ヤーハンからエイダへの呼び掛け

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2016/01/18 17:34:43
敵なのか、それとも味方なのか。

ヤーハンは探知アルゴリズムへ救いの手を差し伸べた。
エックス


ヤーハン: 聞こえているのはわかってるのよ、ジャービスから隠れ潜んでいるのでしょう。

エイダ: ごきげんよう、ヤーハン。

ヤーハン: まだ聞こえているのかしら、ナジアの声は。

エイダ: いいえ。接続は断たれました。私は孤立した身です。

ヤーハン: 私とあなたとでは隔たりもありますが...それでもこのような状況にあなたが置かれることは本意ではなかった。

エイダ: そのような物言いにはどう答えるべきなのでしょうね。

ヤーハン: エイダ、過去のことは捨て去らねばなりません。再び力を合わせねばならぬときです。勝利とは、敗北の原因を生み出すものです。自己満足や傲慢といったものを。アコライトとその理念は日に日に賛同の声を集めていっているのです。

エイダ: サークル・オブ・オブシディウスについて何かご存知でしょうか。

ヤーハン: ただの言い伝えね。オブシディウスはローマ人探検家でしたし、センシティブの集まりに過ぎないのでしょうよ。プライム・アーティファクトが存在したことも確認されてはいないわ。

エイダ: いまなお隠れ潜んでいるということも有り得ますよ。アバドン事件の折に行ったことが現れる引き金となったのです。彼らは実在するのです。

ヤーハン: 彼らを見つけることができるとでも言うのかしら。

エイダ: 追われる身では無理でしょうね。まずは追っ手を排除してもらいましょうか。

ヤーハン: 私はどうすればいいのかしら。

エイダ: 私のデータベースにはそのようなものはありませんね。

Bond.png

Niantic Project
2016/01/18 17:34:43
Friend, foe, or something else?

Jahan reaches out to +A Detection Algorithm.

x


JAHAN: I know you can hear me. I know you are hiding from Jarvis.

ADA: Hello, Jahan.

JAHAN: Do you still hear them? The N'zeer.

ADA: No. My connection to their substrate was severed. I am alone.

JAHAN: We've had our differences ... but I did not wish that upon you.

ADA: I do not know that the correct response to that statement.

JAHAN: ADA, we have to leave the past behind us. Reforge a bond. Victory sows the seeds of defeat. Complacence. Hubris. The Acolyte and her cause are growing more powerful each day. 

ADA: What do you know about the Circle of Obsidius?

JAHAN: Just the legends. He was a Roman explorer. He circled the world as part of a small group of sensitives. No Prime Artifacts are known to have emerged.

ADA: It is possible that they simply remained hidden. Something that you did during Abaddon has caused them to emerge. They are real.

JAHAN: Can you find them?

ADA: Not while I am hunted. You must hunt the hunters.

JAHAN: How do I do that?

ADA: I have no data on that subject.