週間総括:2016年04月10日

01_NianticSymbol.jpgP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2016/04/11 14:08:55
私の立場から見て、先週に生じたのは反動と復帰である。イングレス界の両エージェント、両指導者はオブシディアン・アノマリーの余波に苦しんでいる。エキゾチックマターの枯渇が困難な状況を生み出し、とても私は楽観してはいられない。だが、明らかとなりつつある解決策に我々は再び脚を踏み入れようとしているようだ。

何が起ころうとしているか見ていこう。先週の総括では、4月2日のアノマリーを終えオブシディアン・シールドが蘇ったことでエキゾチックマターの枯渇を招いたことがわかり始めたところだった。その後、ゴーラックの活動の一環として収集されたシビュラの予言を解読すべく世界中のエージェントが一致団結していたことがわかった。シビュラは枯渇を予見していたが、闇を飲み込む光も予見していた。引き続き注視せねばならない。

ハンク・ジョンソンは枯渇問題に関して勇気づける見解を示した。枯渇とシールドによって歩み寄りの機会を得られたが、より重要なのは先を見通すことであるとハンクは考えている。オリバー・リントン=ウルフが今週アコライトと対話の機会を持った折、このエキゾチックマターに関する見識豊かな技術者はオブシディアン・シールドの排除が果たして最善の策かと投げかけたが、私も同意見だ。

その後すぐにリントン=ウルフが代替策を示したことは、リントン=ウルフとアコライトの間で交わされた二度目のやり取りからも明らかだ。リントン=ウルフは世界中に備蓄されるパワーキューブの解放と引き替えにエイダを自由にするよう取引をもちかけた。備蓄解放の鍵はエージェント諸君が世界各地のポータルへ向かわせた手掛かりの内にあった。復号された画像の連なりからグリフ配列が明らかになったのだ。情報筋によると、オリバー・リントン=ウルフはグリフ配列の復元を大いに喜んだという。既に格納器の解錠に着手し、パワーキューブを解放させようとしているとの報告もあるが、これらの報告にはまだ裏を取れてはいない。

オリバー・リントン=ウルフとエイダの結託が何を意味するのか、Question of the Day を通じて数多くの意見が寄せられた。

エイダはここのところ音信を途絶えていたが、リントン=ウルフの思惑通りにことが進めば転機となるやもしれない。私もエイダとの関わりは長いが、ひとつ言えることは、彼女は事を荒立てるということだ。

新たな週を迎えるにあたって私の考えを述べるとしよう。我々がエキゾチックマター枯渇に抗い得るにはどのような方策があるだろうか、そして誰がその矢面に立つのだろうか。アコライトとリントン=ウルフか、それともヤーハンか。あるいはエイダなのだろうか。彼らはオブシディアンを教訓とするだろうか、あるいは言葉交わすことなく実力行使し後の世に謎を残していくのだろうか。

ひとつ確かに思えるのは、ポータルの命運を左右する力が我々、エージェント諸君と調査員諸君にはあるということだ。我々の活動とその活力はオブシディアン・シールドに利用され、我々の底力と協調が備蓄パワーキューブの解放へとつながった。如何なる選択をしようとも我々が最前線に立つことになろう。

最後となったが、次節アノマリーのコードネームが「イージス・ノヴァ」であることが今週明らかとなった。その名から読み取れることは数多く、知り得ることも数多い。シビュラの予言を考慮すればなおさらのことだ。諸君にとっては何を意味するだろうか。コメントを寄せて欲しい。

P.A. シャポー

weekly11.jpg

H. Richard Loeb
2016/04/11 14:08:55
From where I'm standing, last week has been one of reaction and recovery. Both Agents and leaders in the world of Ingress have struggled with the aftermath of#IngressObsidian. The XM drought created a formidable predicament, and I'm not one for naive optimism, but now it seems we're getting our feet back under us again as solutions begin to emerge.

#InvestigateIngress

PAC'S WEEKLY WRAP-UP: APRIL 10, 2016
April 10, 2016 · by PAC · in Aegis Nova: Weekly Wrap-Ups

From where I'm standing, last week has been one of reaction and recovery. Both Agents and leaders in the world of Ingress have struggled with the aftermath of #IngressObsidian. The XM drought created a formidable predicament, and I'm not one for naive optimism, but now it seems we're getting our feet back under us again as solutions begin to emerge.

Take a look at what's been going on. In my last Weekly Wrap-Up, we were just beginning to see the new reality of the XM drought following the April 2nd Anomalies and the raising of the Obsidian Shield. Since then, we learned that Agents around the world had teamed up to decipher a prophecy from Cybella collected as part of GORUCK activities. Cybella foresaw the drought, but also something else: A light that consumes the darkness. Stay tuned on that one.

Hank Johnson offered his perspective on the drought along with a few words of encouragement. He thinks that the Shield and drought represent an opportunity for collaboration, but more importantly, forethought. I noticed a similar idea in Oliver Lynton-Wolfe's conversation with the Acolyte this week when the XM savant and engineer asked whether the removal of the Obsidian Shield is really the best plan.

Lynton-Wolfe offered an alternative solution shortly thereafter, as evidenced by a second conversation between OLW and the Acolyte. He attempted to broker a deal with her: unfettered access to ADA in exchange for the release of Power Cube stockpiles around the world. The key to releasing these stockpiles lay within a clue that led Agents to Portals around the world, and through a series of decoded images, a Glyph Sequence. A source told me that OLW was delighted at the recovery of the Glyph Sequence, and some reports suggest that he had already begun the process of unlocking the reservoirs and releasing the stockpile of Power Cubes. As of now, however, those reports are unconfirmed.

A number of you shared your opinion about what a collaboration between OLW and ADA would mean via theQuestion of the Day. ADA has been quiet as of late, but if OLW gets his way, that may change. ADA and I have a long history, but one thing I know for certain: she makes waves.

Here's what I'm thinking about as we enter the week ahead: What are the different ways in which we can address the XM drought, and who will be at the leading edge of that work? The Acolyte and Lynton-Wolfe? Jahan? ADA? Will they learn anything from Obsidian, or will they continue to shoot first and ask questions later?

One thing is clear to me. The power to control the fate of the Portals lies with us -- with the Agents and Investigators of Ingress. Our work and energy was used to raise the Obsidian Shield, our resources and collaboration led to the unlocking of the Power Cube stockpiles, and whatever path we trace on our way out of this situation, I'm certain that we'll be on the cutting edge.

One final thought: Intel emerged earlier this week that the next set of XM Anomalies have been codenamed "Aegis Nova." There's a lot we could read into that phrase, and a lot we could learn from it, especially in light of Cybella's prophecy. What does it mean to you? Let me know in the comments.

-PAC

#InvestigateIngress