アプリケーションパッケージ解析 [1.97.1]

3DCircleWithoutShadowTransparent.pngフェヴ・ゲームス(fev games)
2016/04/06 08:16:17
オブシディアン・アノマリー終了後にイングレスの新バージョンがこっそりと導入されました。 Connor Tumbleson とともに確認してみましょう。

1971.png

2016年04月05日 Connor Tumbleson
アプリケーション・パッケージ解析 [1.97.1]

皆さん、ごきげんよう。新たに解析をするときが来ました。オブシディアン・アノマリーが終わり、アプリケーションパッケージの更新がこっそりと明らかになりました。今回のバージョンでも Play Store から入手の可能性があります。今回のバージョンにはリリースノートに記載のない事項を幾つか把握しています。それでは確認してみましょう。

Crittercism
バージョン1.95.1においてお伝えしたように、この新たなツールはクラッシュ問題を識別するために活用されていました。その欠点はイングレスで従前から使用されていたものに加えて多くのリクエスト送信が行われることにありましたが、今回新たな値が追加されていました。

crittercismSendPerfDataProbabilityE6

この値は使用端末において修正等を識別するためのデータを定期的に送信するかを決定する抽選に活用されます。今回の変更ではその値が現状0となっており、この投稿時点で Crittercism へデータ送信を行っている端末がないということです。これはサーバー側で変更可能なものですが、もはや有効化されないことを期待しています。

ポータル申請の再開
慌てないでくださいね。これは特定の地域に限定されたものです。次のような追加が確認されています。

  • allowRegionSpecificSubmissions
  • minLevelForSubmission
  • radiusParamsSet

最初のパラメータ(allowRegionSpecificSubmissions)は、他のパラメータ(radiusParamsSet)の機能を有効化させるためのトグルのようです。最初のパラメータ(allowRegionSpecificSubmissions)が有効化されている場合には、再びゲーム内のポータル申請許可地域に指定された場所で行うことができます。端的に言えば、この世界の特定地域でのみポータル申請が再開されるのです。おそらくは今後数週間にわたって日本地域で行われることでしょう。更に、パラメータ(minLevelForSubmission)はポータル申請を特定レベルのエージェントに限定できるということです。これがレベル8以上に設定されるならば面白い展開となるでしょう。

総括
ひとつのバージョンが終わります。イングレスにバージョン2.00.0系が訪れようとしているのです。それが如何なる意味を持つことになるのでしょうか。あるいは単にバージョンが1.99から上がるに過ぎないのでしょうか。

fev games
2016/04/06 08:16:17
A new Ingress version slips out after the end of Obsidian. Take a peek with+Connor Tumbleson 

Published on April 5th, 2016 | by Connor Tumbleson
Ingress APK Teardown [1.97.1]

Hello everyone and welcome back to another Ingress teardown. Obsidian has ended and an APK update has snuck out. This version, like others, is making its way to a Play Store near you. We have a few things hiding in this version that aren't apparent in the release notes, so let's take a peek.

Crittercism Toned Down
First noticed in 1.95.1 was this new tool used to help identify crash issues. The downside is that it sent a lot of requests in addition to what Ingress already uses. We saw the addition of a new value.

crittercismSendPerfDataProbabilityE6

This is used as a lottery to determine whether your device will send periodic data used for identifying fixes and more. This change is currently at 0, so no devices on 1.97.1 (as of this post) are sending any data to Crittercism. This can of course change server side, but it's good to see it's no longer enabled for everyone all the time.

Portal Submissions Coming Back
Before anyone gets excited. This will be isolated to certain geographical regions. We saw the following added changes.

  • allowRegionSpecificSubmissions
  • minLevelForSubmission
  • radiusParamsSet

The first parameter (allowRegionSpecificSubmissions) seems to be a toggle to allow another parameter (radiusParamsSet) to function. If region specific submissions are enabled, the game will use a radius set to whitelist areas allowed to submit portals again. In simpler terms - Only certain areas in this world will have portal submissions back. This will probably be the Japan area in the upcoming weeks.

Additionally we see (minLevelForSubmission) so submissions can be enabled only for agents at a certain level. This is an interesting twist especially if the requirement is set at Level 8 or above.

Conclusion
Another version comes to an end. We are getting closer to Ingress 2.00.0 every version. I wonder if it will have any significance or simply be a version increase from 1.99.