ゴーストタウン

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2015/12/23 15:25:50
フェリシア・ハジラ=リーが新たなビジョンを示した...それは、ナイアンティック調査員であればよく知る場所、そこで起きた最近の出来事であった。
エックス


ゴーストタウン
女はこの場所のことを幾度となく耳にしてきた。図面も確認していた。その場所を夢想し、瞼の裏で鮮明に描き出すこともした。だが、実際にその場に立てばまるで異なっていた。刺すような痛みと刺激にヒリつくエキゾチックマターが流れ込んできた。女にとって初めての体験だった。危険だ。ここは全ての始まりとなった場所だった。

「ナイアンティック計画」を示すものは何もなかったが、施設のいたる場所に散乱した資料に、壁やデスクの上で幽鬼の如く明滅するモニターに、よく見知った蒼いロゴがあった。自動的に起動しては、女がそばを通り過ぎると再び暗転していった。

そこは悪夢に憑りつかれているかのようだった。ここで人々に恐ろしいことが起きたのだ。ネストたる秘密の地下研究室において、研究者たちは死に等しい宣告を受けたのだ。ネストは、プライマル・オブジェクトを以てしてのみ立ち入ることが叶う。ヤーハンが持ち込んだウィンド・ジュエルがそのひとつだった。彼らはカルビンの手によってシミュラクラと化した。そして自らもまたシミュラクラとなったのだ。

だが、それだけではない...幽鬼の如き感覚はますます濃くなっていく。この場所には、彼ら以外にも死を迎えた者がいたのだ。ローランド・ジャービスの遺体を巡る混乱は、女も知るところだった。

この霊場に立ち入った際、女は何が待ち受けているのか見当もつかなかった。ダッシャー議員が手引きした政府契約によってHAZDATAの衛兵が施設をかためているのか。国家情報局あるいは13マグナスが罠を張っているのか。待ち伏せがあるのか。女にはわからぬことであり、あらゆる状況に対処すべく準備していた。

ここまでのところ、施設はもぬけの空だ。子どもがお化け屋敷から逃げ出すかの如く、誰もがHAZDATAと企業連合との抗争から逃れたかのようであった。あの啓示の夜以後の調査で張られた黄色のテープが各所にあった。かつてのプロジェクトの現場に女は通りかかった。オリバー・リントン=ウルフが引き起こしたパワーキューブ爆発事件発端の場所、エノク・ダルビーの音響施設、キャリー・キャンベルの壁や床に殴り書き。それらがどれほど貴重な予言であったか、当時は誰一人として気づきはしなかった。そばの床に手帳が落ちていた。それはライトマンがキャリーのグリフを解読しようとしていた頃のものだった。

カルビンがプロジェクトを監督していた部屋を女は見上げた。窓ガラスは粉々になっていた。いつ何が起きてそうなったのか、女には知りようがなかった。

エイダの初期研究が進められたヘンリー・ボウルズの部屋、そしてエイダが感性に目覚めることとなったリチャード・ローブの部屋があった。部屋の隅にはスタンド型の帽子掛けが置かれていた。無論、名高い彼のフェドーラは掛けられてはいなかった。

シャポーは女を執拗に追っていた。彼に殺されるか、あるいは捕らえられることを考えてはいたが、そのようなことにはならぬとも感じ取っていた。それは本能か、あるいは幻の囁きなのか。

施設の地下深くへと下り、最下層へたどり着くと、カルビンの資料に残されていた地図を手に長く暗い通路を女は進んでいった。何十もの変わり映えしない扉を通り過ぎた先にそれはあった。それは有り触れた場所だった。機械室らしき部屋と空調施設らしき部屋に挟まれるようにして、どこにでもあるような扉があった。ABADNだ。女に笑みが浮かんだ。まさにそのとき、沖縄で、ミラノで、オークランドで、幾多の都市でエージェントが闘いを繰り広げていた。その発生源に独り、女は立っていたのだ。女はウィンド・ジュエルを取り出すと、グリフ・パターンを描いた。それは過日ハンク・ジョンソンがケツァルコアトル・グスマンから手に入れたものだった。

だが、何も起こることはなかった。

改めてグリフを描き、眉をひそめる。理解しがたいことだった。

そして真実に気づく。

ハンク・ジョンソンか、と。

使い古された手口で欺かれていたのだ。女は額や頬が熱くなるのを自覚した。

奴が石をすり替えたのだ。おそらくは今は亡きアズマティの収蔵庫で奴が見つけた偽物と。

忌々しい。忌々しい。女の笑い声は、長い通路の奥へと反響していった。

Nondescript.jpg

Niantic Project
2015/12/23 15:25:50
+Felicia Hajra-Lee offers another vision... this time one of recent events within a place that should be utterly familiar to any Niantic Investigator.

x


Tuesday, December 22, 2015
Ghost Town

She had heard of this place a thousand times.  She had seen drawings.  She had meditated on it, seen it in sharp focus through her mind's eye.  But actually being here was utterly different.  The XM flow was supercharged, tingling with an energy she had never felt before, like stinging spices, simultaneously painful and stimulating.  Dangerous.  This is where it had all happened.gs4c2aeponal6gdo8h

There was no sign that read 'Niantic Project,' but the familiar blue logo appeared on sheets of paper littered throughout the facility and on occasional monitors which glowed like apparitions on walls and desks, automatically waking as she passed by them, then once again resuming their slumber.
 
The place felt haunted.  People had experienced something terrible here.  The original researchers were sentenced to a kind of death and placed in a Nest in a secret laboratory below the building.  A Nest that was only accessible by one possessing a Primal Object, like the Wind Jewel Jahan carried with her.  They had been turned into Simulacra by Calvin.  He had done it to himself, as well.

But there was something more than that...  the ghostly feeling extended further.  There were other dead here, too.  She had heard the stories about the chaos surrounding the body of Roland Jarvis.

She hadn't known what to expect when she entered this hallowed ground.  Would the facility be guarded by HAZDATA guards playing out some government contract issued by Congressman Dasher?  Did the NIA or 13MAGNUS leave a trap for her?  Would they be lying in wait?  She didn't know.  She had prepared for everything.  

Thus far, the building was empty, as if everybody had fled after the showdown between HAZDATA and the Corporations, like children fleeing a haunted house.  There was yellow tape in various areas from some investigation that had followed Epiphany Night.  She passed the project work area where Oliver-Lynton Wolfe's exploding Power Cube had triggered the event, Enoch Dalby's musical instruments, Carrie Campbell's scrawlings over walls and floor.  At the time, nobody knew how valuable and prophetic they would be. A notebook lay on the ground nearby. Lightman's early attempts to decipher Carrie's Glyphs.w,yfm4u1pxr1rbf0n

She looked up at the crow's nest where Calvin supervised his project.  The window was shattered.  She didn't know when or how that had happened.

There was Henry Bowles' office where early work on ADA had been carried out and Richard Loeb's area where ADA had begun to become truly sentient.  She saw the hat stand in the corner. His fabled gypsy fedora wasn't there, of course.

Chapeau worried her.  She had considered having him killed or captured, but something told her not to.  Instinct.  Or maybe a distant voice.

She descended deep into the building and reached the lowest known floor, following the long dark tunnels using the map from Calvin's files.  She crossed dozens of nondescript doors before she saw it.  It was ordinary.  Just another door, nestled between some kind of hardware storage room and a room that seemed to contain some HVAC machinery.  ABADN.  She smiled.  At this very moment, Agents were battling around the world, in Okinawa, Milan, Oakland and a dozen other cities, but she stood alone in the epicenter.  She withdrew the Wind Jewel that Hank Johnson had pried from the hands of Quetzalcoatl Guzman days before and traced the Glyph pattern. 

Nothing happened.

She tried again, her brow furrowed. This didn't make sense.

Then the realized the truth.

Hank Johnson.

She had fallen for the oldest trick in the book.  She felt blood begin to pump in her forehead and cheeks.4tju7ibsehgyibn9,6n

He had switched the stone.  Probably with a forgery that he'd found in the dead Azmati's cache.

Damn him.  Damn him.  She began to laugh, hearing it echo sharply down the long bare tunnels.