ヤーハンの接触

hank.jpgハンク・ジョンソン(Hank Johnson)
2015/11/28 18:03:15
ルールその1、守りきれる秘密はないと心得よ。システム、電子情報、人そしてエキゾチックマターを介した諜報を退けようとも、エイダの限界は底知れない。手間取らせないために、前もって明かしておこう。ヤーハンから接触があった。助けを求めて来たのだ。どうして信頼できようか、有り得ぬ事だ。だが、悟ってもいるのだ...アバドンとは一体なんなのか...彼女なしにはその答えに辿り着けはしないということを。絶対に彼女が必要となるのだ。ナイアンティック計画でカルビンが何を企てていたのか、それを知る唯一の人物かもしれないのだから。

敵であるが味方でもある、奇妙な同志とも、競合相手とも言える問題を抱え込むこととなる。率直に言って、この関係を「同盟」と呼ぶことはないだろう。以前会った際には殺されそうになったのだからね。今回はヤーハンが私を必要としたに過ぎないし、望まざるとも私自身も彼女を必要としているのだ。

エイダの新事実やアンチマグナス・ネストでの対立以後の彼女の足跡を知るのは非常に関心高いことだ。おそらくはペルセポリスにいたのだろうが、その正確な所在を知る手掛かりが提示されるやもしれない。

何を求めているのか具体的に示すことはなかったが、ハワード・クラフトの文書と何かしらで繋がっていくのだろうと感じ取った。今では唐辛子を栽培している岩塩の島が、かつてアバドンと呼ばれていたのは偶然のはずがない。あるいはアンチマグナスの息のかかった特定の場所指し示す隠語に過ぎないのだろうか。そんな考えが心を過ぎっている。

いまや何が起きたのか明らかになっている...ヘリオス以後...いやインテリトゥス以後のことはね。あるいは13マグナス以後、いやそれは違うな。ナイアンティック計画以後となると、カルビンの頭の中にしかないだろう。それはナジアとその工作員たるアンチマグナスの二千年にわたる大計の一端に過ぎない。驚愕せざるを得ない忍耐力ではないか。それとも彼らは異なる時の流れを歩んでいるとでもいうのだろうか。

いま、南へと向かっているところだ。太陽へ向かって。その先にヤーハンが待っている。

SeeBoundless.jpg

Hank Johnson
2015/11/28 18:03:15
Rule #1. Assume no secrecy. Not when we are all observed by sysint, elint, humint and now XMint, and to top that off we have no idea what ADA's enhanced capabilities are. To spare somebody else the trouble, I'll break the story. I've been contacted by Jahan. She said she needs my help. Can I trust her? Of course not. But I'm also starting to realize that... whatever #Abaddon is... I'm not going to crack it without her. Not a chance. She may in fact be the only person who knew what Calvin was really up to during the Niantic era.

That's the problem with frenemies -- strange bedfellows -- coopetitors -- frankly I don't know what to call this 'alliance.' Last time I saw her she was threatening to kill me. This time, she needs me -- and for better or worse I need her. 

It will be fascinating to learn what has become of her since ADA's revelation and confrontation in the Anti-Magnus nest (I presume in Persepolis, but perhaps she'll shed more light on exactly where it was). 

She was not specific about the mission she needs me for, but I have a feeling it is going to connect, one way or the other, with the Howard Craft document. It can't be a coincidence that the salt island which today grows hot peppers was once called Abaddon. Or is the word just a label for the function a place serves to the Anti-Magnus? The thought's crossed my mind. 

What's becoming clear to me now is that everything that's been happening... since Helios... since Interitus. Maybe since 13MAGNUS. No. Scratch that. Since Niantic was just the spark of an idea in Calvin's mind. It's all been part of something the N'zeer and their operatives (Anti-Magnus) have been planning for two millennia. Amazing patience. Or is time different for them?

For now, I'm headed south. Into the sun. Jahan's waiting.