょうか。

さて、オブシディアン・アノマリーのあと、イングレス界はエキゾチックマターの枯渇に直面しました。ヘリオス・アノマリーの折にデブラ・ボグダノヴィッチはポータル・ウィルスを解き放ち、レゾネーターに干渉して時間経過によるポータルの自然崩壊を冒しましたが、今回はそれと異なりオブシディアン・シールドの反動によって世界にエキゾチックマターを自然湧出させるというポータル機能を改竄させるものでした。すぐさま暫定的な緩和策が提供されるとともに状況を打開するための調査が開始されました。

オリバー・リントン=ウルフはアコライトに対し、エージェントの救済にネットワーク内に隠されたパワーキューブの備蓄解放を進言しましたが、同時にそのためにはエイダの協力が必要と主張しました。

また、ハンク・ジョンソンとヤーハンはイージス・ノヴァの謎について語り合っています。その際、ヤーハンはハンクへ協働の説得を試みていました。

LikeBefore.png

リントン=ウルフのエキゾチックマター枯渇への取り組みは新たな段階へと進みました。世界規模のポータル調査を公表したのです。これはシェイパー・グリフとポータル間の相互関係を調査するという世界規模のミッションでした。

「収集したデータによってオブシディアン・シールドがエキゾチックマターの枯渇をどのようにして引き起こしたのか、どのようにしてその解消法を見つけ出すのかに公明を投じることを願っている。」

2016年04月16日から21日にかけて、エージェントは地球全土に拡がる特定のポータルの写真を提供するという使命を帯びました。リントン=ウルフは必要となるグリフを提供しています。

同時期にエージェント集団は独自にオペレーション・エクスカリバーという類似した調査に乗り出していました。それは「特定のポータル周辺でグリフを形成するというものでした。今回はアンチマグナスの活動に関連深い場所で行われていました。」

いずれの世界的取り組みも調査を成功に導き、リントン=ウルフは参加した誰もに謝意を述べました。

ですが、事態は未知の勢力によってエンライテンド集落が襲撃を受けたことで暴力的な様相を呈してきました。この混乱の末にオリバーはその姿を消してしまったのです。果たして彼自身の合意あってのことだったのでしょうか、あるいは襲撃者によって拉致されたのでしょうか。

エキゾチックマターの枯渇はまだ継続しているにもかかわらず...

「調査員たちは謎の深淵に踏み込み続けています。どのようなことであろうと私たちは真実を探究していきます。ファクションも人種も性別も年齢もそこでは問題とはなりません。不思議の国へと旅立つため、オペレーション・エセックスへと参加しましょう。Investigate:Ingressはもとより、ナイアンティック研究者やセンシティブ、企業のページに注視してください。」

それではまたお会いしましょう!

fev games
2016/04/30 03:12:08
Keep up to date with the story behind the game with +Mustafa Said's April edition of our ingress lore series

 

Published on April 29th, 2016 | by Mustafa Said
The Niantic Investigation-April 2016 Status Update

Hello there and welcome back to Fev Games as we explore the Niantic Investigation in 2016.

So what's the most important thing or things that you need to know in order to jump in?

Well, following the Obsidian Anomalies, the world of Ingress faced an XM Drought. Unlike the Portal Virus that Devra Bogdanovich unleashed during the Helios Anomalies, which interfered withResonators and natural Portal decay over time, this particular backlash of the Obsidian Shield tampered with a Portal's ability to naturally produce XM back into the world.  Almost immediately, actions were taken to provide temporary relief and as a search was initiated for a cure to the situation.

Oliver Lynton-Wolfe had spoken to the Acolyte, claiming of a way to release a stockpile of Power Cubes hidden within the Network to provide relief to Agents-but that he would also need ADA's help in doing so. 

Meanwhile, Hank Johnson and Jahan spoke of the mysteries that lie ahead regarding the Aegis Nova. Jahan attempted to convince Hank to work alongside her

Lynton-Wolfe's efforts to combat the Drought reached new levels when he publicly announced the#GlobalPortalSurvey: A massive, worldwide mission to study 'the interaction between Shaper Glyphs and Portals. It is my hope that the data we gather will shed light on how the Obsidian Shield has caused the XM drought and thus find a cure.'

From April 16th-21st, Agents were tasked with submitting photos of specific Portals across the planet. Lynton-Wolfe provided the necessary Glyphs.

Around the same time, a group of Agents took on their own similar study, titled Operación Excalibur, which was to 'create Glyphs around specific Portals (towers in this case, sites previously associated with Anti-Magnus activities).'

Both of these global initiatives have become successes, with Lynton-Wolfe providing thanks to all who participated.

Things however began to take a rather violent turn as news broke of an attack on the Enlightened Compound by unknown forces. After the chaos, Oliver disappeared. Whether he did so of his own accord or if he was kidnapped by the attackers remains to be seen. 

The XM Drought continues...

Serious investigators dig deeper. Seeking the truth, no matter where it may lead, is our calling. Faction, race, gender, age - none of these things matter here. To potentially dig down the rabbit hole, join us at Operation Essex. Keep a close eye at Investigate:Ingress as well as pages of the Niantic Researchers, sensitives and Corporations to learn more. 

Until next time!