アプリケーションパッケージ解析 [1.94.0]

3DCircleWithoutShadowTransparent.pngフェヴ・ゲームス(fev games)
2016/02/22 04:58:13
なんと膨大な情報でしょうか!Connor Tumbleson が、イングレスの新バージョンについてローソン・パワーキューブといった嬉しい内容をお伝えします。

1940-e1456083660238-620x350.png

2016年02月21日 Connor Tumbleson
アプリケーションパッケージ解析[1.94.0]

皆さん、ごきげんよう。新たな解析結果をお伝えします。いま現在、新たなアプリケーションパッケージがGoogle Storeにおいて1%公開の状況です。今回のアプリケーションパッケージでは、幾つか非常に興味深い変更が行われています。そこには、間もなく行われるオブシディアン・アノマリーに向けた新アイテムなどが含まれています。

ピクセル密度
まず、新たにピクセル密度の修飾子が追加されました。これはAndroid端末の解像度に対応させるためのもので、新たに 超高解像度(xxxhdpi) に対応しています。 おそらく640dpiと思われますが、より高品質な画像パッケージがイングレス・アプリケーションにおいて活用されることになるのでしょう。しかしながら、xxxidpi 端末において適切に処理されないとの一報も届いています。

それでは、レベル16になった際の画像で xxxhdpi と xxhdpi とを比較してみましょう。違いがおわかりになるかと思います。

1-post-1024x630.png

ローソン・パワーキューブ(ブースト・パワーキューブ)

Screenshot_20160221-132820-e1456083904259-1024x1020.png

既に先の記事で話題にとりあげましたが、正式名称が明らかとなりました。

<string name="ENUM_MAP_RESOURCE_TYPE_BOOSTED_POWER_CUBE">Lawson Power Cube</string>
<string name="ITEM_DESCRIPTION_BOOSTED_POWER_CUBE" />

ご覧いただくと、ナイアンティック社が意図してこのアイテムの説明を記述していません。このアイテムに関する情報の漏洩を腹立たしく考えているのでしょう。このアイテムが使用する幾つかの文字列を私たちは特定しました。

<string name="ENUM_MAP_USE_BOOSTED_POWER_CUBE_SERVER_ERROR">Invalid Power Cube.</string>
<string name="ENUM_MAP_USE_BOOSTED_POWER_CUBE_FAIL_NOT_BOOSTED_POWER_CUBE">Invalid Power Cube.</string>
<string name="ENUM_MAP_USE_BOOSTED_POWER_CUBE_FAIL_NOT_IN_PLAYER_INVENTORY">Not in inventory.</string>
<string name="ENUM_MAP_USE_BOOSTED_POWER_CUBE_FAIL_BOOSTED_POWER_CUBE_ALREADY_IN_USE">Item already active.</string>

これらの文字列からどのようなことがわかるでしょうか。このパワーキューブは有効化させることができ、xmRemaining や xmGained といった変数を有しています。

エイダの声を聞きたいと望む皆さんのため、幾つかの音声も入手しました。

  • speech_boosted_cube
  • speech_boosted_cube - 10 percent
  • speech_boosted_cube - activated
  • speech_boosted_cube - disengaged

これらの音声ファイルに「有効」や「停止」といったものがあることから、このアイテムは有効化させることでエネルギー現有量を補助することがわかります。パワーキューブを用いることなく、より長時間の攻撃を可能とするのです。

タンク
先の記事でもタンクについて言及しましたが、今回のアプリケーションパッケージ公開にともなって使用される値に変更がありました。新たなレベルは次の一覧のようになっています。

レベル変更前のキャパシティキャパシティ
1 15,000 XM 18,000 XM
2 16,875 XM 20,250 XM
3 18,750 XM 22,500 XM
4 20,625 XM 24,750 XM
5 22,500 XM 27,000 XM
6 24,375 XM 29, 250 XM
7 26,250 XM 31,500 XM
8 28,125 XM 33,750 XM
9 30,000 XM 36,000 XM
10 32,000 XM 38,400 XM
11 34,000 XM 40,800 XM
12 36,000 XM 43,200 XM
13 38,000 XM 45,600 XM
14 40,000 XM 48,000 XM
15 42,000 XM 50,400 XM
16 44,000 XM 52,800 XM

各レベルの値は増加していますが、依然としてこのタンクがローソン・パワーキューブにどのようにして活用されるのかは明らかになっていませんが、使用することでレベルに応じたエネルギーが拡張されるように思えます。このアイテムにレベル1からレベル16まで個別に存在するとは思えず、皆さんのアクセスレベルに応じて変化する単一のアイテムであろうと私は考えています。

Upsight 解析
Upsight が 4.0.5 へ更新され、今回のバージョンに適用されました。

  • ポータルまでの距離
  • 活動していない日数

しかしながら、私が試してみたところではいずれのリクエストに対しても「-1.0」と応答されています。これらの値は皆さんには無関係なのかもしれません。

Upsight に関しては私たちが発見した際の解析をご覧ください。難解で読む気がしないというのであれば、これは送信 されたデータを解析するためにUpsight社がイングレスへ用意したものです。

ビーコン
新たなビーコンがお目見えするようです。

  • Beacon - Initio
  • Beacon - Obsidian
<string name="POWERUP_DESCRIPTION_OBSIDIAN_BEACON">Display Obsidian symbol above target Portal for 4 hours.</string>
<string name="POWERUP_DESCRIPTION_INITIO_BEACON">Display Initio symbol above target Portal for 4 hours.</string>

イニシオとは興味深いですね。その言葉を耳にしたのはインテリトゥス以来久々のことです。

通知機能
OPS > 端末 > 通知の先に新たなチェックボックスが現れました。イベントです。おそらくはその地域で行われるイベントやアノマリーが間近に迫ったことを警告するものなのでしょう。これはGoogle+でイベントの最新情報などを確認していないプレイヤーに対しても公平に情報提供できる素晴らしい手法のように思えます。

総括
今回のバージョンは2016年02月17日に構築され、2016年02月21日に公開されました。今回は実に多くの変更がありました。ローソン・パワーキューブの全貌が明らかになるのが待ち遠しいですね。それでは、オーランドのオブシディアン・アノマリーでお会いしましょう!


fev games
2016/02/22 04:58:13
Information Overload! +Connor Tumbleson takes you through a new version of Ingress including some goodies like the Lawson Power Cube.

Published on February 21st, 2016 | by Connor Tumbleson
Ingress APK Teardown [1.94.0]
Hello everyone. Welcome back to another teardown. Currently a new apk is on a 1% roll out to a Google Play Store near you. This apk carried with it some very interesting changes. Including a new item and more for the upcoming Obsidian anomalies!

Density

First off, we have an additional density qualifier added. For those understanding of the Android density system. xxxhdpi support was added. This I believe is 640dpi and packs higher quality images for assets used among the application. However, initial reports are the graphics and resolution is not quite right on devices in which xxxhdpi is used.
For example, below is a side by side comparison of the xxxhdpi image and the xxhdpi image of the Level 16 level up graphic. You can see the difference.

Lawson Power Cube (Boosted Power Cube)

First talked about in our previous post. This item has an official name.

<string name="ENUM_MAP_RESOURCE_TYPE_BOOSTED_POWER_CUBE">Lawson Power Cube</string>
<string name="ITEM_DESCRIPTION_BOOSTED_POWER_CUBE" />

As you can see. Niantic has intentionally blanked the description of this item. They must be upset with someone spoiling the ideas of their items. We did get some more strings of the item in use.

<string name="ENUM_MAP_USE_BOOSTED_POWER_CUBE_SERVER_ERROR">Invalid Power Cube.</string>
<string name="ENUM_MAP_USE_BOOSTED_POWER_CUBE_FAIL_NOT_BOOSTED_POWER_CUBE">Invalid Power Cube.</string>
<string name="ENUM_MAP_USE_BOOSTED_POWER_CUBE_FAIL_NOT_IN_PLAYER_INVENTORY">Not in inventory.</string>
<string name="ENUM_MAP_USE_BOOSTED_POWER_CUBE_FAIL_BOOSTED_POWER_CUBE_ALREADY_IN_USE">Item already active.</string>

From these strings. It seems we can activate the cube. The class that this cube is from, also has the variables xmRemaining and xmGained.

We also have some sounds, if you are interested in hearing ADA's voice say it.

  • speech_boosted_cube
  • speech_boosted_cube - 10 percent
  • speech_boosted_cube - activated
  • speech_boosted_cube - disengaged

These sound files, especially "engaged" and "disengaged" makes me infer that you have to choose to activate this item that then might supplement your current energy. Allowing you to attack longer without using a power cube.

XM Tank

We talked about the "XM Tank" in the previous post. With the release of this apk, the values used in the XM Tank per level have changed. The new levels are listed below.

LevelCube CapacityCube Capacity
1 15,000 XM 18,000 XM
2 16,875 XM 20,250 XM
3 18,750 XM 22,500 XM
4 20,625 XM 24,750 XM
5 22,500 XM 27,000 XM
6 24,375 XM 29, 250 XM
7 26,250 XM 31,500 XM
8 28,125 XM 33,750 XM
9 30,000 XM 36,000 XM
10 32,000 XM 38,400 XM
11 34,000 XM 40,800 XM
12 36,000 XM 43,200 XM
13 38,000 XM 45,600 XM
14 40,000 XM 48,000 XM
15 42,000 XM 50,400 XM
16 44,000 XM 52,800 XM

Basically each level got an increase. We still don't know how this XM Tank plays into use with the Lawson Power Cube. It seems to be an additional level of energy (XM), that you can use. I don't believe this item drops at level 1-16. I think it will be a single addition that changes with your current level.

Upsight Analytics

Upsight was updated to 4.0.5 and now includes

  • Distance to Portal
  • Days Inactive

However in my testing both those values are set to "-1.0" on every request. If this makes no sense to you. Have a read at the teardownwhere we discovered Upsight. Or the TLDR - Upsight is an Ingress customized version of Analytics sending bits of data every once in awhile.

Beacons

Two new beacons will be joining us.

  • Beacon - Initio
  • Beacon - Obsidian
<string name="POWERUP_DESCRIPTION_OBSIDIAN_BEACON">Display Obsidian symbol above target Portal for 4 hours.</string>
<string name="POWERUP_DESCRIPTION_INITIO_BEACON">Display Initio symbol above target Portal for 4 hours.</string>

Initio is interesting. Haven't heard about Initio since Interitus.

Notifications

A new checkbox showed up in OPS -> Device -> Notifications.

  • Events and Opportunities.

This will probably alert players of upcoming events/anomalies in there area. This is good, because there are a fair deal of players who aren't connected in Google Plus for news of such events.

Conclusion

This version was built on February 17 and obtained on February 21. This version had a solid amount of changes. Anxious for the finalization of the Lawson Cube. I'll see some of you at Orlando Obsidian!