シュファクスに関するアコライトの演説

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2016/02/03 18:41:37
新たな情報だ。シュファクスに関するアコライトの演説である。


シュファクスに関するアコライトの演説
2016年02月03日 P.A. シャポー著

とある情報提供者から下記の文面を提供してもらった。

昨日私の提供した情報を確認したアコライトは、幾人かの同志へオブシディウスとシビュラ、シュファクスに関する詳細な演説を行ったようだ。

私の得られた演説の写しはその一部に過ぎないが、この僅かな一節を読むだけでもアコライトがエンライテンドの優れた人材を配下に備え、オブシディウスの文献を追究してその秘密を暴こうと取り組んでいることを確信するに充分なものだ。

昨日のことですが、神殿を去りオブシディウスと行動をともにしたひとりの巫女、シビュラについてヤーハンの言及がありました。シュファクスとは何でしょうか、オブシディウスの仲間なのでしょうか。シュファクスに関して何か把握できてるでしょうか。

彼もまたセンシティブであったようですし、彼には旅路で出会う人々に取り入っていく類い稀な才能を有していたようです。

更に調査していかねばなりませんが、よくよく考え巡らせば、その男はおそらく「我々のよく知る姿」をしており、何が起ころうとも脅威にはなり得ないだろうと示唆されているのです。

何ら恐れることはありません。想像こそが力なのです。想像してごらんなさい、文明というものの輪郭が唐突にぼやけた世界を。その見えざる一線を越えて他の領域に踏み込んでしまえば、すぐさま脅威と見なされてしまうことでしょう。それは人類が初めて部族を形成し始めた時代に動物たちが陥った状況となんら違いはありません。このような恐ろしい状況下では、他と打ち解けるということは卓越した技術に違いないでしょう。

何者でしょうか、どのような行いをしたのでしょうか。どのような経歴があったのでしょうか。

アコライト
同志たちへの演説
カリフォルニア海岸に建つエンライテンドの邸宅において

Familiar.png

Niantic Project
2016/02/03 18:41:37
New intel: On Syphax - Words from The Acolyte


INVESTIGATE
ON SYPHAX - WORDS FROM THE ACOLYTE
February 3, 2016 · by PAC · in Commentary

A source shared this with me.

It seems that after the Acolyte saw the intel I shared yesterday, she spoke at some length with her followers on the subjects of Obsdius, Cybella and Syphax.

I was only able to obtain a partial transcript of her speech, but even this small section is a fascinating read, and confirms my suspicion that the Acolyte has high level Enlightened resources working to pursue the Obsidius journals and uncover their secrets.

Yesterday, Jahan mentioned Cybella, an Oracle who left her shrine to travel with Obsidius.

What of Syphax, Obsidius's other companion? What do we know of him?

It seems clear that he too was a sensitive, and that he held a unique ability to communicate and ingratiate himself with those he encountered on his journeys.

We must learn more, but my meditations upon the subject suggest that he was probably of 'familiar appearance' and posed no threat to any he encountered.

No threat. Image that power. Imagine, for a moment, a world where the sharp lines of civilization could end abruptly and when you crossed those invisible lines, you entered another's domain and were immediately perceived to be a threat. No different than how an animal would be treated if it came to close to the small tribes of early humans. In this fearful setting, it must have been an uncanny skill to befriend instantly.

What must he have looked like? Acted like? What must his background have been?

-The Acolyte - Words spoken to her followers at the Enlightened compound on the coast of California