アプリケーションパッケージ解析 [1.98.1]

3DCircleWithoutShadowTransparent.pngフェヴ・ゲームス(fev games)
2016/04/19 03:50:01
イングレスに新たなバージョンがお目見えしました!バージョン 1.98.1 での変更を Connor Tumbleson とともに見ていきましょう。

1-98-1.png

2016年04月18日 Connor Tumbleson
アプリケーションパッケージ解析 [1.98.1]

皆さん、こんにちは。新たなイングレスの解析をお伝えします。いま現在、このバージョンは徐々に公開されている段階ですから、いつものようにその内容をご紹介しますが、まもなくお手元に展開されることでしょう。

日本地域におけるポータル申請
さて、地域限定でポータル申請が再開されるとの一報があった後、私たちは半径を備えた緯度・経度の座標情報が追加されていることを発見しました。その生データがこちらとなります。
https://connortumbleson.com/ingress/1981/1.98.1-points

latitude,longitude,circle_radius
40.649387,142.198792,74794m
39.925535,142.396545,66659m
38.309134,140.998192,1794m
38.238180,143.481445,193998m
36.330615,141.284180,63370m
37.507547,141.972199,119073m
37.944198,141.786804,80373m
36.537502,140.678558,8565m
36.317338,140.597191,4011m
38.323343,141.039047,3888m
36.483140,141.937866,119075m
38.370732,141.069088,3460m
37.454148,140.467072,30191m

この情報を活用し、私たちは当該地域を視覚的に表現してみました。このデータから日本地域の海岸線においてポータル申請機能が再開されたことがわかりますし、こちらの公式投稿からもわかります。

ポータル申請するためには、レベル2 以上のエージェントであり、かつ当該地域にいなければなりません。

2016-04-15.png

さらにインタラクティブ・マップも用意しました。
https://www.google.com/maps/d/u/0/viewer?mid=zArqrO6lHYG8.kHWB2LyBh36U

裏づける事実もコードもありませんが、私は今回の期間限定ポータル申請を新たなポータル承認手続きの最終検証ではないかと睨んでいます。

ベテラン・エージェントであれば審査期間の長期化問題を証言してくれることでしょう。もしかすると新たな解決策が開発され、地域限定で検証されているのかもしれません。

RoboVM
説明すると、イングレスでは基盤となるエンジンに LibGDX を使用しています。ちなみに、これもナイアンティック社が開発している Pokemon GO では Unity が使用されています。 LibGDX でアプリケーション開発に必要なクロスプラットフォーム環境を提供するために、他のツールも活用していますが、そのひとつが RoboVM というツールです。 RoboVM は、iOS 端末上で LibGDX を動作させるためのキーパーツなのです。

しかしながら、この RoboVM は開発が滞って1年が過ぎています。これがイングレスにどのような影響を及ぼすでしょうか。

それでは一般的な疑問を挙げてみましょう。

  • RoboVM は開発終了してしまったのでしょうか、いまどうなっているのでしょうか。
  • 少なくない libGDX の開発者が RoboVM のフリーライセンスキーで iOS 向けに libGDX のアプリケーションを展開させています。これらのライセンスキーは2017年04月17日まで引き続き利用できますが、RoboVM に更新は行われず、新機能も不具合修正もありません。

そして、良くなる兆しもあります。

  • iOS 向けの libGDX の未来はどうなってしまうのでしょうか。
  • Tomski は、マルチOSエンジン としての新たな libGDX を既に作成し終えています。ここではそのロードマップを...

今年はイングレスにとって長い一年間となることでしょう。ここ一年のうちに多数のアノマリー・シリーズが行われ、数多くのアプリケーション・アップデートが行われてきました。このようなことは何の問題も発生しなかった場合のことであり、要するに関心深い情報ということです。

総括
今回のバージョンは、おそらく日本地域のポータル申請に係る不具合修正のためであり、変更点としては比較的小規模なものです。構築されたのは2016年04月13日でした。イージス・ノヴァが迫っています、サバンナでお会いしましょう!

fev games
2016/04/19 03:50:01
Another Ingress version hits the store! Take a look with +Connor Tumbleson with what has changed in 1.98.1.

Published on April 18th, 2016 | by Connor Tumbleson
Ingress APK Teardown [1.98.1]

Hi everyone and welcome back to another Ingress Teardown. Version 1.98.1 is currently rolling out slowly so like usual we are here to peek into it and see what is coming.

Japan Portal Submissions
So after the news of portal submissions coming back regionally, we saw the addition of latitude and longitude coordinates with specific radius added. The raw data if interested is here. Using this information we can create a visual representation of the areas. We can see from this data that mainly coastline Japan has gained the ability to create portals again, which we learned from this official post here. You must be Level 2 or above and in these areas to submit portals.

Or a more interactive map.

My gut says (No facts or code to back up) that this limited portal submission period is for testing a new backend for approval of said portals. Those veteran agents can attest to the problems of long queue times we had with portal submissions so maybe a new solution was developed and being tested with a small area.

RoboVM Says Goodbye
Let's put on our learning hats. Ingress uses LibGDX as the underlying engine for the game. For comparison, PokemonGO (Another game by Niantic) uses Unity. In order for LibGDX to provide a cross platform base for developing applications they utilize other popular tools. One of these tools is known as RoboVM - https://robovm.com. RoboVM is the key part for using LibGDX on iOS devices.

However, RoboVM is going away in a year. So what does this mean for Ingress?

The FAQ starts bleak.

  • RoboVM is dead, what now?
  • Quite a few libGDX folks have free RoboVM license keys to deploy their libGDX app on iOS. These license keys will continue to work until the 17th of April 2017. However, there will be no further updates to RoboVM, be it new features or bug fixes.

Then it starts to look good.

  • What is the future of libGDX on iOS?
  • Tomski has already written a new libGDX backend for Multi-OS engine. Here's the roadmap for libGDX....

A year is a long time in terms of this game. We have seen multiple anomaly series and a ton of application updates in a year. This might not cause any problems at all as shown above, just an interesting tidbit to bring up.

Conclusion
This version was relatively small in terms of changes so probably was a bug fix release for the Japan portal submissions. The build date was April 13. Aegis Nova is approaching and I'll see some of you in Savannah!