目覚め

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2015/12/27 18:22:07
フェリシア・ハジラ=リーの新たなる啓示はアバドンの核心に踏み込むものだった。まさに核心へと至り...目覚めを目の当たりにするときが来たのだ。
エックス


Spiral.png

2015年12月27日(日)
目覚め

ハンクは群衆の雑踏を背にしていた。喝采と音楽だ。その中にスザンナ・モイヤーの声も混じっているように女には思えた。

「それで...例のジュエルについてよ。手に入れたわ。今晩飛び立つつもりよ。」

ヤーハンはゆっくりと携帯電話をテーブルへと置いた。報いを受けるときが訪れたとも言えるが、それは断じて素晴らしいものではなかった。

------------------------------

「出て行くことが条件だ。彼らは自由なのだ。いずれの企業にも政府機関にも関わりなく、何もなくだ。彼らは...彼らはただ立ち去るのだ。」

「確かに彼らはどこにでも行けるでしょうね、でもその前に本格的なカウンセリングを受けさせるべきと思うわ。」

「ナイアンティック計画で何が起き、その後どうなったのかは知り得る限り伝えるし、彼ら自身の身に何が起きたのかも伝えよう。そしてリカージョンに関しても...伝えよう。」

「そして自らの肉体へと戻るすべを?」

「そうせざるを得ぬだろう。」

「骨折りなことね。」

「君も私もやり抜くまでだ。彼らにはまだ逃れ得る見込みがある。膨大なものを失い、幾年も捧げてきたのだ。彼らは混乱し狼狽することだろう。その人生にぽっかりと穴が空いたのだからね。彼らには手を差し伸べねばならない。我々がアンドゥのキーを打ち込むのだ。」そう言ってハンクはヤーハンの瞳を見つめた。

ヤーハンも見返し、そしてハンクは意を決した。そこに言葉のやり取りなどなかった。抗うすべを百通りは思索したが、どれも意味をなさないことをヤーハンは気付いていた。「私たちには企業連合を御することなんてできないわ。」

「幸いなことに三年前のことを知る者は誰一人いないということだ。研究に復帰したい者がいたとしても何ら差し障りはない。我々が邪魔だてすることはないさ。」そう言ってハンクは微笑んだ。「取引といこう。君には断るという選択肢はないがね。いまやアズマティの約定は私が引き継いでいるのだから。」

言葉にして発することがあれば、自らを束縛することとなる。事実、現時点で研究者たちを「御すること」とは意味論の類だ...彼らはポータルネットワーク内で過ごし、形成されているのだ。

ヤーハンは首肯した。

ハンクがウィンド・ジュエルを取り出す。本物のウィンド・ジュエルをだ。

ハンクが馴染みあるグリフを描くと...それは輝き始めた。

ポータルが解き放たれる。そこは次元の狭間に揺蕩いし地。アバドン・チェンバーに横たわる研究者たちが二人の眼前にいた。アフガニスタンの13マグナス・ネストとはまるで違うもののようでもあった。不快なほどに強く、科学的で、金属質で、滅菌された空間。真新しく輝き、どれもがカルビンの手による技術の粋であった。だが、その目的とするところは全く同じものだ。

そこに、彼らは円を描くように横たわっていた。

カルビンもその中にいた。

「彼らに何を伝えようというのかしら?」
ヤーハンは問うた。

「別に何も。カルビンがいるさ、彼が皆へ真実を、偽りなき真実を、そして真実だけを語るだろうさ。」

「そしてどうするのかしら?」

「ヤーハン、興味深い日になることだろう。」
手の内に渦巻き輝くものを見下ろすと、ハンクは再び目線をヤーハンへと向けた。ハンクもまたヤーハンの感じ取ったものに気付いたのだ。

ウィンド・ジュエルに温かみが生じ始めていた。

そのエネルギーは容易に感じ取れるほどで、眩いものだった。二人がその目を覆ったときのことだ...ハンクは部屋の振動を感じ取った。

 そして、静寂が訪れた。変わらず聴こえてきていたのはブーンという機械の駆動音だった。

長机の脇に立っているのは研究者たちだった。その顔に狼狽の色を浮かべながら自らの姿を凝視する者もいた。

すべてがひとつとなった。

Felicia Hajra-Lee
2015/12/27 18:19:19
Awakening
There was a roaring crowd behind Hank.  Cheers.  Music.  She thought she could hear the voice of Susanna Moyer in the background. "Oh yeah... about the Jewel.  I've got it.  I'll be on a plane tonight." Jahan slowly put the phone back on the table.  In a wa...


Niantic Project
2015/12/27 18:22:07
+Felicia Hajra-Lee's latest revelation peers deep into the heart of #Abaddon. Into its very core....

... to witness an awakening.

x


Sunday, December 27, 2015
Awakening

There was a roaring crowd behind Hank. Cheers. Music. She thought she could hear the voice of Susanna Moyer in the background.

"Oh yeah... about the Jewel. I've got it. I'll be on a plane tonight."

Jahan slowly put the phone back on the table. In a way she had it coming, but it's never a great moment when karma catches up to you.

------------------


"The deal is that they walk out. They are free. They have no pre-existing bonds to any of the corporations or to any government agency. Nothing. They... they just walk away."

"I expect they will need to be counseled, extensively, before they are ready to walk anywhere."

"We tell them as best we can what happened at Niantic and afterwards. We tell them what happened to them. We tell them about recursion...

"And how you're going to try to get them back to their bodies?"

"I'll never stop trying."

"All this for nothing."

"We go on doing what we do, you and I. They have a chance to walk away. They've given up an unimaginable amount. They've given up years. They are going to be confused and disoriented. They are going to have holes in their lives. We did this to them. We're hitting the big 'undo' button." Hank met her eyes.

Jahan looked at him. He was decided. There wasn't going to be a negotiation. She thought of a hundred ways to try and work around them and knew that none of them would work. "We won't be able to control the corporations."

"The good news is that none of them know anything that isn't three years old. If some of these folks want to return and continue research, they can do so, obviously. We are out of the way." He smiled. "Do we have a deal or don't we? And you don't have the option of reneging on it. The Azmati pact travels with me now."

If she gave her word, it would be her bond. In truth, 'controlling' the researchers at this point was a matter of semantics... they had been shaped by their time in the Portal Network.

She assented.

He produced the Wind Jewel. The real one.

He traced the familiar Glyphs... it began to glow.

The portal opened. There, suspended in a place between the dimensions, they saw the Investigators laid out in the Abaddon Chamber. It was as unlike the 13MAGNUS Nest in Afghanistan as it could possibly be. Harsh. Scientific. Metal. Sterile. Gleaming and glowing with newness and every technological tool Calvin could get his hands on. But it served the exact same purpose.

There they were, laid out in a circle.
508681705618641906192919497254845687

Calvin was amongst them.

"What are you going to tell them?" Jahan asked.

"Nothing. Calvin is. He's going to tell them the truth, the whole truth and nothing but the truth."

"And after?"
1907171607060408064407505037060408060505082109

"It's going to be an interesting day, Jahan." Hank looked down at the glowing spiral in his hands, then up at Jahan. He knew she could feel it too.

The Wind Jewel began to grow warm.

The energy was palpable, blinding. They shielded their eyes... Hank thought he felt the room shake.

Then, quiet and cold. The background hum of stubborn machinery.

There standing beside the long tables, some staring in confusion at 'themselves,' were the researchers.

All save one.
33424b4e334245594f4e44f4e3342384a