シールドの謎

01_NianticSymbol.jpgP.A. シャポー(P.A. Chapeau)
2016/03/22 09:13:29
日本、イタリア、アメリカ合衆国、マルタ、ドイツ、フランス、インド、ロシアという世界各国のエージェントが週末から一丸となって取り組み、アコライトの言葉を手に入れることが適った。素晴らしい復元任務の一端を紹介する写真から垣間見ることができよう。

Agent Jordan LAS (djoz4u) at Les Invalides in Paris, France.
JordanLAS.png

Agent David Durán at Granada Cathedral in Granada, Spain.
DavidDurán.jpg

Agent Samantha Erin at Griffith Observatory in Los Angeles, CA, USA.
SamanthaErin-e1458601951312.jpg

Agent Paul Siu at Adler Planetarium in Chicago, IL, USA.
Paul-Siu.jpg

Agent Aldo TKOL (国防戦)at the Pantheon in Rome, Italy.
AldoTKOL.jpg

Agent Per Modin at the Mosta Dome in Mosta, Malta.
PerModin.jpg

Agent Hiroaki Osada at the Tokyo Dome in Tokyo, Japan.
HiroakiOsada.jpg

Agents Joe Nastri,Jonathan Pulling andSteven Yates and at the US Capitol in Washington DC, USA.
JoeNastri1.jpg

Agents Mario GKnast Waffe and Jens Buthut at the Berlin Dom in Berlin, Germany.
MarioG.jpg

回収地点には共通点が見受けられた。イタリアの名高きパンテオン、ベルリン大聖堂、アドラープラネタリウム天文博物館など、いずれも円屋根状の構造物であったというところだ。思慮深き者であれば、ティトゥスがオブシディウスとその仲間たちにマルクス・アグリッパのパンテオンで接見した折、ドームへ言及していたことを思い起こしたことだろう。

ドームとは13マグナスに関連したものではないかと私は疑い始めている...少なくとも古代文明で極めて象徴的なものであるこのような構造とオブシディアン・シールドには何かしらの関係があるのではなかろうか。ドームには長年にわたる宗教的意義や文化的意義が備わっているわけだが...プライム・アーティファクトのようなものなのだろうか。太古のアーティファクトを模倣することによって、超次元的な機能を植え付けようとしたのだろうか。考察すべきことだ...諸君の意見も寄せて欲しい。

エージェント諸君が発見したもの各々にはアコライトからのメッセージの一文が含まれていた。そのメッセージにおいて、アコライトはオブシディウスの旅路は我々の未来へも影響を及ぼすものであったという自身の考えを明かしたのだ。それでは回収された断片を紹介しよう。

第1片: アンヴァリッド(フランス、パリ)において回収された。

第2片: アメリカ合衆国議会議事堂(ワシントンD.C.)において回収された。

第3片: パンテオン(イタリア、ローマ)において回収された。

第4片: アドラープラネタリウム天文博物館(イリノイ州シカゴ)において回収された。

第5片: タージ・マハル(インド、アグーラ)において回収された。

第6片: ベルリン大聖堂(ドイツ)において回収された。

第7片: グリフィス天文台(カリフォルニア州ロサンゼルス)において回収された。

第8片: 東京ドーム(日本)において回収された。

第9片: モスタ・ドーム(マルタ)において回収された。

第10片: サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(イタリア、フィレンツェ)において回収された。

第11片: マサチューセッツ工科大学グレートドーム(マサチューセッツ州ケンブリッジ)において回収された。

第12片: 聖ワシリイ大聖堂(ロシア、モスクワ)において回収された。

第13片: グラナダ大聖堂(スペイン)において回収された。

メッセージの全文は次のようになる。

「2千年以上の昔、現在ではベスビウス・マグナスとして知られる謎めいた存在からオブシディウスというローマ人探検家が使命を帯びました。ティトゥスが友、件の探検家の使命は鏃を収集することでありました。それは私たちがオブシディアン・シールドの名で知るものでした。オブシディウスは世界中を航海しました。北アフリカの熱砂からゲルマニアの氷原へと、南アフリカの蒸し暑い密林から上海の賑やかな港町へと。彼は鏃の真の意味するところを知りはしませんでした。ただ見つけ出して保管しなければならなかったに過ぎません。だが期待に反して、鏃はシールドを形成したのです。恐ろしいことに、アバドンの棺から抜け落ちたる空白は、鏃によって埋まることでしょう。オブシディウスはセンシティブでした。彼は限りあるその人生でアーティファクトを発見したのです...未知なる手によって、遥か無限にして如何なる場所にも存在する存在、ナジアの導きによって。オブシディウスの旅路には二人の伴がいました。あらゆる言語を操る案内人のシュファクス、そして神託を得ることのできる巫女のシビュラです。シュファクスには秘めたる使命があり、シールドの秘密を守り通すため幾多の人々を殺めていきました。シビュラは予言を残していましたが、それは千年の長きにわたって知られることはありませんでした。今なおその真実は一端を垣間見たに過ぎません。件のシールドが私たちの世界を隔てる壁を打ち破り得るのだと信じるばかりです。ですが、誰もがこの信念を共にしているわけではありません。異なる解釈に至る人々もまたいるのですから。」

エージェント諸君、今回の情報を回収し復元してくれたことは実に見事だった。アコライトとヤーハンによって事態は急展開を見せており、彼らの目論見は我々の理解を超えたものとなっている。4月2日とその先に待ち構えるものへ我々は備えておくべきだろう。

P.A. シャポー

H. Richard Loeb
2016/03/22 09:13:29
Agents around the world - in Japan, Italy, the United States, Malta, Germany, France, India and Russia worked together over the weekend to help recover these words from the Acolyte.

#InvestigateIngress

THE SECRETS OF THE SHIELD
March 21, 2016 · by PAC · in Intelligence and Other Media

Agents around the world - in Japan, Italy, the United States, Malta, Germany, France, India and Russia worked together over the weekend to help us gain access to these words from the Acolyte. Some of those incredible recovery efforts are shown above.

There was a pattern connecting the recovery sites: They were all domed structures, like the famous Pantheon in Italy, the Berlin Dom and the Adler Planetarium. The most observant among you will recall the mention of a dome over Titus, Obsidius and his fellow explorers when they met at the Pantheon of Marcus Agrippa in Rome.

I am beginning to wonder if domes might in fact be connected to 13MAGNUS... at the very least there seems to be a relationship between these ancient and highly symbolic structures and the Obsidian Shield. Domes have long had significant religious and cultural significance... could domes be like Prime XM Artifacts? Imitations of an original, ancient Artifact imbued with transdimensional power? Food for thought... share your comments below...

Each of the Agents' finds contained a sentence in a larger message from the Acolyte. In that message she shares her thoughts on the journey of Obsidius, as well as what its impact on our future may be. Here are all the recovered fragments:

Part 1, recovered at Les Invalides in Paris, France.

Part 2, recovered at the US Capitol Building in Washington DC, USA.

Part 3, recovered at the Pantheon, Rome, Italy.

Part 4, recovered at the Adler Planetarium in Chicago, IL, USA

Part 5, recovered at the Taj Mahal in Agra, India.

Part 6, recovered at the Berlin Dom in Berlin, Germany.

Part 7, recovered at Griffith Observatory, Los Angeles, CA, USA.

Part 8, recovered at the Tokyo Dome in Tokyo, Japan.

Part 9, recovered at the the Rotunda of Mosta in Mosta, Malta.

Part 10, recovered at the Florence Duomo, in Florence, Italy.

Part 11, recovered at the Great Dome at MIT, in Cambridge, MA, USA.

Part 12, recovered at St. Basil's Cathedral in Moscow, Russia.

Part 13, recovered at Granada Cathedral in Granada, Spain.

And here is a transcript of the entire message:

Over two-thousand years ago a Roman explorer named Obsidius was dispatched on a mission by a mysterious order known to us today as the Vesuvius Magnus.
Friend to Titus, the explorers' mission was to collect the arrowheads for what we know as the Obsidian Shield.
Obsidius navigated the earth, from the blazing sands of North Africa to the ice fields of Germania, from the steaming jungle valley of South Africa to the bustling port of Shanghai.
He knew not the exact purpose of those arrows, only that he must find and secure them.
Ironic it was that the arrowheads would form a Shield.
Ominous that these arrows fill the negative space of the coffins of Abaddon.
Obsidius was a sensitive. He found Artifacts placed in a time before days were numbered...
...by unknown hands, guided by the N'zeer, an unknown entity infinitely distant and yet omnipresent.
Two travelled with Obsidius: A guide known as Syphax, who could speak any language and an Oracle named Cybella, who could hear voices.
Syphax carried with him his own agenda and mission and killed many to keep the secrets of the Shield.
Cybella left behind prophesies that were not to unfold for millennia.
Even now, only part of the truth is known. What is believed is that the purpose of the Shield is to wall off our world.twupuoietpytuyuquoiwueiruwuuuutyiitwuw
But that is only a belief shared by some. Others have their own interpretations.

Excellent work in recovering and compiling this intel, Agents. We are being pulled forward at an alarming pace by the Acolyte and Jahan, and the more we understand about what it is they are up to, the better prepared we'll be, both for April 2nd and for what lies beyond.

-PAC

 

#InvestigateIngress

前へ

NL1331 カンザスシティの開催告知

次へ

NL1331 カンザスシティ