オブシディウスの探検:第六節・第七節

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2016/01/23 17:56:28
エージェントのスパイク・ウィリアムソンの素晴らしい活躍によって、ドイツにあるイゲルの円柱において機密情報の興味深い断片が回収された。

素晴らしいオブシディアンの探究だ。
エックス


第六節
私はユダヤのティトゥスに仕えたし、育った地の人々のために尽くそうと努めた。私にはユダヤ戦争で数多の命を救うことができると信じている、だが悲しいかな、帝国に対し武を以て挑もうと考える人々を説得することはできないだろう。宗教対立こそ帝国を内から食い破るに効果的と私は考えていた。ユダヤ戦争後、私は北方のドイツ戦線へと派遣されたが、それは全く経験したことのないものとなった。私にはアイスピープルやフォレストピープルに接した経験がなかったのだ。馴染むことのできぬまま、私は森や緑豊かな大地で身を隠し生き残るすべを身を以て学ばねばならなかった。また、私の修得したものには類稀な技術もあった、それは水中で生き残るすべである。北方では泳げる者などほとんどいない、一年の大半は無価値な技術であるのだから。

第七節
そこでは、森林のなか私は巧みに隠蔽された敵野営地を探し出すことができた。だが、その情報を持ち帰ること叶わず私は捕えられ、処刑される身となった。そこで我が人生の転機となるひとりの男と出会ったのだ。男の名はヴァラリアンといった。聖職者や呪術師、司祭といった幾つかの立場でバーバリアンにその名を知られる存在だった。粗悪な森の前哨で檻に囚われた私のもとへやってきたその男は、手短に問いかけてきたのだ。どのようにしてこの隠蔽した野営地を見つけ出したのかと、何に導かれてやってきたのかと。私はわからぬと応じた。私は地球に引き寄せられると感じ、エネルギーを追ったのだ。

Energy.png

Niantic Project
2016/01/23 17:56:28
Thanks to the excellent work of Agent +Spike Williamson, we have recovered this fascinating piece of intel from the Igel Column in Igel, Germany.

Great work, #ObsidianExplorer.

x


VI. I served Titus in Judea and attempted to serve those I'd grown up with as well. I credit myself in saving many lives in the Jewish Wars, but alas, there was no persuading some of them that attempts to fight the empire with force would not be successful. I suspect that the offshoot sect will be much more effective in subverting the empire from within. After Judea I was sent north to battle with the Germans. It was an utterly new challenge. I had no experience in dealing with the Ice and Forest People. With no hope of blending in, I had to survive by learning to conceal myself in the forests and in verdant terrain. Also, I possessed what I learned was a rare skill, and that is to survive in the water. Few can swim in the north as it would be pointless for most months of the year.

VII. There, in the forests I was able to locate a well concealed cnemy encampment. However, before I could return to share this information, I was captured, set to be executed and encountered a man who would change my life. His name was Valadian. He had achieved some status as a holy man or shaman or priest amongst the Barbarians. He came to me while I was caged in the rude forest outpost and asked one simple question: How had I discovered their hidden camp? What had led me there? I told him that I did not know. I had felt the pull of the Earth. I had followed an energy.