オブシディアン香港の戦績基準

機密指定解除

アノマリー発生予測
#オブシディアン香港
2016年04月02日

アノマリー分類: オブシディアン・プライマリー 
アノマリー種別: フラッシュシャード 
シャード総数: 52 (4段階で出現 13 + 13 + 13 + 13) 
陣営ごとのターゲットポータル数: 8 (5段階で出現 2 + 1 + 1 + 2 + 2)
フラッシュシャード総得点: 5200 (シャード1片あたり100ポイント)

スケジュール(香港標準時):

第0次段階: 陣営ごとに 2 ターゲットポータル出現 11:30頃 
第1次段階: 13 シャード出現 12:30 
最初のシャードジャンプ 13:00頃 
シャードジャンプの頻度 約20分間毎 
第2次段階: 13 シャードおよび陣営ごとに 1 ターゲットポータル出現 13:30 
第3次段階: 13 シャードおよび陣営ごとに 1 ターゲットポータル出現 14:30 
第4次段階: 13 シャードおよび陣営ごとに 2 ターゲットポータル出現 15:30 
第5次段階: 陣営ごとに 2 ターゲットポータル出現 16:30 
最後のシャードジャンプ: 17:00頃

追加情報

追加事項:

チケットおよびイベント詳細
ファクション連絡先一覧
ゴーラック訓練詳細
IQテック・リサーチ社

背景:

緒戦に敗北したレジスタンスにとって4月2日発生のオブシディアン・アノマリーが過酷な戦いになることは明白なことである。エンライテンドの精神的支柱たるアコライトとレジスタンスおよびアンチマグナスの指導者ヤーハンは、オブシディアン・シールドと呼ばれる太古のアーティファクトの活性化を目論んでいる。彼らはそのアーティファクトが人類の精神に及ぼす外部からの影響を遮断できると考えている。アコライトはナジアに対してその力を行使しようとしており、ヤーハンはシェイパーの影響を封じようとしているのである。

オブシディアン・アノマリー緒戦を終え、アコライトは目標達成に向けた大きな前進を見せた。だが、ヤーハンも決して屈してはいない。報告を得ているところでは、アコライトの計画遂行を阻止すべくグリフ専門家たるスタイン・ライトマンとやり取りしていたことが明らかになっているのだ。

両陣営指導者が大義を成すためには4月2日に発生する膨大なエネルギーを用いねばならない。いずれが成し遂げるかはエージェントがアノマリーを制することによって決せられることとなる。現時点ではエンライテンドが 15,772 対 10,007 でリードしている。

詳細に関しては、インベスティゲイト・イングレスをご確認いただきたい。
investigate.ingress.com

フラッシュシャード戦の仕組み:

アノマリー発生当日に先立ち、IQテック・リサーチ社はアノマリー発生都市内で注目すべき地域(インパクトゾーン)を示す地図を発表する。

アノマリー発生当日、シャード群と陣営ごとのターゲット群がインパクトゾーン内のポータル上に出現する。これらは段階的に出現していくが、詳細に関しては本文書1頁目に掲載している。シャード群およびターゲット群はイングレス・スキャナーおよびイングレス・インテルマップに表示される。

シャードはポータル間のリンクを通じて移動するが、送り手と受け手双方のポータルがレベル4以上でなくてはならない。シャードは20分間ごとに移動を試みる。

シャードは陣営固有のターゲットポータルへ辿り着くことでその陣営が確保し、その後はリンクを通じて移動することはない。

エージェントは最初のジャンプから最後のジャンプまでの4時間に確保したシャード数を争う。陣営ごとに協力体制を築くことを推奨する。 キャプチャーされたシャードはそれぞれ100としてスコアに加算されます。各陣営の窓口担当者の一覧は本文書の1頁目にリンクを掲載しています。

各陣営のターゲットポータルに確保したシャードは、1片100ポイントとしてオブシディアン・アノマリーに貢献を果たす。

アノマリーの詳細

シャード群およびターゲット群はインパクトゾーン内にのみ出現するが、出現後はポータルネットワークを通じてあらゆる場所へ移動することが可能となる。また、ターゲット群は移動することがない。

陣営ごとの 2 ターゲットは、第0次段階となる1時間の時間枠内で出現する。

シャード群は20分間ごとにポータルリンクを通じて移動を試みる。シャード群の移動は5分間にわたって試みられる。例を挙げると、13:00 から 13:05 、13:20 から 13:25 というように行われる。

シャード群はどのようなポータルリンクの経路であっても移動するが、移動時間ごとにひとつのポータルリンク間でしか移動しない。ただし、従前の移動時間から存在したポータルリンク間を移動することはない。

移動可能なポータルリンクが複数存在する場合は、ランダムにひとつが選択される。

複数のシャ ードがひとつのポータルに存在し、かつ複数のポータルリンクが存在する場合には、それぞれのシャードが異なるポータルリ ンクを移動し得る。

2度連続して移動時間にポータルリンクを通じたジャンプが行われなかった場合には、近隣に存在するポータルへランダムで転移する可能性がある。

シャード群は極めて強いエネルギーを有していることから、2度を超える移動時間にわたって多数のシャード群を跨ぐことで移動を妨害したフィールドは急激に不安定化する場合がある。

ターゲットポータルおよびシャードの出現するポータル群はアノマリー発生に先立ってハッシュ化された一覧として発表される。

ゴーラックのステルス・オプスおよびアーバン・オプスへ参加し勝利することで、エージェントはターゲットポータル及びシャードの出現場所に関する情報を得ることができる。

シャードの移動が悪質なエージェント活動によるものであった場合、国家情報局オペレーターがシャードを直前まで確認されていた場所 へ差し戻す場合がある。

当文書の更新情報および不明点の解説は、Google+ 上の +IQTech Research および +Ingress からのみ報告する。

DECLASSIFIED

Anomaly Impact Projection
#OBSIDIAN: HONG KONG
April 2, 2016

ANOMALY CLASS: OBSIDIAN PRIMARY
ANOMALY TYPE: FLASH SHARDS
Number of Shards: 52 (Manifesting in four phases, 13 + 13 + 13 + 13)
Number of Targets per Faction: 8 (Manifesting in five phases, 2 + 1 + 1 + 2 + 2)
Total Flash Shard Points: 5200 (100 points per captured Shard)

ALL TIMES LOCAL:

Phase 0: 2 Targets per Faction Manifest (approximate) 11:30
Phase 1: 13 Shards Manifest 12:30
First Shard Jump (approximate) 13:00
Shard Movement Rate (approximate) Every 20 minutes
Phase 2: 13 Shards & 1 Target per Faction Manifest 13:30
Phase 3: 13 Shards & 1 Target per Faction Manifest 14:30
Phase 4: 13 Shards & 2 Targets per Faction Manifest 15:30
Phase 5: 2 Targets per Faction Manifest 16:30
Final Shard Jump (approximate): 17:00

ADDITIONAL INFORMATION:

Ticketing and Event Details: events.ingress.com/xmanomalies/obsidian/hongkong
Faction Points of Contact: bit.ly/obsidianpoc
GORUCK Ops Details: bit.ly/goruckxingress
IQTech Research: bit.ly/iqtech

BACKGROUND:

Following the Resistance defeat during the first Obsidian Anomalies, the stakes on April 2nd are simple. Both the Acolyte, an Enlightened spiritual leader, and Jahan, a Resistance and Anti-Magnus leader, are attempting to activate the ancient XM Artifact called the Obsidian Shield. They believe it can be used to protect human minds from outside influence. The Acolyte would turn its power against the N'zeer. Jahan seeks to use it to silence the Shapers.

After the first Obsidian Anomalies, the Acolyte has made significant progress towards her goal. Jahan, however, has no intention of giving up. Recent reports have indicated that she has been communicating with Stein Lightman, the Glyph Expert, in order to find a way to undermine the Acolyte's plans.

Both Faction leaders need to exploit the Anomalous energy on April 2nd to achieve their goals, and by controlling the XM Anomalies, Agents will determine which of the two is successful. The Enlightened currently lead the Obsidian Anomaly Series, 15,772 to 10,007.

For more information, visit investigate.ingress.com.

HOW A FLASH SHARD ANOMALY WORKS:

Prior to the day of the Anomaly, a map will be released by IQTech showing a highlighted region (the Impact Zone) inside the Anomaly city.

On the day of the Anomaly, XM Shards and Faction-Specific Targets will begin to manifest at Portals inside the Impact Zone. They will manifest in phases, the details of which are described on Page 1 of this document. The Shards and Targets will be visible in the Ingress Scanner and on the Ingress Intel map.

The XM Shards will be able to travel between Portals using Portal Links, as long as both the source and destination Portal are Level 4 or higher. The Shards will attempt to travel every 20 minutes.

If a Shard lands on a Faction-Specific Target Portal, that Shard will be captured by that Faction and will not travel on Portal Links any further.

Agents will have 4 hours (between the First Move and the Last Move) to capture as many Shards as they can for their Factions. A coordinated, team-based approach is recommended. A resource to help Agents find their Faction Points of Contact is listed on Page 1 of this document.

Each Shard captured by a Faction in a Target Portal will contribute a score of 100 towards the Obsidian Anomaly Series.

DETAILED ANOMALY MECHANICS:

Both Shards and Targets will only manifest inside the Impact Zone. Once they appear, Shards will be able to travel anywhere within the Portal Network. The Targets will not move.

Two Targets per Faction will manifest within a 1 hour window of the Phase 0 time.

The Shards will attempt to travel on a Portal Link every 20 minutes. There is a 5 minute wide jump window during which the Shards will attempt to travel, for example between 13:00 and 13:05, 13:20 and 13:25 etc.

The XM Shards will be able to travel along any combination of Portal Links, traveling along one Link per jump window, however, a Shard will not travel using a Link to the Portal it was present on at the previous jump window.

If multiple viable Links are available for a Shard, it will randomly select one to travel on.

If multiple Shards and multiple Links are present on a single Portal, each Shard may travel along a different Link.

In the event that a Shard fails to travel along a connected Link twice consecutively (i.e. 2 jump windows), it may randomly teleport to a nearby Portal at the following jump window if no viable Link is present.

Due to the extremely high energy state of the XM Shards, overhead Fields that inhibit the movement of a significant number of Shards for more than two jump windows may suddenly destabilize.

A hashed list of all Portals where Shards and Targets will manifest will be released prior to the Anomaly.

Agents will be able to obtain intelligence about the Portals where upcoming Shards and Targets will manifest by winning in GORUCK Stealth-Ops and Urban-Ops training exercises.

If a Shard movement is found to have been the result of actions by a rogue Agent, NIA operators may cause that XM Shard to return to a previous known location.

Only +IQTech Research and +Ingress on Google Plus may provide updates to this document or clarifications to its contents.