ハンクとヤーハンの信頼

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2015/12/02 15:27:52
二人は敵同士だ。だが、我々には考えの及ばぬところで深くつながり合っている。

それは深い不信感を示しあいつつもハンク・ジョンソンとヤーハンがアバドンの謎へ共に挑もうとしていることからも明白である。
エックス


ヤーハン: 来るとは思わなかったわ。

ハンク: そうだね、来てしまった。それで何を狙っているんだ?

ヤーハン: せっかちね、ハンク。まあ座って。飲み物でも口にしながら、夕陽を愉しみましょうよ。

ハンク: 素晴らしい夕陽なんて幾らでも見てきたよ。それに君と語り合うことなんて然程ないものでね。

ヤーハン: そうね。エエカコカトルのことよ。

ハンク: ウィンド・ジュエル、巻貝、フィボナッチか。そいつがプライム・オブジェクトなのかい?

ヤーハン: そうよ、とても強力なものね。

ハンク: アズマティの一族を襲撃した際に入手できなかったのかい?

ヤーハン: それは私ではないのよ、ハンク。そのことに関しては誓ってもいいわ。犠牲となったアズマティの一族を悼む気持ちはハベリで失われた人々を悼む気持ちと変わりないものよ。

ハンク: ウィンド・ジュエルについて教えてくれ。

ヤーハン: ケツァルコアトル・グスマンの名を聞いたことはあって?

ハンク: 残念なことにね、奴の手にあるというのかい?

ヤーハン: そのとおりよ。それを取り戻そうということよ。

ハンク: 厄介なことだな。そのアーティファクトでなくてはならないのかい?

ヤーハン: 鍵のようなものよ。

ハンク: 証人ストーンのような?

ヤーハン: もっと具体的に言えば、マスターキーね。伝承によれば、アンダーワールドへの扉を開くためのね。

ハンク: アバドンか。

ヤーハン: 私があなたをここへ呼んだわけは分かったわね。私ひとりでは成し遂げることができない旅ということよ。

ハンク: グスマンか。

ヤーハン: ええ、そうよ。危険をともなうものとなるわ。あなたの力を以てしてもね。

ハンク: 君の半径5マイルに近寄ることも十分危険をともなうがね。

ヤーハン: 飲み終わったかしら、ハンク。さっそく向かうとしましょうか。

Trust_20151202152752.png

Niantic Project
2015/12/02 15:27:52
They are adversaries, and yet, they are profoundly connected in a way that we don't fully understand yet.

It's clear that despite the deep well of mistrust between them, Hank Johnson and Jahan intend to work together to unlock the mystery of#Abaddon.

x

JAHAN: I didn't know if you would come.

HANK: Well, I'm here. What are we hunting for?

JAHAN: So quick to the business, Hank. Sit down. Share a drink. Enjoy the sunset.

HANK: I've seen sunsets in better circumstances, and you and I don't have much else to discuss.

JAHAN: Very well. It is the Ehecacozcatl.

HANK: Wind Jewel. Conch shell. Fibonacci. It's a Prime Object?

JAHAN: Yes. A very powerful one.

HANK: Didn't find that one when your folks attacked Azmati's people?

JAHAN: That was not me, Hank. I swear this. I mourn Azmati's family as I mourn those who were lost at the Haveli.

HANK: Tell me about the Wind Jewel.

JAHAN: Have you heard of Quetzalcoatl Guzman?

HANK: Unfortunately. He has it?

JAHAN: That's right. And we've got to get it back.

HANK: Ugly. Why this specific Artifact?

JAHAN: Think of it as a key.

HANK: Like the Shonin Stone?

JAHAN: More specifically, it is a Skeleton key. One that, according to the legends, can open a door to the Underworld.

HANK: Abaddon.

JAHAN: Now you know why I needed you here. This is not a path I can travel alone.

HANK: Guzman's dangerous.

JAHAN: Yes. Very. It will be a high risk operation, even with your skills.

HANK: Walking into five mile redius of you is a high risk operation.

JAHAN: Finish your drink, Hank. We will have to make your move soon.