オブシディウスの探検:第八節・第九節

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2016/01/25 16:21:22
エージェントのカルロ・トロンチよ、お見事!

イタリアはティトゥスの凱旋門で機密情報の回収に協力してくれたことに感謝したい。
エックス


第八節
私を解き放つと、ヴァラディアンはそのエネルギーについて更に訊ねてきた。既にぞっとする手段で死刑に処されることを宣告された身としては、答えることに危険を覚えはしなかった。ゲルマン族のそれは我らの生ぬるい処刑手段に比べ優れていたわけだ。ヴァラディアンに連れられ森の奥深くへ分け入り、古代遺跡へたどり着いた。それは信じがたいものだった。私には説明しようがないが、いまなお息づいていた。やがてヴァラディアンが口を開いた。どうやら私は助命されるのだと言う。そして、名誉ある選択に同意しさえすれば私のために活用しようというのだ。私は同意し、ここに誓いがたてられたのであった。

第九節
事実のところ、ヴァラディアンがそうであったように私は彼に心酔した。注目すべきはヴァラディアンは明らかにドイツ人であったにもかかわらずローマ人の名であったことだ。ヴァラディアンは私に対し、カルタゴ遺跡群ある北アフリカへとむかい、マグナスへと導くであろう担い手たるオラクルを探し出すようにいった。この申し出を拒否しようはなかった。我が旅路はローマのみならずエジプトや北アフリカへも及ぶことだろう。ところが、私はローマへと帰還して、ティトゥスへゲルマニアでの奇妙な体験を伝え、ヴァラディアンのことに言及したときのことだ、ティトゥスは衛兵や書記官を下がらせて、二人きりでの対話を求めてきたのだった。

Chosen.png

Niantic Project
2016/01/25 16:21:22
Excellent work, Agent +Carlo Tronci

Thank you for your help in recovering this intel from the Arch of Titus in Rome, Italy.

#ObsidianExplorer  

x


VIII. He had me released from my cage and told me he wanted to follow the energy further. I saw no risk in doing so as I had already been sentenced to death in a most ghastly manner (the Germanic Tribes excelled in this, frankly making our methods of execution look tame in comparison). I led him deep into the forest and we found ourselves standing amidst some ancient ruins. They were incredible to behold. Alive in some way that I cannot explain. After some silence, Valadian told me that I would be spared and that he would have great use for me if I would agree to honor choice, I agreed. I was now bound by oath.

IX. In truth, I was as fascinated by Valadian as he was by me, most notably because he possessed a Roman name though he was clearly a German. He told me to find my way to North Africa amidst the ruins of Carthage and find the Oracle of those parts who would direct me to one known as The Magnus. There was no way that I could reject this. My journey would take me not only to Rome, but to Egypt and North Africa. However, when I reachedd Rome again, I reported to Titus to tell him of my adventures in Germania, and upon the mention of Valadian, Titus dismissed his guards and secretary and asked to speak to me alone.