プロメテウスに関する考察(共有)

Android_Dream_Abi-1.jpegエドガー・アラン・ライト(Edgar Allan Wright)
2016/03/14 00:30:49
イク・シェン・リーがオブシディアン・アーティファクトの受け渡しで事件の中心となった人物について素晴らしい調査を行った。その理由は説明し難いのだが、最近になって私は経路や受け渡しというものに非常に関心を寄せているのだ。

今回のケースでいえば、オブシディウスの収集したプライム・アーティファクトに端を発しているわけだが、その後それらは収奪されている。果たして誰の手によるものだったのだろうか。何者かがオブシディウスの旅路を遡って調べていったとすれば、いつのことだったのだろうか。

そして、如何なる知見にもとづいたものだったのだろうか。

イク・シェン・リー(Yik Sheng Lee)
2016/03/11 18:08:13
ハーランがアレキサンダーの足跡をたどったことには如何なる理由があるのだろうか。

ジョサイア・ハーランはドースト・ムハンマド・ハーン麾下のアフガニスタン軍を教練し、1838年にはハーランに対して非道な地方軍閥や奴隷商人、クンドゥス首長ムラド・ベグを討つよう相次いで下命している。

ハーランはこれになんら躊躇することなく、ペルシア王ダレイオスを殺害した反乱軍総督ベッソスの求めに応じて麾下の軍を率いヒンドゥークシュ山脈越えを行った崇拝の対象アレキサンダー大王を模倣する絶好の機会と受け取った。

ハーランはボハラからカブールにかけて太古の巡礼者や商人が利用した道をたどっているが、それはアレキサンダーが古代バクトリア王国へ赴いた経路である。そこでアレキサンダーは謎に包まれたバクトリア王女ロクサーヌを妻としている。ハーランは自らを荒々しい山岳部族に文明をもたらす近代のマケドニア征服王と夢想したのだ。

歴史家によれば、この遠征によって近代軍隊はヒンドゥークシュ山脈を越えて南北へ侵攻することが可能であると証明されたことは英露の政治的駆け引き、ザ・グレート・ゲームにおいて軍事的にも戦略的にも重要な意味があったという。

おそらくハーランはそのことを証明しようとしたのだろうが、あるいは何処に潜んでいるやもしれぬ敵に対して険しい地形を行軍することでこの地域の王になることを目論んでいたのだろう。事実、彼はゴール王子の称号を得ている。

しかしながら、ハーランが2千年以上も昔となるアレキサンダーの経路を辿った理由として最も可能性が高いのはマグナスとプライマリーアーティファクトの痕跡を追うことにあったと私は考えている。

スペイン宣教師がコマンチ族から逃れる折に隠匿したボウイの地図あるいはピーチィの地図をハーランは所持していたに違いない。ハンク・ジョンソンを13マグナスの聖地へと導いたと同じものだ。

ハーランが追っていたのは、おそらくオブシディウスの遺したプライマル・オブジェクトである。ハーランボックスに収められていたその中身は、オブシディアン・アノマリーの終息とともにウィーンでアコライトへ受け渡される手はずとなっている。

最近発見された文献においてオブシディウスが東方へ向かっているように見えるのはおそらく偶然ではない。まず Minnagra 港があったのは現在のカラチ近郊であるし、その後の未知なる辺境地域はハーランが自らの著書で描いていた地に酷似している。

アレキサンダー、オブシディウス、ハーラン、そしてハンク。歴史上世界各地の征服者や軍隊がこの地を情勢不安定に陥らせたように、彼らもアフガニスタンにある太古のパワースポットへと鋭敏な感覚ゆえに導かれたのだ。

神話によると、神々の焔を人類へと渡したプロメテウスはその罰としてカウカーソス山の山頂に張り付けとなり、生きながら毎日肝臓をハゲタカについばまれる責め苦を受けたという。アレキサンダーの部下たちもプロメテウスの洞窟を発見したと信じていた。「そこには神話にあるハゲタカの巣があり、プロメテウスを張り付けにした鎖の残骸があったのだ」と。

ここで言うプロメテウスの洞窟とは13マグナス・ネストに他ならないだろう。神々の焔とはエキゾチックマターとダーク・エキゾチックマターに関わる知識を指していたのだ。そしてオブシディウスもハーランも、そしてハンクも同じく神話にあるプロメテウスの洞窟を目指したのだと私は確信している。

Union.jpg kunduz.jpg harlan1.png harlan2.png harlan3.png harlan4.png harlan5.png

Edgar Allan Wright
2016/03/14 00:30:49
+Yik Sheng Lee did some extraordinary research on the fulcrum individual in the story of the transmission of the Obsidian artifacts.  For reasons I find difficult to explain, I am quite interested in the pathing and transmission,  lately.

In this case it is first the collection of primal artifacts by Obsidius, then it is the harvesting of them, but by whom?  Who re-traced his journey

When?

Based on what knowledge

https://plus.google.com/+YikShengLeeIsrael/posts/DtzJC4ks4BZ

Yik Sheng Lee
2016/03/11 18:08:13
Why was Harlan following Alexander?

Josiah Harlan trained the Afghan army of Dost Mohammad Khan and in 1838, the emir was keen to test them in action by appointing Harlan to lead a punitive expedition against the tyrannical warlord, slave trader and Khan of Kunduz, Murad Beg.

Harlan did not hesitate at all and saw this as an opportunity to emulate what his idol, Alexander the Great did, when he crossed the Hindu Kush with his army in pursuit of the rebel satrap, Bessus, who had murdered the Persian king, Darius.

Harlan followed the ancient pilgrim and merchant trail from Kabul to Bokhara, theroute of Alexander into ancient Bactria where he married mystical Bactrian princess, Roxanne. He imagined himself to be the latter-day Macedonian conqueror bringing civilization to the untamed mountain tribes.

Historians might record that this expedition was militarily and strategically important in the Great Game between the British and the Russian by proving that a modern army was able to cross the Hindu Kush mountains for an invasion to the north or the south.

Perhaps Harlan was interested to prove this point or maybe the prospect of being a king in this region (which he did as the Prince of Ghor) fueled his march against treacherous foes and unforgiving terrains.

However, I think the most likely reason why he followed the path Alexander took more than two thousand years ago was because he was following the trail of the Magnus and Primary Artifacts.

I believe Harlan had Bowie's or Peachey's map, which the Spanish missionaries hid while running away from the Comanche.The same one which led +Hank Johnson to the sanctum sanctorum of the 13Magnus.         

Harlan was likely going after the primal objects which Obsidius left behind. The objects found in Harlan's box which is now making its way to the Acolyte in Vienna at the end of the #ObsidianAnomaly . 

Perhaps it's no coincidence that the latest journal pages from Obsidius seem to indicate that he was heading eastwards, first at the ancient port of Minnagra, near modern day Karachi, and then in unknown tribal regions which resembled the scenes depicted ny Harlan in his own book.

Alexander, Obsidius, Harlan and Hank. I believe they were all led by their sensitive abilities to the ancient power spot in Afghanistan just like countless other world conquerors or armies in the history of this volatile area.

According to the legend, as a punishment for stealing fire from the gods and giving it to man, Prometheus was chained to a peak of the Caucasus where his liver was daily devoured by an eagle. Alexander's men also believed they had found the cavern of Prometheus, 'along with the nest of the mythical eagle and the marks of his chains'.

Perhaps this Prometheus cave was none other than the 13Magnus Nest. The fire itself would have been the knowledge of XM and dark XM. And I am quite certain the same legend led Obsidius, Harlan and Hank to the cavern of Prometheus.

+Edgar Allan Wright +flint dille +John Hanke +H. Richard Loeb