ジレンマ

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2015/11/20 14:04:59
ナイアンティック計画の頃にビクター・クレーゼが書き残した個人的な日誌の1ページが復元された。

クレーゼが計画の途で謎めいた死を遂げたことを思い起こす者もいるだろう。彼の死に関しては、フェリシア・ハジラ=リー著の短編「イングレス・レベル8」にその一端が詳述されている。

先週末にハンブルグで発生したアバドン・アノマリーにクレーゼは関わり、彼のエキゾチックマター・パターンはレジスタンスの手中となった。
エックス


ジーク^1は長年にわたって様々なことを求めてきたし、私は疑うことなく応じてきた。私は科学者に過ぎず、哲学者でもなければ倫理学者でもない。ジークはひとりの友人でもあり、パトロンでもある。誰もが相手にしてくれなかったとき唯一私の主張を信じてくれたのが彼であり、科学の深淵に挑むための資金を供与し励ましてくれたものだ。ワイダ^2に前後した研究のすべてが彼の支援あってのものだった。彼がその資金、そして人員を用立ててくれたのだ。

^1 ジークとは、エゼキエル・カルビンのこと。
^2 ワイダとは、ナイアンティック計画以前に行われていたプロジェクト。

今宵のことだ、彼はローランド^3の遺体を詳しく調べるよう求めてきた。これには動揺させられたと言わざるを得ない。私は法医学者ではない...物理学者なんだよ!ああ、わかっているさ、このジャービス^3の肉体は特異な存在だ。エキゾチックマターと肉体に浮き出た記号におそらくは関係した超次元的な特性がその肉体を完全な状態で保存しているのだ。それはもはや保存というよりも、反復的な自己修復に等しいものだ。

^3 ローランド・ジャービスとは、人類の啓発を主張したセンシティブ

実際のところ、エキゾチックマターが多次元に並存することでジャービスの肉体に関する情報を繋ぎ止める役割を担っているのではなかろうか。安定している他次元の状態と「同期」されているというわけだ。

記号が実際にはどのような機能や性質を備えているのかはわからない。おそらくは、キャリーが^4主張するところのグリフと呼ばれるものの類だろう。いずれにせよ、キャリーやスタイン^5の領分だ。あるいはミスティ^6の領分とも言えるだろう。

^4 キャリー・キャンベル
^5 スタイン・ライトマン
^6 ミスティ・ハンナ

ナイアンティック計画が完結を見なかったことは、いまだに心残りだ。我々がたどり着いていたであろうことなのにだ!いまや私に助けはない、もはや理解も及ばぬ専門外、私はおろか人類の誰も扱えぬ実験が進められている。

それでも私は、最善を尽くさねばならぬ借りがジークにあるのだ...

私を困惑させていることは他にもある。ジークが思案に暮れている折に配下の工作員に対して呟いた符丁を私は耳にしていた。それが気がかりなのだ。施設に関するものだったのか、ジャービスのことか、あるいは我々の下にある巨大ポータル、大型ハドロン衝突型加速器のことだっただろうか...

説明しようがないのだ、それが私を不安に駆り立てている一番の要因である。

それはアバドン、神話においては場所とそれに関連する悪魔を意味している。これらがどう結びつくのかはわからなくともやらねばならないのだ。なんら助けにはならないが、これらのグリフが伝えているとの感覚はある。

だが、果たして何を意味するものなのか。脈絡なき情報をどう扱えばよいというのだろうか。

できることは何でもやっていかねばなるまい。行く手にあるは身の毛もよだつ過酷な課題だ。

主よ、助けたまえ。

Dilemma.png

Niantic Project
2015/11/20 14:04:59
A page from Victor Kureze's personal diaries during the Niantic Project has been recovered.


Some of you will recall that Kureze died during the course of the Project under mysterious circumstances -- some of the details surrounding his death have emerged via +Felicia Hajra-Lee's short story, Level 8 (https://goo.gl/DFohJN).

Kureze was associated with the #Abaddon Anomaly that took place in Hamburg last weekend, and his XM pattern was claimed by the Resistance.

A transcript of the document is below.

x

----TRANSCRIPT BEGINS----

Zeke has asked me to do many things over the years.  I have done them unquestioningly.  I am a scientist.  I am not a philosopher and certainly not a moralist.  Zeke has been both a friend and patron.  He believed in me when nobody else did -- made it possible for me to explore the furthest reaches of science, provided me with funds and encouragement.  All of the studies before and after Whydah were facilitated by him.  He found the money -- the people.

Tonight he asked me to examine Roland's corpse in detail.  I would be lying if I did not say that this disturbed me.  I am not a forensic pathologist...  I'm a physicist, damn it!  Yes, I understand that this body -- Jarvis' body -- is a unique object.  I sense that XM and some unknown transdimensional property (perhaps related to these symbols that have appeared upon it) are what have kept it perfectly preserved -- more than preserved -- it has self healed repeatedly.  

Actually, I suspect that what is actually happening is that the XM (which exists simultaneously in multiple dimensions) is tethering the information state of Jarvis' body, and causing it to 'sync' to a stabilized cross-dimensional state.  

I have no idea what the true function and nature of the symbols are.  Perhaps I should take to referring to them as glyphs since that is what Carrie insists they should be called.  In any case, that's more her or Stein's territory.  Or Misty, I suppose.

I still lament that Niantic was not allowed to go to completion.  The things we would have known!  Now I am alone, out of my depth, out of my element, conducting experiments that neither I nor any other human is capable of conducting -- should be asked to conduct.  

But I owe it to Zeke to do my best...

There is one other thing that disturbs me.  The code word that I heard Zeke quietly utter to one of his operatives when he thought I was distracted.  Was it in association with the facility?  Jarvis?  Or this massive portal we sit upon, the Large Hadron Collider...  

For reasons I cannot explain, it has left me most uneasy.  

It was Abaddon which in mythology is both a place and a demon associated with a place.  I don't know why I connect these things, but I do.  I can't help but get the feeling that these glyphs are communicating this information to me.  

But what does it mean?  What am I supposed to do with information free of context?

All I can do is carry on.  A grisly task lies ahead.

Lord help me.

-Dr.  Victor Kureze

----TRANSCRIPT ENDS---