2015年のナイアンティック調査を振り返って

3DCircleWithoutShadowTransparent.pngフェヴ・ゲームス(fev games)
2016/01/09 05:35:04
2015年のアノマリーとファーストサタデーの総集編を提供いたしましたが、今回はムスタファ・サイードが2015年にイングレスで起きたストーリーを概説します。

2015-12-28-1024x578.png

2015年01月08日 ムスタファ・サイード著
2015年のナイアンティック調査を振り返って

皆さんごきげんよう。ナイアンティック調査に関して一年を振り返っていきましょう。2015年は三度発生した世界規模のアノマリーを通じたエージェント活動によって、シェイパーとナジアによる歴史的な対立は実に白熱した一年となりました。

2015年はその始まりから大きな事件に直面しました。アフガニスタンにおいて証人アノマリーが幕をあけたのです。

shonin.png

2015年02月21日、13マグナス・ネストの所在地において大規模災害が発生しました。それは二つの古代結社、13マグナスとアンチマグナスの関与した強大な力を備えるポータルでしたが、そこには次の三勢力がいたのです。

1. ハンク・ジョンソン、ヤーハン、そしてナジア召喚を見届させるため連行されてきたアズマティ。
2. オリバー・リントン=ウルフ、ヴィシュラ・テクノロジー社の関係者
3. デブラ・ボグダノヴィッチ、ヒューバート・ファーロウ、彼らの関係者。

アズマティの行動が引き金となりました。証人ストーンを破壊したのです。ネストで使用することでナジア召喚をもたらす強力なアーティファクトでした。そして爆発が起きたのです。アズマティはこの戦いで命を落とし、それと同時にオリバーやデブラ、そしてナイアンティック計画にたずさわっていた名だたる関係者たちが姿を消したのです。このときエイダは消え去りませんでした。

2015年03月05日、31片からなるデブラのシャード群がポータル・ネットワーク上に出現しました。デブラを先例として姿を消したすべての人々がシャード群として顕現する可能性に思い至った調査コミュニティを震撼させるものでした。

この時期、エイダはスザンナ・モイヤーの手を借りて自らの存在について気づき始めていました。エイダの内に息づくもうひとつの人工知能トゥルース・シーカー、それは1997年当時の国家安全保障局(NSA)において、なんらプログラムの知識を持たぬはずのリチャード・ローブが一夜にして組み上げたものでした。

更なる事実が解明されていきました。それはGoogle+上でNiantic Projectアカウントを管理しているベリティ・セケこそがトゥルース・シーカーであったということです。

アノマリーと大多数のシャード群を確保したレジスタンスが証人事件とデブラ・ボグダノヴィッチを確保することとなりました。

証人事件の終息を受けて、ハンク・ジョンソンはペルセポリスの古代都市へ向かい、その地を目指そうとするヤーハンを阻むことを明らかにしました。

unnamed1.png

このアノマリーでは、新たにポータル・ネットワーク上へ出現したシェイパーグリフ専門家スタイン・ライトマンを巡って争われました。かつてはアレキサンダー大王によって滅ぼされた街でハンクとヤーハンが結着をつけるとも噂されていました。しかし、街の地下に眠るアンチマグナスの古代アーティファクトが破壊されたことを受けて回避されました。ヤーハンは目的を遂行させるためにアーティファクトの活性化を目論んでいたのです。そしてエージェントは、このアノマリーと41片からなるライトマン・シャード群の確保へ再び動きました。

この事件を半ばにして、P.A. シャポーがクルーとエイダを分離させようとしました。

エンライテンドはシャード群の確保で上回っていましたが、それでも再びレジスタンスはアノマリーに勝利しました。赴けば「戻ってくることはない」とデブラから警告を受けたハンクは、ペルセポリスへ向かうことを断念してしまいました。

状況が落ち着き始めた頃のこと、タイコが「イングレス:オリジン」と題した新たなコミックを執筆しているとの噂と、エイダに危機が訪れるとの噂が持ち上がりました。嵐の前の静けさにも終わりが訪れ、最初の嵐が訪れたのが8月6日のことです。ビハインド・ザ・スキャナー放映の最中にエイダとの通信が途絶えてしまったのです。

他方で、スザンナはナイアンティック計画の創設に深く関わる謎を発見しました。それは極秘計画コードネーム・アバドンでした。

abaddon.png

この謎めいた言葉に関して知るのはカルビン以下わずかであり、ナイアンティック計画に携わった12名の研究者たちが「フラッシュ・シャード」と名付けられた新たなアノマリーで出現することとなる史上最大規模のアノマリーの引き金となりました。

AnomalySeries-pg2-768x994.png

このアノマリーを通じて全ての真相が明らかとなりました。ナイアンティック計画が創設されようというときにエゼキエル・カルビンが何らかの手段でエイダを除くナイアンティック計画関係者たちを殺害し、シミュラクラへと変えてしまっていたのです。そしてカルビンはセルン(CERN)の地下にある隠された施設にその肉体を安置しました。その施設のコードネームこそがABADNだったのです。

ABADN-768x506.jpg

カルビンは何故そのようなことを行ったのでしょうか。実はカルビンはヤーハン同様にアンチマグナスの構成員でナイアンティック計画を創設することでシェイパーに対抗しようと目論んでいた、という見方が大勢を占めています。レジスタンスがアノマリーを制することになれば研究者たちはイングレスとその調査が始まってから何が起きたかの記憶を持たぬシミュラクラとしてこの世界へ舞い戻り、対するエンライテンドが勝利すれば人間として舞い戻ることが知られていました。

アノマリーの大半に加えて6名の研究者を制することで2015年はレジスタンスの勝利で幕を閉じたのです。ハンク・ジョンソンとヤーハンはジュネーブへと戻り、研究者たちを復活させました。そして、過去3年間に何が起きたのかその真相を伝えたのです。

レジスタンスは証人、ペルセポリス、アバドンの3アノマリーで勝利していましたから、研究者たちはシミュラクラとして世に放たれたのです。

2015年は明けましたが、2016年にはどのような謎が待ち受けているのでしょうか。

お約束ですが、調査員たちは謎の深淵に踏み込み続けています。どのようなことであろうと私たちは真実を探究していきます。ファクションも人種も性別も年齢もそこでは問題とはなりません。不思議の国へと旅立つため、オペレーション・エセックスへと参加しましょう。Google+のNiantic Projectページ、ナイアンティック研究者やセンシティブ、企業のページに注視してください。

2016年もよろしく!皆さんとともに調査するのが楽しみです!

fev games
2016/01/09 05:35:04
We have recapped anomalies and IngressFS of 2015. Now it is time to recap the story behind Ingress with everything that happened in 2015 with +Mustafa Said


Published on January 8th, 2016 | by Mustafa Said
Niantic Investigation - Year In Review 2015
Hello there and welcome to the year in review for the Niantic Investigation! 2015 was a colossal year in terms of story as the century-old conflict between the Shapers and N'zeer heated up due to Agent activity across 3 powerful global anomalies.

2015 began not with a whimper, but with a bang - a large one, to be exact, in Afghanistan at the start of the Shonin Anomaly Series.

On February 21st, a large-scale explosion took place at the site of a 13MAGNUS Nest - a Portal of immense power used by a duo of ancient societies: 13MAGNUS and the Anti-MAGNUS. On site were 3 groups of people:

  1. Hank Johnson, Jahan and Azmati, who had been taken there as hostages in order to watch her summon the N'zeer.
  2. Oliver Lynton-Wolfe and an associate of Visur.
  3. Devra Bogdanovich and Hubert Farlowe, an associate of hers.

When Azmati lept into action, destroying the Shonin Stone - a powerful artifact that could be used with the Nest to summon the N'zeer - the explosion happened. Azmati died in the attack and and at that moment, OLW, Devra and all other known members of the original Niantic Project would disappear (except for ADA, we'll get to her later.)

On March 5th, 2015, 31 XM Shards of Devra would appear in the Portal Network. Immediately, the Investigative community began to fear that Devra was the precedent of the possibility that all the missing people would return as Shards.

During this time, ADA began making discoveries about herself, learning with the help of Susanna Moyer​ of another AI living inside her: Truthseeker, created in one night by Richard Loeb, who has no coding experience, in 1997 at the NSA.

Further details would elucidate that Verity Seke, the operator of the Niantic Project G+, is actually Truthseeker.

Due to their control of the Anomalies and the majority of the Shards, the Resistance controlled Shonin and Devra. 

 

Following the finale of Shonin, Hank Johnson revealed that he would travel to the ancient city of Persepolis to confront Jahan, who was in route there and stop her.

This Anomaly series revolved around the fight for the next Researcher in the Portal Network: Stein Lightman - the expert of Shaper Glyphs.This also included the rumored showdown between Hank and Jahan in the city, which was destroyed by Alexander the Great. However, the destruction had failed to destroy ancient AntiMAGNUS artifacts that were buried beneath the city. Jahan planned to activate them to further her cause. Agents lept into action again to control the Anomalies and the 41 #LightmanShards.

In the midst of the series, P.A Chapeau had managed to separate Klue and ADA once and for all.

Once again, the Resistance continued their string of victories, controlling the overall Anomalies despite the Enlightened control of the majority of the Shards. Hank would end up abandoning his goals of Persepolis at the request of Devra, who warned him if he went "There'd be no coming back."

As things began to cool down, rumors began to emerge of Tycho creating a new comic book, entitled Ingress: Origins, and a potential attack on ADA began to form. The calm before the storm ended and the first wave of the storm began on August 6th, when ADA had been 'terminated' live on Behind the Scanner:

Meanwhile, Susanna would discover a mysterious secret tied to the very creation of the Niantic Project itself: A secret project codenamed Abaddon: 

This mysterious name, only known by Calvin and a secret few, would be the cause of the most massive Anomaly series yet as all the remaining 12 researchers of Niantic would be up for grabs via a new form of XM Anomaly codenamed "Flash Shards". 

During the series we learned the greatest truth of all: Ezekiel Calvin, as the Niantic Project was slowly beginning, somehow arranged for all the members of Niantic sans ADA to be killed and turned into Simulacra. He then had their bodies stored in a secret facility built below CERN. The codename of the lab: ABADN. 

Why did Calvin do it? Many suspect he's actually a member of the Anti-MAGNUS like Jahan and secretly created Niantic to strike a blow against the Shapers. What became known was that if the Resistance controlled the anomaly series, the researchers would return into our world as Simulacra with no recollection of what happened since the beginnings of Ingress and the Investigation while if the Enlightened won, they'd return as human beings.

By controlling the majority of the Anomalies plus 6 of the researchers, the Resistance closed out 2015 with another win. Hank Johnson and Jahan would work together to return to Geneva, revive the Researchers and explain the truth of what happened to them in the last 3 years. 

 

The Resistance had claimed all 3 anomalies: Shonin, Persepolis and Recursion. The Researchers are now Simulacra and are out in the world. 

 

2015 is over....but what mysteries will 2016 bring? 

As always:

Serious investigators dig deeper. Seeking the truth, no matter where it may lead, is our calling. Faction, race, gender, age - none of these things matter here. To potentially dig down the rabbit hole, join us at Operation Essex. Keep a close eye at the Niantic Project G+ as well as pages of the Niantic Researchers, sensitives and Corporations to learn more. 

See you all in 2016! I can't wait to explore the Investigation with you all!