グリフ・コマンド・チャネルの開発

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2015/12/22 17:14:51
新たな「グリフ・コマンド・チャネル」がイングレス・スキャナー・アプリケーション上に出現したようだ。

これはライトマンの手掛けたプロジェクトのひとつなのだろうか。そうであるならば、彼の業績は証人事件によって陽の目を見ぬまま断たれたのか。

果たしてどのような経緯で、この新技術はスキャナー上に出現し始めたというのだろうか。
エックス


%%オムニボア. システムログ [XEXEFRPTTMCSPBATDYTAHOAUPTTLSNHFSBTL]
%%信号[ログ開始]
%%スキャン開始: Meta {ワイドネットワーク調査}
%%信号[1]
%%追跡
%%復号: Meta {IP映像, IP音声, タイムコード, 暗号化レイヤー}
%%信号[1]
%%コンテキスト: Meta {{ロラゾン, アブリル: 最高経営責任者代行, IQテック・リサーチ社, アメリカ合衆国: ブラックデベロッパー研究。 諜報活動。}, {ニィ, ユエン: 最高経営責任者, ヒューロン・トランスグローバル社, 多国籍企業体/アジア・太平洋圏: 広域研究開発。資源管理。諜報活動。}, {ペフツォフ, イリヤ: 最高経営責任者, ヴィシュラ・テクノロジー社, 多国籍企業体/ロシア圏+欧州圏 広域研究開発 生命科学。 情報技術メディア。諜報活動。}}
%%信号[1]
%%コンテンツ Meta {

二ィ: ロラゾン、何か開示することがあるのではありませんか?

ロラゾン: 少々ね。だが、これには驚くことだろうさ。

ペフツォフ: グリフ・コマンド・チャネルのことだろうか。

ニィ: そのようですね。

ペフツォフ: 手短に説明してくれ。今日は一日中取締役会に出てたものでね。

二ィ: イングレス・スキャナーに出現した新たなモジュールです。ポータルに対する直接交信を可能とするのです。

ペフツォフ: ポータルに対してだと?

ロラゾン: そうだ、コマンド・チャネルはハック出力に影響を与え得るのだ。

二ィ: 今のところそのチャネルは、ハックによるポータル・キー入手を抑制するか、既に所持していようと追加のポータル・キー入手するか、に活用できるようです。

ペフツォフ: それはライトマンが唱えていた仮説ではないか...

ロラゾン: 仮説などではない。奴は昨年、我々のもとでその試作型モジュールに携わっていたのだ。だが...

ペフツォフ: だが?

ロラゾン: 完成を見ることはなかった。プロジェクトの初期段階で証人事件が起きたからだ。

二ィ: それで、プロジェクトは進めていたのですか?

ロラゾン: 先に言ったように、驚いているのだ。

ペフツォフ: 話が飲み込めていないのだが。

ロラゾン: 完成したモジュールが、イングレス・スキャナーを通じて拡散されたことが本日明らかとなったのだ。

二ィ: あなたの手の者の仕業ではないとおっしゃているのですか?

ロラゾン: そうだ。まさしく、そう言っているのだよ。

ペフツォフ: オムニボアか?それともエイダなのか?

二ィ: あるいはナジアと?ポータルのコマンド技術が与える影響は計り知れないものでしょう。

ペフツォフ: それらによるものと考えることはおかしくなかろう。

ロラゾン: 理にかなう推察だ。現時点ではそう考えざるを得ない。

ペフツォフ: このモジュールは強力なものであり、危険をともなう。出所は特定しておかねばなるまい。

}
%%信号 {[ログ.終了]}

Command.png

Niantic Project
2015/12/22 17:14:51
A new 'Glyph Command Channel' appears to be emerging in the Ingress Scanner app.

One of +Stein Lightman's projects? If so, it seems his work came to a sudden and unfruitful end as a result of Shōnin...

How, then, has this new technology suddenly begun to appear in the Scanner?

x


%%OMNIVORE.SYSLOG [XEXEFRPTTMCSPBATDYTAHOAUPTTLSNHFSBTL] {
%%Signal [log.init]
%%Scan Initiated: Meta {Wide Network Survey}
%%Signal [1]
%%Trace
%%Decode: Meta {IP video, IP audio, Timecode, Encryption Layer}
%%Signal [1]
%%Context Meta {{PEVTSOV, ILYA: CEO, Visur Technology, Multinational/Russia+EU: Far Horizon R&D. Life sciences. Information, Technology and Media. Intelligence and Kinetic Operations.} {NI, YUEN: CEO, Hulong Transglobal, Multinational/Asia+Pacific: Far Horizon R&D. Resource management. Intelligence and Kinetic Operations.}, {PEVTSOV, ILYA: CEO, Visur Technology, Multinational/Russia+EU: Far Horizon R&D. Life science. Information, Technology and Media. Intelligence and Kinetic Operations.}}
%%Signal [1]
%%Content: Meta {

NI: Do you have something to disclose, Lorazon?

LORAZON: Somewhat. Though my day's been pretty surprising too.

PEVTSOV: I assume he's talking about the Glyph Command Channel?

NI: He is.

PEVTSOV: Brief me, I've been in board meetings all day.

NI: It's a new module that's emerging in Ingress Scanners. It enables directed communication towards active Portals.

PETVSOV: Towards them?

LORAZON: Yes, the Command Channel's able to influence hack output in specific ways.

NI: Right now it seems the Channel can be used to either prevent a Portal Key from being hacked, or attempt to hack an additional Key even if an Agent already has one.

PEVTSOV: I seem to recall Lightman having a theory ...

LORAZON: More than a theory. He worked on a prototype module for us last year. But ...

PEVTSOV: But?

LORAZON: The work was incomplete. Shonin happened before the project went beyond the initial phase.

NI: And now you've managed to complete the work?

LORAZON: Like I said, it's been a surprising day.

PEVTSOV: I don't follow.

LORAZON: The completed module was discovered spreading through Ingress Scanners earlier today.

NI: Are you saying one of your people didn't do this.

LORAZON: I'm saying ... yes. That's exactly what I'm saying.

PEVTSOV: Omnivore? ADA?

NI: The N'zeer? A technology that commands the Portals could have far-reaching effects.

PEVTSOV: Would not be the first oddity we attribute to them.

LORAZON: All valid guesses. At this point, guesses are all we have.

PEVTSOV: This is powerful, and potentially dangerous. We must identify the source.

}
%%Signal {[log.end]}