中庸を歩む者

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2015/12/03 17:26:59
ハンクとヤーハンは目標に迫る...だが、企業体はそれを掠め取ろうとしてるのだろうか。
エックス


%%オムニボア. システムログ [43245111132134414511432423152433213415]
%%信号[ログ開始]
%%スキャン開始: Meta {ワイドネットワーク調査}
%%信号[1]
%%追跡
%%復号: Meta {IP映像, IP音声, タイムコード, 暗号化レイヤー}
%%信号[1]
%%コンテキスト: Meta {{ロラゾン, アブリル: 最高経営責任者代行, IQテック・リサーチ社, アメリカ合衆国: ブラックデベロッパー研究。 諜報活動。}, {ニィ, ユエン: 最高経営責任者, ヒューロン・トランスグローバル社, 多国籍企業体/アジア・太平洋圏: 広域研究開発。資源管理。諜報活動。}, {ペフツォフ, イリヤ: 最高経営責任者, ヴィシュラ・テクノロジー社, 多国籍企業体/ロシア圏+欧州圏 広域研究開発 生命科学。 情報技術メディア。諜報活動。}}
%%信号[1]
%%コンテンツ Meta {

ペフツォフ: 情報によれば、ヤーハンは埋没したピラミッドへと向かっている。

ロラゾン: 残念ながら、そこはグスマンの裏庭だ。文字通りの意味でな。

ニィ: 彼らが失敗すると本当にお思いですか?

ロラゾン: おそらくな。奴の裏にいるのが我々の考えるとおりであれば、奴は既にヤーハンたちの到来を察知しているに違いない。それに奴は侮れぬ。

二ィ: 私たちに局面を変えることはできるでしょうか?

ペフツォフ: どちらに加担するというのだい?ヤーハンたちか...あるいは。

二ィ: 中庸を歩もうとする者たちを排除せよと仰るのですか。

ペフツォフ: ヤーハンたちの追っているのはアバドンだよ。我々にはあっても、ヤーハンたちには我々と情報を共有する義理はない。

ニィ: 単体でこれほど強力なアーティファクトとは...

ロラゾン: カルビンの文献を考慮するとな...

ペフツォフ: ヤーハンの言うように、これがマスターキーであったならば、研究者たちを呼び戻す以上の価値があるやもしれん。

二ィ: あなたの手回しの良さには感服しますよ、イリヤ。

ロラゾン: 速やかに行動に移さねばならない。ヤーハンとジョンソンは既に計画を実行に移しているに違いないからな。

}
%%信号 {[ログ.終了]}

Middlemen.png

Niantic Project
2015/12/03 17:26:59
Hank and Jahan advance on their target... but will the corporations steal the prize?

x


%%OMNIVORE.SYSLOG [43245111132134414511432423152433213415] {
%%Signal [log.init]
%%Scan Initiated: Meta {Wide Network Survey}
%%Signal [1]
%%Trace
%%Decode: Meta {IP video, IP audio, Timecode, Encryption Layer}
%%Signal [1]
%%Context Meta {{PEVTSOV, ILYA: CEO, Visur Technology, Multinational/Russia+EU: Far Horizon R&D. Life sciences. Information, Technology and Media. Intelligence and Kinetic Operations.} {NI, YUEN: CEO, Hulong Transglobal, Multinational/Asia+Pacific: Far Horizon R&D. Resource management. Intelligence and Kinetic Operations.}, {PEVTSOV, ILYA: CEO, Visur Technology, Multinational/Russia+EU: Far Horizon R&D. Life science. Information, Technology and Media. Intelligence and Kinetic Operations.}}
%%Signal [1]
%%Content: Meta {

PEVTSOV: Our intel indicates that Jahan are heading to the sunken pyramid.

LORAZON: Unfortunately, it's in Guzman's back yard. Literally.

NI: Are we really worried that they will fail?

LORAZON: Possibly. Depending on who we think is helping him, he might know they're coming. And he's not somebody to be trifled with.

NI: Can we tip the scales.

PEVTSOV: In whose favor? Theirs or ...?

NI: You're suggesting we remove the middlemen.

PEVTSOV: They seek Abaddon. So do we, but they have no reason to share with us.

NI: An Artifact this powerful ...

LORAZON: Combined with Calvin's papers ...

PEVTSOV: If it is a skeleton key, as Jahan described, it could be quite valuable, even after the researchers are returned.

NI: I do admire your long game, Ilya.

LORAZON: We'll need to move fast. Jahan and Johnson may already have get their plan in motion.

}
%%Signal {[log.end]}