ドゥーム・オブ・アバドン

nianticglowsナイアンティック計画(Niantic Project)
2015/11/18 15:45:08
ハンク・ジョンソンはニューオーリンズでこれを探し求めていたのだろうか。
エックス


この原稿の出どころは定かでないが、ファンズワース・ライト氏の死後になって発見されたものに違いない。これまでのところ発見されているものはこの断片のみである。ロバート・E・ハワード氏が手掛けた原稿を彼の死後にH.P.ラヴクラフト氏が校了させたものではないかとの見方もある。そのためにウィアード・テールズで見かけたことのないハワード・クラフトなる筆名で記されているのだというのだ。その判断は読者諸君にお任せするとしよう。

ザ・ドゥーム・オブ・アバドン
ハワード・クラフト著

1521年、春分。

彼方で鳴らされるドラムの音が伝う...二隻のカヌーとひと際大きな一隻の船は穏やかな河面でじっと留まっていた。微かなドラムの音を塗りつぶすように漂う黒煙のなか、そのホワイト・シャーマンはいた。飾り立てられたローブの上に骨の浮き出るほど痩けた顔があった。布でくるまれた遺体を見下ろし、いにしえの魔導書にラテン語で記された呪文を繰り返し呟いていた。

川葬に参列していた9人の男たちには余人の目を避ける気配があった。彼らはスペイン人であり、彼らがいるのは赤色の原住民が住まう異郷の地であった。黄金郷と不老不死を求めて来たと伝えられているが、実際のところは全く異なる使命を帯びていた。そのひとつは聖地に隠匿されたとされているものだ。

発見された司令官の遺体埋葬を前に探検家たちは身を強ばらせざるを得なかった。銃声、そして輝くヘルメットとトレド製の剣によって原住民に服従を強いていたわけだが、司令官の死を知られるわけにはいかなかった。なぜなら、司令官は自らを神であると説いていたのだ。彼の死が明らかとなれば、そのようなまやかしは通じなくなるだろう。いまあるのは原因不明の病によって変わり果てた亡骸でしかなかった。

秘密裏に進めるこの埋葬を月光が暴いてしまうのではないか、とスペイン探検家たちは不安に駆られていたのだ。

死者が息を吹き返したかのようだ、ひとりの男がそう呟くと、いま一度生死を確認しようと訴えた。船医は改めて青白い喉元へ指を置くと、神妙な表情でうなづいた。葬儀は大詰めへと進んだ。

ティカは葦の合間からその様子を見入っていた。ここではそう呼ばれていたに過ぎないが。この数日間、ティカは白人たちをつけ回していたが、スペイン人にも原住民にも気づく者はいなかった。悠久のときを通じて周囲に溶け込むすべを得ていたのだ。

ホワイト・シャーマンただひとりがティカの存在を知っていたが、直接姿を見たことはなく、恒久にして謎めいた象形文字を用いてやりとりしていたに過ぎない。

呪文を繰り返し唱えたシャーマンが金十字を振ると、二人の男が小舟から重りをつけた遺体を押し出した。這うような水音とともに滑り落ちると、幽鬼の如く川面の下へと消えていった。更に幾言か呟くと、シャーマンは暗闇を覗き込んだ。ティカがいるように思えたのだ。シャーマンが身振りすると、蛇行する川を小舟は音ひとつたてず下っていった。琥珀色の月によってシルエットだけが映し出されていた。

暗闇の水中をティカは泳いでいた。その死体は、アレクサンドリアの寺院で見た大理石の彫像のように輝いていた。かつて異なる生涯のなかでのことだ。不意に一匹の蟹がその顔に飛びつき、見開いた目に触れた。ティカは払いのけると、エルナンド・デ・ソトの顔を見詰めた...その瞳に精気は見られなかったが、死してなおワシ鼻は高慢に、その髭はきれいに刈り込まれているように見えた。

ティカは死体を掴み、ゆっくりと自らのカヌーへと泳いでいった。なんということか、醜い腐敗は消え去っていた。癒されていっているのは間違いないことのようだった。アバドンと呼ばれる地でティカのすべきことは実に容易いことだ。ティカがそうであったように、デ・ソトは新たな生を得ることだろう...死すことなく、永遠に現実とも想像ともつかぬ身体に囚われることとなるのだ。数多の大義を帯びたひとりの伝道者として。

Gwo Rezistansの達成につながっていった。

Dome01.png Dome02.png

Niantic Project
2015/11/18 15:45:08
Could this be what +Hank Johnson was attempting to uncover in New Orleans?

x


While the provenance of this manuscript is unknown, it is believed to have been recovered after the death of Farnsworth Wright. This fragment is all that has been recovered so far. Some have suspected that this is a lost manuscript begun by Robert E. Howard and completed by H.P. Lovecraft after Howard's death, hence the nom de plume, Howard Craft which never appeared elsewhere in Weird Tales. I leave it to the reader to the judge of this.

The Doom of Abaddon
by Howard Craft

Vernal Equinoxe. 1521.

Far off in the distance, drums beat ...two canoes and a larger flat bottomed craft were eerily motionless upon the slowly flowing river. Black smoke drifted off the small tappers held around the skeletally faced White Shaman in ornate robes as he chanted Latin spells from the ancient book of magic above the white shrouded corpse.

A furtive atmosphere enveloped the nine men attending the river burial. They were Spaniards in the land of the red men. they had come here, they were told, in search of cities of gold and fauntains of eternal life. Their actual mission was of a very different nature. One that would be considered occult to all but a few in the eternal and Holy City.

The explorers had good reason to be nervous should the burial of their commander be discovered. The natives, terrified into submission by the thunder and lightning of their arquebus and their gleaming helmets and Toledo swords, must not know that their leader was dead, for he had convinced them that he was a God, and sight of his corpse would destroy the illusion. And a ghostly corpse it had been, unnaturally mutated by an unknown fever ...

The Spanish Explorers were nervous that the rising moon would give away their clandestine mission.

One of the men whispered about how the corpse seemed to be healing and asked once more to confirm the death of their leader. The surgeon again felt at the alabaster throat with bony fingers and solemnly nodded. The funeral mass proceeded.

Tika, as he was known in this life, watched through the reeds. He had been obeserving the white men for days but had remained invisible to both the Spanish and the natives. He had learned well how to disappear into the environment during his unnaturally long life.

Only the White Shaman knew of his presence, for though they had never met and had only communicated in the secret glyphic language of their eternal and universal society, they could not be seen together.

After more murmuring and chanting, the Shaman waved a golden cross and two of the men slid the weighted body off of the small boat. It slipped into the river with a watery, slithering sound and vanished beneath the surface like a ghost. A few more words were said. The Sharman looked into the darkness and seemed to see Tika. He gestured and the boats rowed stealthily away down the serpentine river, silhouetted by the amber moon.

Tika swam under the the water in the clear darkness. The corpse glowed like a marble statue he had seen in a different lifetime as a Temple in Alexandria ... A crab descended upon the face to explore its open eyes. Tika batted it away and gazed into the face of Hernando De Soto ... The explorer's eyes looked weary, the aquiline, aristocratic nose seemed haughty and the distanctive Spanish beard and moustache seemed perfectly trimmed, even in death.

Tika swam slowly with the corpse to his own canoe. Indeed, the bizarre putrefaction was gone. It appeared to be healing. His work as the place known as the Abaddon would be simple. De Soto would live again just as Tika did ... Undying and trapped within a body neither real nor imagined for eternity. An apostle for their vast cause.

There was much for Gwo Rezistans to accomplish.