アバドンの発端

loeb.pngリチャード・ローブ(H. Richard Loeb)
2015/12/04 15:34:59
アバドン・アノマリーの終幕はすぐそこに迫っている。そこで、今回は我々の現状についてお話ししたい。

アバドンの発端から話を進めよう。困難な試みだが、私はその意志を固めているよ...

国家情報局の後ろ盾によって集められた芸術家や科学者からなる精鋭頭脳集団がエキゾチックマターの影響を研究したナイアンティック計画に関しては大抵の人々がご存知だろう。そして、その創設には国家情報局工作員エゼキエル・カルビンの多大な関与があったことをご存知の方々も多いことだろう。

ナイアンティック計画では、レゾネーターやXMPといった今でも活用されている主要なXMオブジェクトとともに、イングレス・スキャナーアプリケーションが開発された。シェイパー・グリフやカオティック・マター、そしてエキゾチックマターの精神増強効果や精神変容効果に関しても明らかにされた。だが、イングレス・スキャナー・アプリケーションの存在が公になり、リントン=ウルフによるパワーキューブ実験で事故が発生し、デブラとジャービスが逃亡を図るも二人の国家情報局工作員に射殺されるという制御不能の事態の末、終焉を迎えたのだった。要は秩序を失い混乱状態に陥ったわけだ。

それらの理解はいずれも正しいものだが、今ではより理解しがたい邪悪な試みが進められていたことも明らかとなった。だが、アバドンにおいては秘密が発覚したに過ぎない。

さて、エゼキエル・カルビンはナイアンティック計画の創設される以前からエキゾチックマターに関して驚くほど多くを知っていたことが明らかとなった。太古の勢力、13マグナスとアンチマグナスが数千年にわたってエキゾチックマターの儀式にまつわる叡智を継承し、歴史に影響を与え、おのおのがシェイパーやナジアの力を用いてきたことを奴は知っていた。エキゾチックマターで「複製」された人々、シミュラクラには永遠に生きる特性があることを奴は知っていた。太古の遺物とは我々には憶測するより他ないエキゾチックマター技術の秘められたプライム・アーティファクトであることを奴は知っていた。そして、アフガニスタンにおける13マグナスの洞窟やペルセポリスの地下遺跡のようなマグナス・ネストはアーティファクトを活性化させると奴は知っていた。

わかったことは、ナイアンティック計画でカルビンが本当に推し進めていたのは、シミュラクラの力を研究活用し、自らのマグナス・ネストを生み出すことにあったということだ。ナイアンティック計画に携わっていた研究者たちが、その最中に自覚することなくシミュラクラと化していた可能性は極めて高いと見られている。

カルビンはどうしてこのような企てに及んだのだろうか。おそらくはアンチマグナスとナジアの勢力を盛り返し、奴にとっては数千年およぶ人類の暗黒時代に終焉をもたらし、迅速な技術革新と万物を鋭敏に察する時代の幕開けさせようとしたのだろう。

あるいは膨大な力を自ら掌握しようとしたのかもしれない。正直なところ、私にはわからぬことだ。

こうして、ナイアンティック計画を経て全ての研究者たちがシミュラクラに、ポータルネットワークに接続されたエキゾチックマターの存在になっていたのだ。ヤーハンがアフガニスタンの13マグナスの洞窟へハンク・ジョンソンとアズマティを連行していなければ、こうしたことは明らかにならなかっただろう。

そこでハンクとアズマティはヤーハンに抵抗を示し、その最中に証人ストーンと呼ばれるテクノロジーが活性化したのだ。こうして発生した大規模XM爆発は、世界中に災禍を及ぼすこととなった。

そして我々は知った。全ての研究者たちがその意識をシャードと化してポータルネットワークへ取り込まれてしまったことを。

世界各地のエージェントがシャードを制御統合し研究者たちの精神を再構築することで彼らを取り込もうと、もう一年近くも競い合ってきた。それもいよいよ終わりを迎えようとしている。

9人を巡る戦いが既に決している。

デブラ・ボグダノヴィッチはレジスタンス
スタイン・ライトマンはレジスタンス
ミスティ・ハンナはレジスタンス
ユーリ・アラリック・ナガッサはエンライテンド
エノク・ダルビーはレジスタンス
キャリー・キャンベルはレジスタンス
オリバー・リントン=ウルフはエンライテンド
ビクター・クレーゼはレジスタンス
マーティン・シューベルトはレジスタンス

そして3人が今なお残されている。

エイダ
ローランド・ジャービス
エゼキエル・カルビンその人である。

12月12日に残る3人の運命が決せられることになるが、それだけで終わる話ではない。

まさに進行中のことだが、報告を信じるなら敵同士も時として力を合わせるということだろう、ハンク・ジョンソンとヤーハンがプライム・アーティファクトの奪還に向けて行動に移した。それは...アバドンの...その扉を開け放つものと考えられているようなのだ。

私の推察では、アバドンとはカルビンが研究者たちをシミュラクラへ変えた儀式の執り行われ、本当の肉体が安置されている秘密の場所、マグナス・ネストのことだろう。

また、ハンクとヤーハンはその研究者たちを現世へ呼び戻そうとしている、おそらくは人間としてだろう。エンライテンドがアバドンを制することになれば、おそらくはシミュラクラとしてだろう。レジスタンスが制することになれば、おそらくは肉体を帯びて再び大地に立つことになるだろう。

それは彼ら自身の闘いではあるが、個人的には成功を祈念している。1年にわたるエージェント諸君の活躍によって戻ってきた研究者たちは今後の情勢に大きな影響を及ぼしていくことだろう。

さて、ほかに質問はあるかな?言ってくれれば、答えようじゃないか。あるいはオペレーション・エセックス調査員の誰かが代わって答えてくれるだろう。

P.A. シャポー

RoadtoAbaddon.jpg

H. Richard Loeb
2015/12/04 15:34:59
The last of the #Abaddon Anomalies are almost here, so I wanted to talk about where we stand today.

I figured I would try to tell the story of #Abaddon from the beginning. Kind of a challenge, but I'm up for it...

Most folks know about the Niantic Project: A group of artists and scientists thrown together in a high-intensity think tank sponsored by the NIA in order to study the effects of Exotic Matter. Most folks also know that Ezekiel Calvin, an NIA Field Operative, was largely responsible for its creation. 

During the course of the Project, the Ingress Scanner app was developed, as well as many of the primary XM objects in use today like Resonators and XMPs. We also learned about Shaper Glyphs, Chaotic Matter and the mind-enhancing/mind-altering power of XM. The project ended after things spun out of control: the Ingress Scanner app leaked to the public, one of Lynton-Wolfe's Power Cube tests ended in disaster, Devra and Jarvis tried to escape the facility and Jarvis was shot by two NIA operatives. In short, a royal mess.

That understanding of the Niantic Project is true, but now we've learned that there was something deeper, and darker, at play as well. That's the secret that has only come out during #Abaddon.

So it turns out the Ezekiel Calvin knew a hell of a lot more about XM before the Niantic Project began. He knew about 13MAGNUS and Anti-Magnus: ancient forces that had been preserving the ritual knowledge of XM for millennia and trying to use it to influence history and enhance the power of the Shapers or the N'zeer (respectively). He knew about Simulacra -- XM-based 'replicas' of people that can functionally live forever. He knew about Prime Artifacts, ancient objects that contain hidden XM technology of a sophistication we are only beginning to fathom. And he knew about Magnus-Nests, the places where those Artifacts can be activated (like the 13MAGNUS cave in Afghanistan, or the ruins beneath Persepolis).

It turns out, what Calvin was really trying to do during the Niantic Project was study and exploit the power of Simulacra and create his own Magnus-Nest. It's looking pretty likely at this point that each of the researchers at Niantic was, at some point in the Project, forcibly turned into a Simulacrum without them even knowing. 

Why did he do this? Probably to shift the balance of power back to Anti-Magnus and the N'zeer and to bring to an end what (in his point of view) had been a dark-ages that had haunted mankind for thousands of years -- to start an era of fast technological progress and enhanced awareness of the universe.

Or maybe he did it because he wanted to consolidate a tremendous amount of power all to himself. Honestly, I don't know. 

So, after Niantic, all the researchers were Simulacra -- XM beings connected to the Portal Network. We probably wouldn't have found out if Jahan hadn't gone to the 13MAGNUS cave in Afghanistan with Hank Johnson and Azmati as her prisoners. 

Hank and Azmati made a move against Jahan there, and during the course of the fight, a piece of technology called the Shōnin Stone was activated. A massive XM explosion took place and reverberated around the world.

And the next thing we knew, all the researchers were Shards of consciousness trapped in the Portal Network. 

Agents around the world have been fighting to control and unify those XM Shards -- rebuilding the minds of the Researchers (and influencing them along the way) for almost a year now, and that struggle is about to come to an end.

Nine have been fought and won: 

Devra Bogdanovich- Resistance
Stein Lightman - Resistance
Misty Hannah - Resistance
Yuri Alaric Nagassa - Enlightened
Enoch Dalby - Resistance
Carrie Campbell - Resistance
Oliver Lynton-Wolfe - Enlightened
Victor Kureze - Resistance
Martin Schubert - Resistance

Three remain:

ADA
Roland Jarvis
Ezekiel Calvin himself.

On December 12th, the fate of the those last 3 will be decided, but the story doesn't end there.

Right now, if intel reports are to be believed, Hank Johnson and Jahan (enemies thrown together by circumstance) are working to recover a Prime Artifact that they think will lead them to -- and unlock -- #Abaddon

My best guess is that #Abaddon is a secret place (a Magnus-Nest) where Calvin performed the ritual that turned the Niantic researchers into Simulacra -- and it's where the real bodies of the Niantic Researchers are probably being stored.

Together, Hank and Jahan hope to bring these researchers back into our reality -- maybe as humans, if the Enlightened prevail in #Abaddon -- maybe as simulacra, if the Resistance prevail -- but physical and walking the earth either way.

That's the challenge they've set for themselves, and personally I hope they succeed. Returned, and changed by the actions of the Agents over the last year, these researchers will have a major impact on the research that will take place (and the balance of power) in the future.

So. Any questions? Let me know and I'll try and answer them for you, or maybe one of the Operation Essex investigators can step in and help you out.

P. A. Chapeau